ハイビスカスを翌年もたくさん咲かせる為にする事は剪定と冬越し

もうすぐ8月、ハイビスカスはこれから次々と開花しますが、翌年もたくさん咲かせる為には、花後にしておくべき事があります。今日はハイビスカスの花後にするべき剪定や、冬越しの仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

ハイビスカスの花がら摘み

ハイビスカスの花は一日しか咲かないので、咲き終わった花は翌日には、しぼんで自然に落ちていきます。

花が落ちたらがくのすぐ下の部分を、ハサミで切り取ってあげましょう。

出典元:LOVE GREEN

5月~10月の開花時期の間は、毎日行ってあげて下さい。

しっかり花がら摘みを行ってあげることで、翌年の花への養分を回すことができます。

種が欲しいときは、いくつかそのままにしておいて種を採取して下さい。

先日スーパーの園芸コーナーで蕾が落ちてしまった鉢植えを100円で売ってたので、挿し木にしようと買って帰りました。

そのハイビスカスの唯一残ってた蕾が、昨日やっt咲いてくれたのですが、1日花なんで今朝はもうしぼんでしまってました。

たった1輪、見事に真っ赤な花を咲かせてくれたので、もう少し咲いてて欲しかったですね

花芽はもうないので、今年はもう終わりの様なんで、最後の蕾は種取りをしたいので、花がら摘みはせずに置いておこうと思います。

秋になったら、剪定して挿し木を取り、室内で冬越しさせます。

果たして来年は、挿し木で増やしたハイビスカスが咲いてくれるでしょうか?

スポンサードリンク

ハイビスカスの剪定時期

鉢花として一般に売られている株は、矮化剤が散布されているので、購入後ほとんど枝が伸びませんが、来春から枝が伸び始めます。

剪定時期は10月~11月の、花が咲き終わった休眠期の前、秋に室内に取り込む際に行うのがいいです。

全体の枝を半分から3分の1程度を、残してバッサリと切ります。

出典元:園芸ナビ

また成長期前の3月下旬から4月中旬までに、冬に間延びした枝なども切るとよいでしょう。

ちなみに春から秋の成長期に強く枝を切ると、花が長期間開花しなくなるので注意して下さい。

また剪定を行うことで、ハイビスカスの様子を把握することができます。

剪定した枝の切り口が茶色であれば枯れています。

緑であれば枯れていません。

ハイビスカスの様子を確認したいときは、枝を剪定して確認しましょう。

冬になると葉が落ちるので、葉が落ち始める前に葉を剪定してあげましょう

ハイビスカスの冬越し

ハイビスカスは暑さにも弱いですが、寒さにも弱いので、冬越しを行わなければいけません。

屋外で冬越しする場合は、なるべく寒さに強い品種を選ぶようにして、日当りのいい場所で育てて下さいね。

温暖な地域以外では、庭に植えたまま冬を越すのは難しいので、10〜11月には、地植えのハイビスカスを鉢に移し替えて、室内に取り込みましょう

出典元:花いきサロン

株を掘り上げて根を切って鉢へ植え付けます。

面倒でも冬越しを行って、枯れさせないようにし、翌年もハイビスカスの花をたくさん咲かせましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「ハイビスカスの葉や蕾が落ちるのはなぜ?その原因と対処法」

「ハイビスカスの挿し木での増やし方のポイントと珍しい品種」

「ハイビスカスを大きくしない植え替え方法や時期と土の配合」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です