庭のアジサイの花の色は変えれる!好みの花色のアジサイに変える方法とは?

そろそろ入梅で、庭のアジサイの花も見頃を迎えますね

アジサイの花の色は土壌の質により、決まるって事は聞いた事があると思いますが、アジサイの花色は、基本的には土壌の酸度で決まります。

と言う事は、アジサイを自分好みの色に、咲かせる事ができるんです。

その為には土の配合や、薬剤で土壌の酸度を調整します。

今回はアジサイの花色を決めるメカニズムや、土の配合、薬剤などをご紹介します。

スポンサードリンク

アジサイの花色が変わるメカニズム

アジサイの花色が変わるメカニズムは酸性の土壌では青色、中性・アルカリ性の土壌では赤色が強く出ます。

土壌に含まれるアルミニウムと、花の色素が持つアントシアニシン系の、色素との結びつきで色が変化するのです。

土中のアルミニウムは、酸性土壌だとよく溶けあじさいが吸収し、青色の花になります。

また、アルカリ土壌だと、アルミニウムは溶けないため、アジサイじは吸収できず、ピンク色の花になります。

青色系の品種を中性・アルカリ性の土壌で、栽培すると青みが強い紫色になります。

白色系の品種は花自体が、色素をもっていないため、土壌の酸度で影響を受けることはありません。

 

日本の土壌

日本の土壌はほとんどが弱酸性です。

その理由は日本は降水量が多いことにあります。

雨水に含まれた大気中の、二酸化炭素が溶け込んでいるからです。

ただ、花色の変化は土壌の他にも、様々な環境要因が働いています。

そう言われれば、自生のアジサイはほとんどが青い花で、ピンクのアジサイはあまり見かけませんね

近くの公園のアジサイもみんな青い花色です。

青い花を咲かせるには?

土壌を酸性にして、青い花を咲かせるには、鹿沼土ピートモスを加えましょう。

鹿沼土は水はけが良いのが特徴なので、大量に使ってしまうと水が根に吸収されずに、枯れてしまうことがあるので注意しましょう。

ピートモスは、水持ちの良い土ですが、大量に使ってしまうと水はけが悪くなり、根の生育を妨げてしまいます。

鹿沼土・ピートモスの両方を、バランスを見ながら加えていきます。

また、青い花用の培養土や、肥料も市販されており、手軽に土を酸性にする事ができます。

スポンサードリンク

ピンクの花を咲かせるには?

土壌をアルカリ性にして、ピンク色の花を咲かせるには、赤土玉や腐葉土を配合して土壌を作ります。

そこに 苦土石灰を混ぜ入れると、アルカリ性に近付きます。

酸性になってしまう鹿沼土・ピートモスは使わない用にしましょう。

赤い花用の培養土や肥料も市販されています。

土壌の酸度を調整する時期

土壌の酸度を調整するのに、適している時期は4月~5月です。

根がアルミニウムを吸収し、花芽の生長とともにあじさいに、養分として行き渡ります。

この時期を逃してしまうと、アルミニウムの吸収が遅れるため、思った通りの色にならないことがあります。

いかがでしたか?

この様にアジサイの花の色は土壌によって、簡単に変える事ができますので、お庭に咲くアジサイを、好みの花色に変えて楽しむ事ができます。

毎年違う色の、アジサイが咲けば楽しいですよね

あなたも一度、土壌改良して違うアジサイの花を楽しんで下さいね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「母の日に貰った高級アジサイ万華鏡の育て方やぐったりした時の対処法は?」

「紫陽花の剪定の時期はいつ?挿し木の増やし方と小さくコンパクトにする方法があった」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です