綿の花の育て方と収穫時期や採取時の注意点と綿の使い方

あなたは綿の花を見た事がありますか?綿は植物の実から採取します。花後に実る果実が裂けて、中からフカフカの白い綿が出てくるんですよ。私も初めて綿を育て、採取した時はとっても感動しました。今日は綿の育て方や、収穫後の、綿の使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

綿の花って何?

花後に実る果実が、裂けると白い綿毛が生じ、この綿毛は繊維として利用されています。

また、繊維を取り除いた種子からは、食用油が採取できるため、世界各地で広く栽培されている植物です。

私の家から車で、20分程の所に位置する、倉敷市児島でも昔は、綿花の栽培が盛んだったそうです。

綿花は塩分のある土でも、育つ特性があり、干拓地である倉敷市児島では、この時季はちぎれ雲のような、白い綿が児島地区の畑一面に、広がっていたそうですよ。

その後、繊維の街、児島から倉敷帆布や、ブランドの制服や、ジーンズなど名産品が生まれました。

児島は小さな町ですが、縫製の技術の高さは素晴らしいものです。

綿の育て方

綿の花期は7月~8月で丁度今の季節です。

花期になると、分枝した茎の葉の付け根に、花径4~6㎝程度の花を咲かせます。

花は淡い黄色をした5弁花で、花弁の基部は暗褐色になっています。
※基部が暗褐色にならない品種もあります。

出典元:種松山 西明院

花の中心では、多数の雄しべが癒合して、筒状になっており、その先端部分に雌しべがあります。

花の構造は同じアオイ科の、ハイビスカスやフヨウ、オクラなどと同じです。

花は一日花で夕方には、萎んでしまいますが、花期の間に次々と開花します。

萎んだ花はやや赤味を帯び、淡いピンクに染まります。

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。

多湿な環境を嫌うので、風通しの良い場所で育てて下さい。

弱アルカリ性の土壌を好むので、あらかじめ用土に、苦土石灰を混ぜ込んで、土壌の酸度を調整しておいて下さい。

水やり

発芽後1か月~1か月半の間は、苗はほとんど成長しませんが、地中では根が育っています。

この時期に多湿な環境が続くと、根腐れを起こしたり、立ち枯れ病を発病しやすくなります。

水のやりすぎには注意して下さい。

梅雨が明けて気温が上がると、地上部もどんどん成長するようになります。

庭植え、鉢植え共に、用土が乾いたらたっぷりと、水やりをして下さい。

特に開花中の夏場に、水切れをさせると、コットンボールが大きく育ちませんので、水切れに注意して下さい。

また日中に水やりをすると、枯れることがあるので、水やりは朝に行うようにします。

※ 私も以前、失敗しましたが、日中に水やりをすると、土の中の温度が高くなってるので、水がお湯になり枯れてしまいます。

肥料

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。

肥料が多すぎると、葉ばかりが茂り、花付きが悪くなるので注意して下さい。

庭植えの場合は、元肥を施す必要はありません。

生育が悪いようなら、即効性の化成肥料を施して下さい。

鉢植えの場合は、用土に元肥が入っていない場合は、少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んで下さい。

追肥は7月上旬頃までの間、緩効性化成肥料を定期的に施します。

または、薄めの液体肥料を週に1回程度施して下さい。

植え付け

庭植えの場合は、あらかじめ用土に、苦土石灰を混ぜ込んで、土壌を弱アルカリ性に傾けておきます。

植え付け場所の、水はけが悪いようなら、用土に腐葉土を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作って下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・パーライト1などの、配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

高性種で10号鉢に1株、矮性種で6号鉢に1株が目安です。

摘芯

綿は、放っておくと草丈ばかりか高くなり、花を付けにくいので摘芯を行います。

時期は本葉が5~6枚の頃、または7月中旬~下旬です。

収穫

コットンボールが、弾けた直後のワタは、水分を多く含んでいますので、収穫は弾けてから、2日ほど経ってから行って下さい。

また雨にぬれると、形が崩れたり黒ずんでしまうので注意しましょう

切り花として利用する場合は、コットンボールが1~2個ほど、弾けた段階で切り取ります。

家の中で逆さに吊るして乾燥させると、他の果実も弾けてきます。

スポンサードリンク

綿の花の増やし方

種の採取と保管

種まきで増やすことが出来ます。
種はワタの中に入っています。

出典元:北海道の綿花栽培

出来るだけワタを取り除き、しっかりと乾燥させてから、冷暗所で保管して下さい。

種まき

適期は5月初旬~中旬です。

種についている綿は、水を弾いてしまうので、一晩水につけておきます。

直根性で移植を嫌うので、種まきは直まきします。

地植えの場合は、30~50㎝間隔で2~3粒ずつ、鉢植えの場合は、6号鉢~10号鉢に2~3粒ずつで、覆土は1~2㎝程度です。

発芽温度は20℃~25℃です。

水を切らさないように、管理したら10日ほどで発芽します。

発芽したら元気な苗を残して間引いて下さい。

綿の病気・害虫

苗立枯病

苗が小さい時期の低温、過湿な環境で発生しやすくなります。

育苗中は水のやりすぎに注意して下さい。

ハマキムシ、ナメクジ

ハマキムシはアオイ科の植物に発生しやすい害虫です。

葉がクルっと巻いていたり、糸で綴り合わせられていたら、中にハマキムシが潜んでいます。

見つけ次第捕殺するか、数が多いようなら薬剤で対処して下さい。

苗が小さい時期は、ナメクジに食害されることがあります。

ナメクジ用の薬剤を使うか、夜に見回って捕殺して下さい。

ナメクジに食べられては困るので、夜だけでも苗ポットで、覆うのもいいかもしれませんね

私も数年前に、綿の種を頂き、ベランダで育てた事がありますが、綿が植物で実が裂けてその中から、出て来るという事が想像がつかなくて、興味深々でしたが、ある日綺麗な花が咲き実になり、それが裂けて中から、ふかふかで真っ白い綿が出てきた時は、とても嬉しかった思い出があります。

収穫した綿は少しでしたが、記念に小さなピンクッションを作りました。

実が裂けてその中から、綿が出てきた時は、本当に感動しますから、あなたも是非育ててみて下さいね

4月~5月になると、綿の種の無料プレゼントを、してますのでネット検索してみて下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

2 Comments

松浦 将孝

はじめまして ブログに初めて投稿致します。
愛知県在住の45歳男性です。
今年中学に上がった娘が学校から綿の実の種をもらって帰ってきました。育て方がわからず移植も嫌うことも知らず、ポットで芽出しして育てました。芽が出た頃にはアブラムシに新芽を食べられ、オルトランでやっつけ、その後も中々大きく育たず心配していた頃に季節外れの台風でした。倒れそうになりながらどうにか育ってくれました。もっと早くmiuさんのブログに出会えていれば綿の成長に悩むこともなかったのにと少々後悔しております。miuさんの言う通り綿の実が弾けて白いワタが現れた時には感動致しました。
来年もまた育ててみたいと思いました。
これからもためになるブログよろしくお願いします!
ありがとうございました。

返信する
miu

松浦様 返信遅くなり申し訳ありません。
私のつたないブログをよんで頂きありがとうございます。
そう言って頂けるととても嬉しいです。
ブログを初めて2年目ですが、今は植物の特化ブログを書いてます。
お陰でブログランキングガーデニング初心者部門で現在130人中9位に入りました。
もしよろしければ仕事や育児や病気の記事も読んでみて下さいね
これからも頑張りますので応援宜しくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です