花と景勝地めぐり
旅行

【和歌山】那智の大滝は神が宿る最強パワースポット

日本にはたくさんの滝が存在しますが、その中でも和歌山県の、那智の大滝は日本一の滝です。

最強パワースポットと、言われるだけあって圧巻の光景です。

この記事では熊野那智大社周辺の、美しい滝をご紹介します。

極上の癒しを手に入れるJTB【くつろぎの温泉宿】

【和歌山】那智の大滝

那智勝浦町の「那智の滝」といえば、茨城県にある「袋田の滝」栃木県の「華厳の滝」とともに、日本三名瀑に数えあげられている有名な滝です。

那智の滝の高さは133メートルで、一段の滝としては、その落差は日本一です。

また神秘的なパワースポットである、那智大滝と三重塔の遠望は、那智山で一番の絶景です。

季節や時間、気象によってさまざまな表情を見せますが、とりわけ霧が立ち込めた日は、とても神秘的な光景です。

また那智大滝周辺は原始林が広がり、昭和3年(1928年)に国の天然記念物に指定され、世界遺産にも登録されています。

那智大滝の不思議な虹

熊野那智大社の別宮・飛瀧(ひろう)神社のご神体である「那智大滝」

は、神聖な滝のしぶきに、陽光が反射すると虹が浮かび上がります。

なんとも幻想的な光景です!

那智四十八滝

世界遺産である「那智原始林」には那智大滝を含め、「那智四十八滝」と呼ばれる修験道の行場となった、たくさんの滝があります。

「一の滝」でもある「那智大滝」に続くのが「二の滝」「木葉返しの滝」「 如意輪の滝」と形容される優美な姿をしています。

滝の前に行くと忙しい日常を忘れさせてくれ、本当に心が洗われる気がしますね

「三の滝」はその姿が力強く、「馬頭観音の滝」とも呼ばれます。

この画像からはマイナスイオンが、一杯放出されてる感じが伝わってきますね

これらの滝は、普段は立ち入りが禁止されているので、ガイドの案内が必須です。

熊野那智大社

熊野那智大社はユネスコの世界遺産です。

熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社とともに、熊野三山の一社として知られています。

那智山に通じる大門坂は、約600mにわたって石畳が続き、熊野詣で栄えた当時の面影を美しく残しています。

雨にぬれた石畳は一段と味わい深く、樹齢800年といわれる、和歌山県指定天然記念物の「夫婦杉」も人々をひきつけます。

那智の扇祭り

那智の扇祭りは熊野那智大社の例大祭で、毎年7月14日に営まれます。

一番の見どころは、那智の滝前で繰り広げられる神事です。

令和3年度は、関係者のみで斎行しますので、一般の拝観はできません

また別宮においては、当日午前十時より正午まで参拝を停止いたします。

扇祭りでは参道を清めるため、白装束の男たちが、燃えさかる大松明を抱え「ハリヤ、ハリヤ」と大声をかけ合いながら、石段を降りたり登ったりします。

この神事は勇壮で迫力が伝わってきますね

那智の滝のしめ縄の張替え

那智の滝の滝口に掛かるしめ縄は毎年、正月と例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)の前に新調されます。

神事の後、白装束の神職らが、新しいしめ縄を担いで登り、張り替えます。

高さ133mの滝口には緊張感が漂います。

(見学は那智山青岸渡寺前の那智の滝展望地から)

那智の滝お瀧水

境内には、那智の滝から汲みとられた「お瀧水」をいただけるところがあります。

初穂料をおさめ、龍の口から流れ出る「お瀧水」を備え付けの土器で受けます。

「お瀧水」は熊野の奥地から流れて来る天然の水なので、一口飲むと、その冷たさにびっくりします。

霊験あらたかな御神水なので、是非頂きましょう。

また、土器は持ち帰りが許されています。旅の記念にどうぞ…

熊野那智大社・光ヶ峯遥拝石

光ヶ峰は熊野の神様が降臨したお山で、那智山熊野信仰の原点と言える場とされています。

初代天皇である神武天皇が、紀伊半島に進出する際、熊野灘から陸を見ていると光る山が見え、山を目印に進んでいくと、那智の大滝を発見したという逸話が残ります。

神宿って光るその山は「光ヶ峰」と名付けられました。

境内には「光ヶ峯遥拝石」と呼ばれている石もあります。

「光ヶ峯遥拝石」は那智山のなかで、もっとも神聖な山とされる「光ヶ峯」に通じているとされる石で、その表面を撫でると「光ヶ峯」の持つパワーに、あやかることが出来ると言われています。

あなたも那智の滝と「光ヶ峯遥拝石」から、存分にパワーを頂いて下さい

■基本情報

施設名:熊野那智大社  TEL:0735-55-0321 

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

アクセス:紀勢本線「紀伊勝浦駅」から熊野交通バスで那智山バス停まで30分
HP:http://kumanonachitaisha.or.jp/
地図:「熊野那智大社」への地図

交通手段

●電車 バス

JR紀勢本線・紀伊勝浦駅から熊野交通バス「那智山行き」乗車「那智山」下車

●車

国道42号線JR紀伊那智駅前交差点から、山手へ入り那智川沿いに進むと約25分で到着します。

●駐車場  神社駐車場 収容台数:30

那智の滝は私の実家から近いので、何度か行きましたが、田舎なので電車は、1時間に1本しかないので、帰りのバスの時刻表を確認してから、散策のルートを決めて回らないと、帰りのバスには乗れたものの、電車が来なくて駅で、1時間以上待つ羽目になりますので、ご注意くださいね

駅周辺には店も何もないので、時間をつぶすのに困りましたが、電車の車窓から、真っ赤な夕日が水平線に沈むのを、見れたのが感動でした。

那智の滝と日没を見て、大きなパワーを頂いた気がしました。

今はコロナ禍で、旅行も自粛されていますが、せめて画像で楽しんで頂けたら幸いです。

コロナが終息し、和歌山観光に行かれたら、是非那智の滝に行ってみて下さいね。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい

「ワーケーションは和歌山県白浜町が全国初・最適地と推奨される訳」

「和歌山の旅【ホテルベルヴェデーレ】の新鮮料理や絶景露天風呂が最高!」

「和歌山の旅・磯釣りのメッカすさみ町近郊のお勧めスポット3選」

 

ABOUT ME
miu
ご訪問頂き有り難うございます。 当サイトを運営してるmiuと申します。 倉敷市在住の64歳の女性です。 脳出血で、左半身不随になってしまった主人を支え、18年間Wワークで、日々奮闘しております。 最近、体力の衰えや、老後の事を不安に感じ、このサイトを立ち上げ、収益化を目指しております。 ブログは、初挑戦ですが同世代の方が、ホッと一息つける様なサイトを目標に、日々の出来事やお役立ち情報を発信していきますので、お気軽にお立ち寄り下さい。