シャコバサボテンの蕾が落ちる原因とは?4つの対処法のポイント

そろそろシャコバサボテンが、園芸店の店頭に並ぶ季節になりましたね。蕾がたくさんついてる鉢植えを買ってきたのに、咲かずに次々と蕾が落ちてしまい、がっかりした経験はありませんか?今回はシャコバサボテンの蕾が落ちる原因と、4つの対処法のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

デンマークカクタスとは?

デンマークカクタスは別名「シャコバサボテン」とも呼ばれるサボテンの一種です。

デンマークで品種改良された、商品ブランドと考えればよいのです。

出典元:https://cherry.naturum.ne.jp

シャコバサボテンは茎が葉状になった、扁平の小さな茎節(葉状茎)が連なって、その先端に美しい花をつけ、茎節の周囲には突起があり、その形がシャコに似ているので、この名がつきました。

冬のクリスマスの頃に、花を咲かせることから、クリスマス・カクタスとも呼ばれています。

開花時期は、品種にもよりますが、ほとんどが10月初旬〜12月中に開花する、秋から冬にかけての花です。

開花時期より前から、きちんと剪定や植え替え、摘芯などの管理を行っていないと、いざ冬になって花が咲かないなんて事になりやすい植物です。

翌年花をたくさん咲かせる為には、剪定や植え替えがとても重要なんですよ

シャコバサボテンの蕾が落ちる原因

置き場所が原因

暑さが苦手な植物のため、直射日光が当たる場所ではなく、風通しの良い明るめの日陰で育てましょう。

湿度が高いのも苦手なので、風通しが良いのも、育てる上で大事なポイントです。

じめじめとしがちな、日陰や日が当たりやすい場所だと、成長不良になったり元気が無くなり、花が咲かない原因になるので気をつけましょう。

また冬は凍るような寒さだと、枯れてしまうので真冬に入る前に、室内の日当りが良く風通しの良い、窓際などへ移動しましょう。

室内へ入れる場合は、外から軒下に移し、その後窓際に移してという様に、徐々に室内の環境に慣れさせるようにしましょう。

室内に入れた場合は、昼間は暖房等で暖かい所に置いていて、夜になり暖房等を消してしまうと、温度差で一晩で蕾が落ちてしまうので、夜間は部屋の中央などに置いて、温度の低下には気をつけて下さい。

出典元:http://o-michiko.txt-nifty.com

ただ蕾が落ちたからと言って、枯れているわけではありません。

最初に咲いた花が終わったのなら、花は少ないですが、2番花、3番花が咲きます。

生育適温は20~25℃ですが、花芽ができる温度は15℃程度です。

冬も生育させるには15℃以上が必要ですが、越冬だけなら、水を控えめにすれば5℃近くまで耐えます。

肥料が原因

花の咲いている時は肥料はいりません。

肥料は4月〜6月中まで緩効性肥料を、1~2ヶ月に1回の割合で施しますが、7月以後は肥料を与えません。

7月以後に肥料を与えると花芽は着きにくくなります。

液体の肥料を2週間に1回ほど与えます。

7月以降も肥料を与えていると、花芽のない新芽が、作られる様になるためです。

水やりが原因

根腐れや極端な水切れによっても咲かずに落ちることがあります。

土が乾いたらたっぷりの、水をあげて良い植物ですが、季節により必要としない場合もあります。

特に夏場は、シャコバサボテン自体が疲れていて、あまり水を吸収する力が無いので、いつもより控えめにしてあげると良いでしょう。

あまり水を与え過ぎると根腐れの原因になります。

真冬の間も休眠期にあたるため、控えめにして大丈夫です。

乾燥には強いので、冬の間の水やりは1ヶ月に1回も与えれば十分です。

こんなに水やりしないと心配ですが、乾燥気味でokなんですね~

我が家のシャコバサボテンの、蕾が落ちたのは、どうやら水やりのし過ぎだった気がしますので、今年はぐっと我慢して控えてみます。

部屋の明かりが原因

シャコバサボテンは典型的な短日植物です。

短日植物とは日中に日が短くなると、花芽をつける特徴をもった植物のことで、およそ日の長さが12時間を切り、更に気温が20度以下になるのが、1ヶ月ほど続くと花芽をつけるようになります。

大体晩秋〜冬の始まり頃ですね。

また光に敏感な植物で、部屋の明かりにも反応します。

冬の期間を室内に入れ、就寝まで明るい部屋に置いていると、まだ日が短くなっていないと勘違いし、花芽をつけず、花が咲かないという事になってしまいます。

出典元:https://item.mercari.com

花芽は、環境が整ってから約1ヶ月ほどたたないと花芽をつけないので、あせらずに見守ってくださいね。

シャコバサボテンを、初めて育てる場合は、10月中旬〜下旬に購入すると、環境の変化が少なくすむため、まず1年目に花が咲くように育てることができます。

スポンサードリンク

シャコバサボテンの剪定

剪定をしてあげることで、花芽がつきやすく良く育つようになります。

春に、各葉の茎節を2節程度、ひねって剪定しましょう。

出典元:http://www.yasashi.info

剪定することで分枝するようになり、背丈も小さく育てられます。

また秋になっても茎葉が、成長を続ける場合は、剪定を行いましょう。

秋の剪定は、茎の先端部分の新芽を摘みましょう。

その部分は赤くなっていて、柔らかい新芽になります。

秋の剪定は花芽をつけるために、特に重要なので、水やりのタイミングで様子を見るようにしましょう。

剪定を終えたら、水やりは控えめにし、2週間ほど経った後に、通常の水やりを再開しましょう

また摘芯を行った後は、10〜2週間ほどは、水を与えないようにしましょう。

これは花芽のつかない新芽をおさえるためです。

小さな花芽が見えるようになったら、水やりを再開しましょう。

シャコバサボテンの植え替え

花後の管理としては1月下旬から4月中旬に、先端数節の茎節を摘み取って形を整えます。

そのままにしておくと、形が乱れて花数が極端に少なくなってきます。

植え替えは、毎年4月下旬~5月の気候に行います。

出典元:https://blog.goo.ne.jp

春に行う葉摘みと同時に、行うのがお勧めです。

鉢植えから優しく株を抜き、絡まった根をくずして、綺麗に整理します。

その後、軽石などを敷いた一回り大きい鉢植えに、シャコバサボテンを入れ、用土を周りから入れましょう。

深植えにすると倒れにくくはなりますが、酸素が充分に行き渡らない原因に、なりますので注意してください

シャコバサボテンが、満開に咲いてるのはとても綺麗ですが、せっかくついた蕾が、落ちてしまったらがっかりなんで、環境を整えてあげるのが一番なんですね

さて今年の冬は綺麗に咲いてくれるでしょうか?

今から楽しみですね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「シャコバサボテンの夏越しと冬越し・翌年花を咲かせる為にする事」

「シャコバサボテンの葉が赤くなったりしわしわになる原因と対処法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です