水仙の種類を名前と写真でチェック!育てやすい人気品種17選

秋植え球根の水仙には、古来からなじみのある二ホン水仙の他に、ラッパ水仙もたくさん種類がありますね。今回は秋に水仙の球根を植えるのに、どんな種類の水仙があるか調べてみました。

スポンサードリンク

水仙ってどんな花?

水仙は草丈20~40cm程度の、育てやすい球根植物で、多年草なので一度植えれば毎年咲きます。

開花は3~4月ですが、晩秋11月から咲くものもあります。

開花時期の異なる品種を一緒に植えると、長い期間観賞できるのでいいですね

葉の間から長い花茎を伸ばし、頂部に花径1.5~12㎝程度の花を一輪、または数輪まとまって横向きに咲かせます。

野生種は30種類程度ですが、改良種は今や1万以上の品種が存在しています

房咲き水仙

1本の花茎に、たくさんの花を咲かせる房咲きで香りがあります。
花期は秋から春で、花弁は広がり反り返りません。

二ホン水仙

古くから栽培されている水仙の代表品種で、各地で野生化しており群生を見ることが出来ます。

出典元:https://ameblo.jp

ニホン水仙も、房咲き水仙に分類されます。

冬の花壇に凛と咲く姿がいいですね

ラッパズイセン

1本の花茎に1つの花が咲き、ラッパ状の副花冠の長さが、花被片と同等もしくは長いのが特徴です。
花期は3月~4月です。

マウントフット

白花の有名品種で、とても清楚なイメージで綺麗ですね

出典元:https://item.rakuten.co.jp

副花冠は咲き進むに連れてクリーム色から白へと変化します。

ピンクパラソル 

出典元:https://shiny-garden.com

スイセンでは珍しいサーモンピンクの副花冠が印象的な品種です。

この水仙も可愛いですね

キングアルフレッド 

出典元:https://www.amazon.co.jp

長い副花冠がラッパズイセンらしい品種で、鮮やかな黄色と大きな花で人気です。

タイハイスイセン

1つの花茎に1つの花が咲き、ラッパ状の副花冠の長さが花被片と同等以下、かつ1/3以上のスイセンを指します。
花期は3月~4月です。
カップ咲きスイセンと呼ばれることもあります。

アイスフォーリス 

出典元:https://twitter.com

副花冠は咲き進むと白に変化し、花径10㎝程度の大輪です。

キャメロット

出典元:https://www.shuminoengei.jp

美しい黄色の花弁が特徴で、多くの園芸品種の交配親となっている銘花です。

プロフェッサーアインシュタイン

出典元:https://plaza.rakuten.co.jp

花被片と副花冠のコントラストが美しい品種です。

スポンサードリンク

八重咲きスイセン

1本の花茎に1つの花が咲き、副花冠、雄しべ、雌しべが花弁化して八重咲きになったものです。

タヒチ 

出典元:https://shiny-garden.com

明るい花色が魅力の八重咲きスイセンです。

シクラミニウス・スイセン

花は下向きに咲き、副花冠は長い筒状、花弁は反り返ります。
シクラメン咲きスイセンとも呼ばれます。
1本の花茎に1輪の花が咲きます。

ジェットファイヤー

出典元:https://shiny-garden.com

草丈15㎝~25㎝のミニ水仙です。

この水仙は花びらが外に反り返ってますね~

ジョンキラ・スイセンおよびアポダンサス・スイセン

強い芳香があり、「香りスイセン」「芳香スイセン」とも呼ばれます。
1本の花茎に1~5輪程度の花を咲かせます。

キズイセン

出典元:https://www.youtube.com

糸のように細い葉が特徴です。

ヒルスター 

副花冠のグラデーションが美しい品種です。

1本の花茎に、たくさんの花を咲かせる房咲きで香りがあります。
花期は秋から春で、花弁は広がり、反り返りません。

ペーパーホワイト 

出典元:https://plumkiw948.at.webry.info

純白の花弁と副花冠が特徴の人気品種で、紅葉の時期から咲き始めます。

一本の茎に、たくさん花が咲いてるのがいいですね

エルリッチャー 

出典元:https://www.engei.net

八重咲きですが、房咲きスイセンに分類され、八重咲き芳香スイセンとも呼ばれます。

この水仙はバラ咲きの様ですね、クチナシの花にも似てますね

クチベニスイセン

アクタエア 

出典元:http://kero1113.seesaa.net

副花冠の縁が紅色に彩られ、1本の花茎に1~2輪の花が咲きます。

バタフライスイセン

出典元:https://photohito.com

大きく発達した副花冠が、長さの1/3以上裂けている品種で、個性的な花姿と華やかさで、近年人気の系統です。
サーモンピンクの副花冠の縁が波打った「フリルバタフライ咲き」品種です。

とても変わったスイセンですね、まだ見た事がないので一度見てみたいです。

オランジェリー 

出典元:https://blog.goo.ne.jp

ワルツ

出典元:https://shiny-garden.com

白い花弁にオレンジの副花冠のコントラストが美しい人気品種です。

この水仙は花びらがとても変わってますね~

カムラウデ 

出典元:https://www.shuminoengei.jp

フリルの入る副花冠が華やかな印象の人気品種です。

この他にも数えきれないほどの品種が、流通していますが人気品種をご紹介しました。

あなたのお庭に、こんな可愛い水仙がたくさん咲けばいいですね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「水仙の植え付け時期はいつ?花が終わったら葉を編むのは間違い」

イヌサフラン(コルチカム)の球根の毒性と分球での花の増やし方」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です