ペチュニアの花をたくさん咲かせる為にする摘芯と切り戻しの違い

ペチュニアが鉢いっぱいに、あふれんばかりに咲いているのは、とてもきれいですが、初心者が育てるとなぜか、上へ上へと伸びて、ひょろひょろの花姿になってしまいますね、たくさんの花を長く楽しむ為には、摘心や切り戻しが必要なんです。今回は花をたくさん咲かせる為にする、摘心と切り戻しについて調べてみました。

スポンサードリンク

切り戻しと摘芯の違い

ペチュニアは切り戻しと、摘芯をした方がよいと言われますが、切り戻しと摘芯ってどう違うのでしょうか?

私も最初どう違うのか疑問でした。

茎を切ることには、変わりないのですが、少し意味が違うんです。

※摘芯とは

側枝を増やして、コンパクトに仕立てることで、まだ苗が小さいときに、先端の芽を摘み取って、脇芽の成長を促します。

こうして摘芯を何度が、繰り返すことにより株が、こんもりとしていきます。

苗を買ってきたら、植え付けする前に1回目の摘心を、しておけばこんもり咲いてくれますよ

※切り戻しとは

伸びた茎を切る事で、花姿を整え蒸れを防ぐ事で、病気にかかりにくくなります。

ペチュニアの切り戻しのタイミング

ペチュニアの切り戻しの、タイミングは、茎が伸びて姿が乱れてき、花数が減ってきて先端の方にしか、花が咲かなくなってきたときです。

この様に伸びすぎて、ひょろひょろに、なってしまう前に切り戻してください。

ペチュニアは花が先端につくので、ついつい花を切るのがもったいなくて、放置しておくとどんどん上に伸びて、この様に花姿が乱れてだらしなくなりますね

こうなったら思い切って、バッサリ切り戻してあげましょう

そうする事によって、新芽が出て来て、再びきれいな花を、次々と咲かせてくれますよ。

ペチュニアの切り戻し時期ついて

ペチュニアの切り戻しの時期ですが、やはり一番やってほしいのは梅雨前です。

理由は梅雨前に伸びた茎を、切り戻しすると、蒸れが防げるということと、梅雨明けにまた満開の花を楽しめることです。

ペチュニアは高温には強いのですが、多湿が苦手なので梅雨時期に、蒸れてしまうと病気になってしまうことが多いです。

お花が咲いていて、もったない気はしますが、思い切って切り詰めて下さい。

そうすることで、また綺麗なお花を、楽しむことが出来ます。

次は真夏に切り戻しをすると、秋にまた満開の花を楽しむことが出来ます。

できれば8月中に切り戻しをするとよいでしょう。

あまり遅い時期(10月)に切り戻しをすると、温度が低くなってしまい、花が咲かずに終わってしまうことがあるので注意して下さい。(寒冷地や暖地にお住まいの場合多少時期がずれることがあります)

ペチュニアの切り戻しの回数について

ペチュニアの、切り戻しの回数ですが、苗を買ってから、最低2回はするといいです。

まず苗を植えてから、1回目の満開を楽しんだらその後切り戻します。(できれば梅雨前に)

そして、梅雨が明けて2回目の、満開になったらまた切り戻すしましょう。

秋までにまた満開の花を、楽しんだら終わり、という感じです。

こうすれば、合計3回の満開の花を、楽しむことができますね。

あとは伸びてきたら、適宜切り戻して下さい。

一度に全部ばっさり切らなくても、気になった茎だけ、切り戻してもよいと思います。

そのようにすると、常にお花は咲いている状態を保てます。

スポンサードリンク

 ペチュニアは、どの位の長さに切るのか

ペチュニアの、切り戻しの時に迷うのが、どの位の位置まで切ったら良いのか?ですよね。

あまり短く切り過ぎて、成長が遅くなるのも嫌だし、かといって控えめに切ると、切り戻しの意味がないような気がします。

成長が多少遅くなるけど、たくさんの花を楽しみたいときは、深く切り戻し、なるべく早く次の花を、見たいときは控えめに切って下さい。

切る場所は脇芽が出ている、少し上(5mm位)を切ってください。
大体元の草丈の、半分くらいにするといいです。

そして切り戻したら、忘れずに肥料を与えて下さい!

ペチュニアの切り戻しの後の管理

ペチュニアは、切り戻した後は、いきなり直射日光には当てない方がいいので、翌日までは半日陰で、管理し追肥をあげて下さい。(置き肥がお勧めです)

4月上旬に苗を買って、植えつけた場合は、3週間後くらいに満開になったら、切り戻しをしましょう。

 

そして5月下旬から、6月初旬に満開になったら梅雨前に2回目の切り戻しをしましょう。

その後は、8月に満開になったら、そのまま楽しむか、もう一度切り戻して秋に楽しみましょう。

切り戻しをマスターすれば、ペチュニアの育て方も簡単です。

ぜひこんもりと、鉢いっぱいに咲く、ペチュニアの花を育ててみて下さいね。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「育てやすい夏の花ペチュニア・ガーデニング初心者が失敗する原因

「ペチュニアの育て方・こんもり咲かす為の植えつけの時期と鉢の大きさ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です