暮らしに役立つ雑学ブログ
生活

ドリップ式コーヒーメーカーの使い方と美味しいコーヒーのいれ方

コーヒー好きにとって、コーヒーメーカーは必需品ですが、初めてコーヒーメーカーを使う方は使い方がわからず戸惑ってしまいますよね

コーヒーメーカーは、正しく使用しないと、せっかくのコーヒーも美味しく焙煎できません。

今回は、コーヒーメーカーの正しい使い方や手順を解説します。

誰がいれても完璧に美味しい珈琲【KEURIG】

美味しいコーヒーのいれ方

コーヒーメーカーさえあれば、すぐに美味しくて芳香なコーヒーが、焙煎できると思ってましたが、実は美味しいコーヒーを入れるには、ちょっとしたコツがあるんですね

分量を正しく計量する

どの器具で抽出するとしても、美味しいコーヒーを飲むために必要なのは“正確に計量する”こと。

正しく計量して抽出するのは、コーヒーを抽出する上において重要な要素の一つです。

コーヒーメーカーによって異なりますが、コーヒー豆の量は1杯あたり10〜15gが目安です。

大抵のコーヒーメーカーには、計量スプーンがついていますので、正しく計って美味しいコーヒーを抽出しましょう。

コクの深いコーヒーを飲みたい場合は、量を増やすのではなく、深入りのコーヒー豆を選ぶのがおすすめです。

深入りのコーヒー豆を使用することで、酸味の少ない深めの味を楽しむことができます。

「味を自分好みに変えていきたい!」という方は、分量を変えるのではなく自分でコーヒー豆の挽き方を変えてみたり、ローストレベルが違うコーヒー豆を購入してみましょう!

カップを保温しておく

あらかじめコーヒーカップを保温しておくことで、コーヒーの温度が下がるスピードを緩めることができます。

美味しいコーヒーの温度は、65〜85度程度と言われています。

ペーパーフィルターは正しく折る

ペーパーフィルターの折り方は、円錐型も台形型も折り方は同じで、”紙の溶接部分を折り込むだけ”です。

ペーパーフィルターを正しく折ることで、コーヒーメーカーとペーパーフィルターを密着させることができます。

密着していないと、フィルターが折れてコーヒー豆が、入り込んでしまうことがありますので、この作業はとても大切です。

漂白タイプと無漂白タイプの、ペーパーフィルターが市販されていますが、どちらでも味に影響はないです。

コーヒーメーカーに使うのは水導水

コーヒーを抽出するために使う水は、”水道水”が良いと言われています。

日本の水道水に使用されている軟水は、ミネラル分が少ないので、コーヒー本来の風味を打ち消すことなく抽出することができます。

また、水道水に含まれている塩素は殺菌作用があるので、コーヒーメーカーの内部を清潔に保つ効果が期待できます。

市販のミネラルウォーターは、塩素が含まれていないため、水道水よりも優しい味に仕上がりますよ

マイルドな味わいを楽しみたい方は「軟水」、苦味をしっかり楽しみたい方は「硬水」を選ぶのがいいでしょう

使用した器具はきれいに洗浄する

コーヒーを抽出する際に使用する器具は、使用後きれいに洗浄しましょう。

きちんと洗浄することで、コーヒー豆の油分や豆カスを落とすことができ、次回もすっきりと雑味のない味で抽出することができます。

コーヒーの豆カスなどは細かく、洗剤や水をきちんと使用して洗浄しないと、隠れて残ってしまうことがありますので、時間をかけて洗浄することが大切です。

ただ、洗剤を使用する際は念入りにゆすがないと、洗剤の成分や香りが残ってしまうので、念入りに流しきりましょう。

ドリップ式コーヒーメーカーの使い方

ミルなしドリップ式は、フィルターにコーヒー粉をセットして使う最もスタンダードなタイプのコーヒーメーカーです。

私もコーヒーは毎日飲みますが、定年したらゆっくりテラスで、コーヒーメーカーで焙煎した美味しいコーヒーを味わいたいなと思ってたところ、先日病気の友人宅を訪問した時に、

押し入れの中で眠ってたという、新品のコーヒーメーカーを使って欲しいと頂きました。

以前から欲しかったので、とても嬉しかったのですが、使い方がよく解らないので、調べてみましたので、ドリップ式コーヒーメーカーの使い方をご紹介します。

1. コーヒーメーカーにペーパーフィルターを装着

ペーパーフィルターは、紙の継ぎ目に折り目を入れ、隙間を作らないように注意して装着してください。

どのようなペーパーフィルターを、使用しても味は変わりませんが、厚めのフィルターを使うことで、抽出途中に破けてしまう危険性が少なくなります。

2. コーヒー豆を挽く

コーヒーメーカーには、“中挽き”程度の挽き方がいいとされていますが、濃い目の味がお好きな方は比較的細挽きを、さっぱりとした味がお好きな方は比較的粗めに、挽くことをおすすめします。
コーヒー豆の挽き方によって、味の感じ方はだいぶ変わってきます。

また、コーヒー豆は、基本的に開封した瞬間から酸化がはじまり、豆を挽くことで酸化が早まると言われています。

そのため、多少面倒ですがコーヒー豆は、挽いてあるものではなく、豆のままで購入しましょう。
コーヒー豆を挽くミルは、手動式から電動まで様々な種類のものが販売されています。

お手軽なものもなら、1,000円程度で購入することができます。

3. コーヒー豆をコーヒーメーカーにセットする!

基本的に飲む量に応じて、コーヒー豆をセットしますが、コーヒーメーカーの味や使い方が理解できたら、徐々に水や豆の量を調節してみましょう。

多すぎても少なすぎても、味に違いが生じてしまうので、最初の頃はコーヒーメーカーに記載されている分量を、正確に使用することをおすすめします。

4. 水を入れる

一般的なコーヒーメーカーは、必要な水分量が記載されています。

当然、水を多くセットすれば薄くなり、少なくセットすれば濃く仕上がります。

自動抽出することができるので、好みの味に調整することができないと、思われてしまいがちなコーヒーメーカーですが、セットする水の量やコーヒーの焙煎具合で、自在に味に変化を加えることができます。

5. 抽出ボタンを押す!

器具によって抽出時間は異なりますが、時間のかかるものでも10分程度で、抽出は完了します。

基本的には、抽出時間が長ければ長いほど、コクの深いコーヒーに仕上がります。

何と言ってもコーヒー豆は鮮度が命。
袋を開けた瞬間から、コーヒー豆の酸化がはじまります。

コーヒー豆を販売している大抵のお店は、1〜2週間ほどの目安での使用を呼びかけています。

酸化したコーヒー豆を使ってコーヒーを抽出すると、雑味が醸し出す嫌な苦味の味がします。
挽いた状態の豆はさらに酸化が早まってしまうので、できるだけ豆の状態での購入をおすすめします。

酸素を通さない密閉された容器に保管すると、比較的長く新鮮な状態でコーヒー豆を保管することができます。

コーヒーメーカーは正しく使えば、初心者の方でも手軽に美味しいコーヒーをいれることができます。

コロナ禍の今、あなたも是非お家で美味しいコーヒーを楽しんで下さいね。

※なおコーヒーメーカーの機種によって使い方は異なりますので、実際に使う際は取扱説明書に従って操作してください。

ABOUT ME
miu
ご訪問頂き有り難うございます。 当サイトを運営してる、倉敷市在住の女性です。 64歳でブログを始めて、ブログ歴3年になります。 脳出血で、左半身不随になってしまった主人を支え、18年間Wワークで、日々奮闘しておりましたが、最近は本業とブログで生計を支えております ブログは初挑戦でしたが、同世代の方がホッと一息つける様な、サイトを目標に、お役立ち情報を発信しております。