花と景勝地めぐり
生活

激安賃貸物件ビレッジハウスのメリットとデメリット入居者が語る本音

2020年も後2週間で終わろうとしています。

コロナの影響で経時的に、苦しい家庭が多いと思いますが、家計の見直しで大きな出費は家賃ですね

この際思い切って、公営住宅にでもと思っても、なかなか抽選が当たりません

そこで今回は、誰でも即入居出来る初期費用0円の「激安賃貸物件ビレッジハウス」について、元入居者の私がメリットと、デメリットをご紹介します。

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

激安賃貸物件ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスとは、ソフトバンクグループの傘下の、米投資会社のフォートレス・インベストメント・グループによる賃貸住宅サービスです。

 2016年12月21日にビレッジハウス・マネジメント株式会社を設立し、翌年に制度廃止された雇用促進住宅を買収して、低価格賃貸住宅「ビレッジハウス」として入居者の募集を開始しました。

その当時私も入居しておりましたが、既存入居者も多く将来家賃も上がり、そのまま住み続ける事が出来なくなると説明があり、いずれ退去しなくてはならなくなるので、私もやむなく引っ越しをしました。

既存入居者23,471世帯には、10年間賃貸条件の維持を前提としました、

全国民間賃貸サービス合同会社は「慢性的な供給不足が続く低価格帯賃貸住宅市場に、新たな供給を実現し、高齢者、生活保護受給者、公営住宅からの転居者の受け入れにも、積極的に取り組む予定」とコメントしています。

2017年7月には、東日本の雇用促進住宅も一括取得し、全国1001棟9万9,005戸となりました。

雇用促進住宅は全国にこんなにもあったんですね~

ビレッジハウスのメリット

  • 職業・年齢・国籍不問(高齢者や外国人、安定した職業を持たず入居審査に通りにくい人でも入居しやすい)
  • 礼金・敷金、香辛料、共益費は不要
  • 仲介会社を経由しない場合は仲介手数料不要
  • 初期費用は当月分の日割り家賃、翌月分の家賃、火災保険料のみで良い。
  • 銀行届出印、身分証明書、収入証明を内見時に持参すれば、その場で申込み可能(ただし審査状況により他の書類提出が必要になる場合があります)
  • 雇用促進住宅よりも、幅広い応募窓口がある(従来はハローワーク経由で申し込みでした)
  • 県営住宅や市営住宅の様に、抽選がないので、ほとんどの人は入居出来ますが、残念な事に倉敷市は西日本豪雨で家を失った人達が入居され、現在は空きが少なくなっています。

ビレッジハウスのデメリット

  • 2年以内の解約の場合には違約金が発生する(短期賃貸には向かない)
  • 収納代行はアプラスである(審査に通らない場合がある)
  • 家賃保証会社を利用することができない。保証人不要を謳ってはいるが、保証人を求められることがあるので要注意。
  • 敷金がないため、退去時の室内クリーニング費は、実費での支払いが必要となる(2LDKで5万円と高い)
  • 場合によっては家賃が上がる(例:エアコンを設置すると1000円家賃が上がる、湯沸かし設置で1000円)
  • 入居申し込み時に銀行口座の残高の提出を求められる。

家賃は驚きの2DK、29000円と安そうに感じますが、エアコン設置で1000円アップ、湯沸かし設置で1000アップ、駐車場も1台3600円位で、2台なら7200円が加算されるので計38200円位になりますね

こうしてみると今住んでるコーポの方が、3DKで家賃は48000円ですが、1万しか変わらないなら、狭いとこより少し広い家で、ゆったり過ごしたいですよね~

雇用促進住宅には、6年間入居していましたが、2DKは家具を設置すると狭く、キッチンも冷蔵庫やレンジを置くとかなり狭く、食器棚をおくスペースはない状態でした。

部屋の中は畳やふすまも新品で、とてもきれいですよ

部屋が狭いので、家具は置かなければ広く使えます。

入居を決める時の不安

入居者の質はどうか?

ビレッジハウスは、保証人不要の激安家賃というから「入居者の質はどうかな?」と心配になりますね?

これまでは雇用促進住宅だったので、入居条件が雇用保険加入者と言う事で、会社勤めの人ばかりなので、キチンとしてましたね

月一回の団地の一斉清掃の時も欠席する人もいなく、団地はいつも綺麗に保たれてました。

私は自治会の役員もしましたが、自治会費の集金に行っても、滞納者もいなかったので、役員の仕事もスムーズに運び助かりました。

ただビレッジハウスに変わり、今後は低所得者の入居者も増えると、少し環境が変わるかもしれませんね

まあ今の時代は隣との、近所付き合いも全くないですが…

ただしこれからは、どんな人が住んでるかわからないので、施錠は昼間でもしておくのが賢明でしょう

耐久年数が心配

ビレッジハウスは、築40年オーバーという古さで、今後何年持ちこたえれるか?

今後の事が心配されるのは確かですね

冬は隙間風が入りとても寒かったし、夏は網戸の隙間から虫がよく入ってきてました。

また押し入れの湿気がハンパなく、普段使用してない布団は、湿気でカビが生えて捨てました。

私は1階に住んでたのですが、ゴキブリが多かったのと、キッチンの排水からナメクジがよく上がってきてました

それもだんだん慣れましたがね

シャワーはあるのか?

シャワーはついてませんし、水圧は弱いので、洗濯するとすすぎに、給水が追いついてない気がしました。

洗濯機の設置場所がなく、床から直に排水管が突き出た状態でした。

洗濯機の設置場所がない為に、キッチンに置く場所がないので、ベランダに置いてました。

夜に洗濯するとうるさいので、朝早く仕事に行く前に洗濯機を回してましたが、冬は戸外なので寒くて…

ビレッジハウスの問題点

古い団地なので排水管が、トイレ室内を通っているので、上の階の人と同じ時間にトイレに入ると、上から排水管の中を大便が落ちてくる音が、座ってる横でするのには仰天しましたね

押入れの戸やフスマの滑りが非常に悪いので、ローソクを塗って滑りをよくしたのですが、敷居自体が劣化して溝がつぶれてるので、一度開けたら閉めるのに一苦労で、ふすまをはずしカーテンにして暮らしてました。

ベランダ柵のペンキが劣化して粉状となる、チョーキング現象を起こしている。

これもビレッジハウス側では対応してくれません。

洗濯物や布団に付着する恐れがあるため、布団を干すとき柵に直接触れない様に、1枚布を敷くしかないです。

現在はベランダのてすりは、ペンキの塗替えをした団地もある様ですが…

退去時に費用が掛かる

ビレッジハウスは、入居時は敷金(保証金)礼金などがないため、退去時は実費支払いが必要となります。

必ず必要なのが室内クリーニング費です。

2019年現在、1平方メートル当たり、1,100円(消費税別)となっております。

2LDKで55,000円位ですが、結構高いので、これも頭に入れておかないと、退去時に請求されると慌てますよね

短期解約違約金

ビレッジハウスは短期退去の場合、違約金が発生しますので要注意です。

1年未満の解約は、家賃2か月分の違約金の支払い

1年以上2年未満の解約は、家賃1か月分の違約金の支払いが必要となります。

解約違約金と退去時の費用が加算されると、結構費用がかさみますので、ご注意下さい。

家賃支払いの注意点

家賃の支払い方法は、口座振替での支払いとなります。

毎月27日に翌月分の支払いです。

万一、何かの理由で引き落としされなかった場合には、契約書などに記載してある振込先に、一日でも早く振り込みすることをお勧めします。

支払いが遅れるごとに、遅延損害金が発生するからです。

遅延損害金などは、後からコンビニ支払い等で請求が来ますが、コンビニ支払い用紙はすぐには届きません。

ビレッジハウスより、賃料の引き落としができなかったことについて、すぐに連絡が来ることはなさそうですので、毎月27日に通帳で確認することをお勧めします。

初回の口座振替引き落としが出来たかどうかは必ず、確認しておかないと万一、書類の間違いなどの理由で引き落としが出来てない場合は、再度正しい口座振替依頼書を送らなければ、ずっと引き落しが行われません。

そのために、ずっと遅延損害金などを支払い続けなければなりません。

2019年9月より、WEB上で口座振替の手続を行うこととなりました。

審査承認の翌日に、口座振替手続をWEB上で行う必要があります。

原則、手続き後の契約書の作成となるようですので注意が必要です。

鍵の引き渡しの注意

管理人様と鍵を引き渡しの相談するには、契約書の完了と契約金の入金の確認について、契約事務センターに確認了承を得てからでないと、、管理人様と鍵の受け渡しについての打ち合わせ及び、鍵の引き渡ししてもらうことができません。

管理費、共益費なし

ビレッジハウスは管理費、共益費も不要です。

ただし管理人は常駐しているのでご安心下さい。

初月の家賃は日割りで

カギ渡しが3月29日だったので、初月の家賃は3日間の日割りとなり、3万円の場合は3日分で3,000円が、初月の家賃となります。

駐車場代も同じく日割りで、3,693円の日割りで369円です。

2ヶ月目の家賃が最大3万円キャッシュバックというキャンペーンがありますが、このキャンペーンがいつまでやってるかは不明ですのでご確認下さい

3ヶ月目の家賃はフリーレント制度により無料

キャッシュバックに続いて、3ヶ月目はフリーレントで家賃は無料です。

3月末に入居、4、5月の家賃が無料だから、正規に家賃が発生するのは6月からです。

これは本当にありがたいですよね

浮いたお金を引っ越し代に回せますね

火災/地震保険の加入は必須

ビレッジハウス指定の保険会社で加入が必要、2年で17,310円です。

入居時にお金がいるのは、引っ越し代とエアコンの取り付け代とこの保険くらいです。

通常の引っ越しなら、初期費用は20万位は掛かりますので、なかなかそうたやすく引っ越しもできないですが、今は引っ越しの初期費用や、家賃を分割に出来る「クレカリ」というサービスもありますよ

激安賃貸物件のビレッジハウスにするか、少し広いアパートで初期費用を分割にするか、あなたならどうしますか?

クレカリについての記事はこちらをご覧下さい。

「コロナの影響で家賃が払えない!引っ越しの初期費用はクレカリで分割出来る」

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「家賃が払えない「住居確保給付金」とは?新型コロナも対象の家賃補助制度」

「新型コロナで各種料金支払い延長は出来る?奨学金・住宅ローンは減額可能」

「定年後の田舎暮らし移住先はどこがいい?移住者お勧め人気の岡山県の魅力」

ABOUT ME
miu
ご訪問頂き有り難うございます。 当サイトを運営してるmiuと申します。 倉敷市在住の64歳の女性です。 脳出血で、左半身不随になってしまった主人を支え、18年間Wワークで、日々奮闘しております。 最近、体力の衰えや、老後の事を不安に感じ、このサイトを立ち上げ、収益化を目指しております。 ブログは、初挑戦ですが同世代の方が、ホッと一息つける様なサイトを目標に、日々の出来事やお役立ち情報を発信していきますので、お気軽にお立ち寄り下さい。