完熟したトマトが割れるのはなぜ?原因によって対策の仕方が違う

夏野菜が収穫の時期を迎え、キュウリやトマトが毎日収穫出来てますが、トマトは甘くて美味しいのですが、なぜか、へたの部分が割れてます。今日はトマトが割れる原因を調べてみました。

スポンサードリンク

トマト の実が割れる 原因

トマトが実割れを起こす原因は、何かしらの原因によって、急激に肥大した果肉に、皮が耐えきれないことで破れてしまうというものです。

乾燥が続いたのが原因

雨が降らず、土が乾燥した状態が続いた後、大雨が降ったりして急激に、根が水分を吸い上げると、実が割れてしまうことがあります。

急激に水を吸い上げるので、実の肥大するスピードに、皮が追い付かず割れるのです。

出典元:http://www.tomasol831.net/

最近ではトマトの甘みを増すために、極力水を少なくして育てる方法が紹介されています。

でも、無理に水分を減らしてしまうと、何かの拍子に水を含んだ時、裂果の原因になってしまいます。

乾燥が続いた時の対策

水分を調整して育てたい場合は、地植えの場合は、高畝でマルチにして雨除けをしたり、容器栽培でもマルチや、簡易な雨除けをして、余計な水分が入らないように注意します。

出典元:SUNTORY FLOWERS

陽射しが強すぎたのが原因

トマトの実の皮は、強い陽射しを浴び続けると、その強い光から実を守るために、皮を硬くする性質があります。

皮が硬くなってしまうと、実が肥大する時に、うまく伸びることができず、耐え切れなくなって皮が破れてしまい、裂果の状態になります。

トマトは日当たりを好みますが、それは「葉」のことであって、「実」はあまり強い光を好まず、直射日光を浴びない方が、皮が軟らかく育ちます。

でも実に光がほとんど当たらないと、なかなか赤くなりません。

陽射しが強すぎた時の対策

遮光のために実に袋かけをする場合は、実が赤くなってから、かけるようにします。

摘芯のときには、最上段の花房の上に、葉を2~3枚残しておくと、直射日光から果実をある程度守ってくれます。

また、少し密植することで、互いの葉で実にある程度の、陰を作ることができます。

スポンサードリンク

株が疲れた時が原因

トマトの収穫が山を越え、樹勢が衰えてくると、種を保存しようという本能が動き、裂果しやすくなります。

栽培初期は問題なかったけれど、後半になって裂果するものが、多くなった場合は樹勢が衰え、株が疲れている可能性が大きいです。

苗がひ弱だったり、生育前半に葉や枝を茂らせ過ぎたり、トマトの摘心をせず、実を着果し過ぎると、後半に株が疲れて裂果が多くなってしまいます。

株が疲れた時の対策

まず第一に、丈夫で強いトマトの苗を、購入し育てることです。

そして、草勢や実付きをコントロールすることで、後半まで体力を維持させることもできるので、調整するように栽培します。

特に、脇芽を放置していると、脇芽を伸ばすのに体力を使ってしまい、早々に株が疲れてしまうので、小さいうちに取り除きます。

また、アイコ、麗夏など、裂果に強い品種を選ぶのも、裂果を防ぐのに有効な手段です。

この様に品種にも関係する物なんですね

我が家のトマトは、貸農園まで遠い為、猛暑が続いたのに、水やりに行けない日があり、その後大雨が降り、裂果したのが、原因の様な気がします。

幸いへたの部分だけの裂果で、皮も柔らかくとても甘かったのですが、見かけが悪くあまり大きくは育ってません

次回は、これから梅雨が明けると、猛暑が来るので、たくさん収穫するには、どうしたらいいか調べてみたいと思います。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「トマトのコンパニオンプランツはネギ?野菜の相性や植え方のポイント」

「マリーゴールドは家庭菜園のコンパニオンプランツに欠かせない花」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です