ハイビスカスの挿し木での増やし方のポイントと珍しい品種

ハイビスカスが夏の暑さで、蕾が全部落ちてしまっても、そのまま枯らしてしまっては、もったいないので来年用に挿し木で増やして、育ててみましょう。今回は、ハイビスカスの挿し木での、増やし方をご紹介します。

スポンサードリンク

ハイビスカスの挿し木での増やし方

出典元:カケス雑貨店

真っ赤に咲いてるハイビスカスは、とても綺麗で私達を魅了しますが、残念な事に管理の仕方によっては、せっかくついた蕾が咲かずに、落ちてしまう事があります。

そんな時は本当に、がっかりしますが、でも大丈夫です。

葉が付いてる内に、来年用に挿し木をして増やしましょう。

挿し木の時期は、5月から9月頃までの間です。

お店で売られている苗は、大きく成長しすぎないように、ハイビスカスに矮化剤が使用されています。

ハイビスカスを、地植えで増やしたい時は、挿し木で増やせば大きく育ちますよ。

ハイビスカスの挿し木の方法

ハイビスカスの挿し木の方法は2つあります。

1. 土に挿してから発根させる方法
2. 水に挿して発根させてから土に挿す方法(水挿し)

土に挿すと発根状態が見えませんが、水挿しなら確認できますよ

水挿しで、根がある程度出てから、土に植えれば、安心ですね。

ハイビスカスの挿し穂の用意

挿し木をする為の、ハイビスカスの枝(挿し穂)を準備します。

1. 少し木質化していて程よく固い、若くて元気な枝を見つけて切り落とします。
2. 挿し穂にする為の、10センチ位の枝を、いくつか切り取っておきます。

※葉柄(葉の茎)と枝が交わった部分は、新芽がでる部分(葉腋)があるので、際で切る時は1センチくらい上で、切ります。
※挿し穂は、節のすぐ下で切ると、根が出やすくなります。

出典元:LOVE GREEN

※挿し穂の下は、良く切れる刃物で斜めに切ると、水などの吸収がしやすくなったり、発根も早くなったりします。
3. 一つの挿し穂に1・2枚程の葉がつくようにし、余分な葉は取ります。

枝の下の方は土や水に入れるため葉がない状態にしておきます。

4. 葉が2枚とも大きい場合は、それぞれの葉の上半分を切ります。(水の蒸散を抑える)
これで挿し穂の用意は終わりです。

挿し木を土に挿してから発根させる

土に挿して増やす場合は、5月~9月の間にやります。

発根するまで1~2ヵ月かかります。

挿し木に適した無菌で無肥料の土を使います。

今回は赤玉土の小粒を使いました。

枝を長さ10cmほどに、カットして下の葉を取り、残した葉も大きいものは半分に切ります。

猛暑の8月頃は避け、直射日光の当たらない風通しの良い、日陰に置き水やりを、きちんとしましょう。

寒さに弱いコーラルタイプの、ハイビスカスなら6~7月頃、寒さに強いオールドタイプなら、9月頃にやってもいいでしょう。

挿し木の仕方

1. コップや空いている容器に水を入れます。

植物活力液(HB-101など)も入れると良いです。

そこに挿し穂を1時間以上挿しておきます。(水揚げ)

出典元:はいびはいび

※お店で買った挿し穂は、切り口に癒合材(切り口からの水分の蒸発を防いだり菌が入らないようにするため)が塗ってあるので、そこを落としてからやります。

2. ポットか小さい鉢に土を入れて、挿し床をつくります。

土は赤玉土、鹿沼土、種まき・挿し木用の土などです。

※しばらくは肥料や腐葉土は入れないようにします。

3. 土に水をたっぷりかけます。(底から汚れた水が出てくるまで。)

4. 土にハイビスカスの挿し穂を、挿すための穴を指か棒で開けます。(挿し穂を傷めないために)

※容器の真ん中よりも、隅のほうに穴をあけます。(隅の方が通気性が良いため。)

5. 開けた穴にハイビスカスの、挿し穂を挿しますが、挿し穂の切り口に発根促進剤(ルートンなど)をつけて、挿すと良いです。

挿したら抜けないように、土を少し手で押し固めます。

出典元:アロハ魂クマックス

もう一度水を軽くかけたら、新芽が出てくるまで日陰に、置いて管理して下さい。

乾いたら水をあげ、大きく育ったら、大きな鉢に植え替え、日当たりの良いところで育てて下さい。

水の入った容器に挿して発根させる

水挿しは、5~9月の間にやります。

1. 容器に水か、もしくは水と植物活力液を入れ、そこに挿し穂を挿して室内の、窓際などに置いておきます。
2. なるべく毎日水替えをします。
3. 枝に小さい卵のような、白いブツブツ(カルス)が出てくるのは、元気が良い証です。

4. 1~2ヵ月経って、挿し穂の根が長く伸びてきたら、ポットなどに赤玉土などを入れて、そこに挿し穂を挿します。

出典元:cappuccino heart

9月の下旬になると寒くなってくるので、そのまま水に挿しておいて、翌年の春に土に挿すか、すぐに土に挿したらなるべく温かさを、保てるようにして育ててください。

※水挿しをした挿し穂は、初めは根が水を吸収する力が弱いので、暑さや乾燥に気をつけて下さい。

スポンサードリンク

水挿しの良いところ

ハイビスカスの挿し木方法は、土に挿して発根させる方法が一般的ですが、水挿しの利点があります。

• ハイビスカスは寒さには、あまり強くないですが、10℃や5℃以下になるような、寒い時期でも水挿しなら温かい室内で簡単に管理できますね。

• 室内に置いておけるので、害虫にやられにくいです。

• 真夏でも水切れの心配がないです。

• 水あげの代わりに容器の水を替えるだけなので手軽ですね

• 発根したのかを確認できます。

ハイビスカスの珍しい品種

レッドフラミンゴ

2段咲きの花弁で、目を見張るような赤色が特徴的です。


出典元:Digital Camera Diary

1段目の花弁から大きく離れ、小さな花弁をふわりと垂らして咲きます。

オレンジフラミンゴ

レッドフラミンゴと同じ2段咲ですが、薄目のオレンジに2段咲きが特徴です。

出典元:花ねこ日記

ハイビスカスと言えば真っ赤な花が印象的で、一般に多く流通してますが、こんな可愛いハイビスカスもあるんですね

今年咲かなかったハイビスカスが、挿し木で来年綺麗な花が咲けば、とっても嬉しいですね

あなたのお庭のハイビスカスに、綺麗な花が咲きます様に…

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「ハイビスカスの葉や蕾が落ちるのはなぜ?その原因と対処法」

「ハイビスカスを大きくしない植え替え方法や時期と土の配合」

「ハイビスカスを翌年もたくさん咲かせる為にする事は剪定と冬越し」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です