四季なりイチゴローズベリーレッドの初めての収穫と増やし方

2019年の5月に、近所のホームセンターに行った時に、四季なりいちご「ローズベリーレッド」という新種をみつけました。「甘くて美味しく、赤いバラの様な花といちごを、同時に楽しめ初心者でも、簡単に育てられるいちご」と書いてたので、1株買って鉢植えにしてみました。あまり期待せず育ててたら、7月に収穫出来たので、今日は栽培記録を掲載します。

スポンサードリンク

四季なりイチゴ「ローズベリーレッド」

ローズベリー・レッドは、四季なり品種のイチゴで、4月から10月まで、真夏の気温が上がる時期を除いて、長い期間収穫を楽しめるイチゴです。

出典元:SUNTORY FIOWERS

丈夫で育てやすく、家庭菜園初心者でも、イチゴ栽培を楽しめ、一般的なイチゴよりも長く、たくさんの実を収穫することができます。

イチゴの収穫期間が長く、一年に何回も収穫できる四季なり品種です。

収穫時期は、4月下旬から8月中旬、そして9月中旬から10月上旬までの約5カ月間です。

この写真はプロの方が育てたものですから、ここまでたくさん収穫はできないでしょうが、少しは実がつくかと期待しております。

2018年から、品種改良されて店頭に出てたり、通販で販売されてた様ですが、販売当初は価格が500円~900円と高いにもかかわらず、人気で完売してたそうです。

1年経ち価格が安定したのか、私が買ったのは、250円と安かったです。

私は赤いバラの様な花が、珍しかったのと、花と実が同時に楽しめ、四季なりに興味があり買い求めました。

四季なりイチゴを初めて植えた

いちごを育てるのは初めてなので、あまり期待もせず、観賞用にバラの様な真っ赤な花と、実が同時に楽しめればいいと、軽い気持ちでしたが、なんと花が咲き出し、実が収穫できたんです。

どうせ枯れてしまうだろうと思ってたので、花が咲いた時はとても嬉しかったです。

これは2019年6月20日に撮影したものです。

植え付けてから約1ケ月、ようやく花が2ヶ咲きました。

四季なりイチゴの栽培記録

①植え付けは、市販の花の土に元肥を入れて鉢植えにしました。

※植え付け時のポイント

植え付けの際はクラウン(苗の中心部分)が、埋もれないように浅く植えます。
深植えになると水が溜まり、クラウンが腐ってしまい、最終的に株自体が枯れてしまう原因になります。

出典元:サカタの種・園芸通信

親株と反対側に実がなるので、親株側の目印のランナーがある場合は、苗の向きに注意して植え付けると春に、イチゴがプランターなどから可愛くぶら下がります。

②四季成りイチゴに花が咲いた

植え付けてから約1ケ月、ようやく花が咲き始めました!

これは2019年6月24日に撮影したものです。

初めての開花から4日後ですが、花が8ヶ咲いてます。

 

嬉しい事に、この様に次々と花が咲き始めました!

四季なりイチゴの肥料

甘くて美味しいイチゴを収穫するには、肥料は欠かせませんので、植え付け時に、元肥の化成肥料を土に混ぜて入れました。

出典元:アマゾン

その後は、週に1回ハイポネックスの、1000倍に薄めた液肥を与え、月に1回は追肥として、緩効性の化成肥料を与えてたら、花つきがよかったです。

出典元:アマゾン

注意として、定植直後1回目に咲いてくる花芽は切除し、根を張るまで株の養生に努めます。

という事を花が咲いたのが嬉しくて、すっかり忘れてしまいました。

スポンサードリンク

四季なりイチゴの花が咲いたらする事

花が咲いたら、綿棒や筆を使って中心の雌しべに、まんべんなく花粉がつくように受粉させて下さい。

出典元:デルモンテの野菜苗

大きなイチゴを採るポイントは、たくさん受粉が成功しても、1房に2~4粒になるように小さなものを、摘果します。

私も綿棒で受粉させたら、その後、実がつきだしました。

四季なりイチゴの収穫

四季なりイチゴは、受紛後、20日~35日で熟します。

我が家のイチゴの初収穫は、植え付けから約2ヶ月目に、やっと1ヶ採れたのですが、もう少し熟してからと思ってたら、翌日みたら熟れすぎて、ちょっとどす黒くなってて、先が腐り始め食べる気にはなりませんでした。

2ヶ目のイチゴは、2019年7月12日にとっても綺麗なイチゴが収穫できました。

これは美味しそうなんで、試食してみましたが、甘味の後に程よい酸味が感じられ、まずまずの味でした。

四季なりイチゴの増やし方

8月頃になると紐状のランナーが出てくるので、切り離さず親株に繋がったまま、ポットに固定すると根付き、翌年の苗になります。

苗を採る際は親株からすぐの、子株ではなく子株の先にできた孫株(2番目)以降から苗採りをすると、病気が遺伝せず丈夫で大きな苗になると言われています。

苗がしっかり根付いたら、ランナーを切り離し、10月中旬~11月中旬に株間25cmほどで定植します。

こうすればどんどん苗ができるので、来年もイチゴをたくさん収穫できそうです。

せっかく買った、新種の四季なりイチゴですので、失敗なくたくさん収穫し、この後も、甘~いイチゴがたくさん採れる事を願っております。

これから10月まで、甘いイチゴがたくさん、食べれるのかと思うと、今からワクワクしますね

初心者でも簡単に収穫できましたから、あなたも是非、四季なりイチゴを育ててみて下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「イチゴの花が咲かなかったり花が咲いても実がならない原因と対処法は?」

「四季なりイチゴ・ローズベリーレッドの育て方は簡単!丈夫で育てやすい品種」

「一粒1万円の超高級イチゴ・美人姫は手が出ないが、きらぴ香なら値段もお手頃」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です