暮らしに役立つ雑学ブログ
生活

便利なインターネットバンキングの始め方とメリットデメリット

インターネットバンキングは、スマートフォンやパソコンから、銀行口座の残高確認や振込などができます。

最近銀行業界では、インターネットバンキングの非利用者が、手数料や金利の面で不利になる事が起きている為、インターネットバンキングを、利用するのがおすすめです。

この記事では、インターネットバンキングの、メリット・デメリットや、便利なインターネットバンキングの始め方について解説します。

【金券ねっと】新規購入でクオ300円券プレゼント!
即日発送・あんしんのクレジット決済

インターネットバンキングとは

自分のパソコンやスマホを使って、ネット上で銀行取引ができる銀行のサービスです。

預金や融資、証券取引などの銀行取引が、24時間365日自分のスマホやパソコンでできて非常に便利です。(一部の銀行取引やシステムメンテナンスの時間帯を除く)

インターネットバンキングのメリット

  • 原則24時間365日スマホやPCで銀行取引ができる
  • 銀行の店舗に足を運ぶ手間が省ける
  • 証券口座の開設や証券取引もスマホでできる
  • 各種銀行手数料が窓口やATMを利用する場合より安い
    (振込手数料が窓口やATMより数百円安い、ATM手数料が無料になるなど)
  • 預金金利の優遇がある
    例:楽天銀行の普通預金金利最大0.1%(メガバンクの10倍) 、定期預金金利が高く設定されているなど
  • ATM手数料が24時間365日無料になるケースがある
  • 銀行発行クレジットカードの、年間手数料が優遇されるケースがある
  • キャッシュカード不要、スマホでATM取引もできるケースがある

預金金利や手数料のメリットが大きいのも魅力ですが、わざわざATMや窓口まで出向かなくても自宅にいながら、振込が出来るのが最大のメリットですね~

インターネットバンキングのデメリット

ネット上での金融取引となるため、口座情報の漏洩やスマホなどの紛失による不正利用のリスクが、非常に高い点が最大のデメリットとなります。

その防止策としてログイン情報の、厳重な管理や定期的な変更、不正利用の定期チェックが必要となりますが、それがデメリットと言えるでしょう。

インターネットバンキングを始めるのに必要な物

スマホ、パソコン、タブレット

スマホなら携帯に便利なので、操作が簡単な銀行アプリがおすすめです。

自分で考えたIDやパスワード

口座開設の申し込みを行うと、銀行から初期IDや初期パスワードが届きます。

それらを使ってログインした後で、自分で考えたIDやパスワードに、変更する必要があります。

パスワードは英数字や記号を併用して、文字数を多くするのがおすすめです。

本人確認書類

銀行口座開設ではマイナンバーカード以外の、本人確認書類でもOKですが、証券口座開設においては、マイナンバーカードの用意が不可欠となります。

インターネットバンキングを始める手順

既存の銀行口座をインターネットバンキング口座に切り替える

口座番号やキャッシュカードは、そのまま使えますが通帳は廃止されます。

口座開設手続後に銀行から、セキュリティカードが郵送されます。

セキュリティカードとは、口座所有者固有の記号が記されたカードのことです。

新規ログインや各種銀行取引に必要となる、重要なカードなので大事に保管しましょう。

インターネットバンキング口座を新規開設する

口座開設手続きが終わると、キャッシュカードとセキュリティカードが郵送されます。

インターネットバンキングの注意点

自分のスマホやPCを使用する

インターネットバンキングの利用には、自分のスマホや自宅PCなど、使用する端末を決めておきます。

ネットカフェやマンガ喫茶など、不特定多数の人が使うようなパソコンでは、絶対に利用しないようにしましょう。

ログアウトや電源を、消し忘れていたのを他人に見られたり、履歴をたどって不正ログインする人が現れる危険性があります。

また家族とパソコンを共有している人は、家族別にユーザーを分けておくと、間違いやいたずらを防げるためおすすめです。

自分にしか使えない環境に整えたうえで、インターネットバンキングを利用しましょう。

メールのリンク先は使わない

一見ネット銀行から届いたように見えるメールであっても、リンク先をクリックするのはやめましょう。

そのメールが銀行を装った、不正メールである危険性があるからです。

指示通りに入力していたら、詐欺相手に口座番号や暗証番号の、情報を送ってしまっていたという事態もありえます。

自分でネット銀行からメールが届くように、手続きした場合を除いて、必ず公式サイトのトップページからアクセスするようにしましょう。

インターネットバンキングは、「振込手数料が安い」「預金金利が高め」「時間や場所を気にせず短時間で取引できる」などのメリットがあります。

基本的には自分が今利用しているメインバンクや、振込先としてお金を預けている銀行のインターネットバンキングがおすすめです。

インターネット専用銀行、通常の銀行、ネット支店かにもよりサービス内容や特長に違いがあります。

銀行振込(窓口)とネットバンキング決済の違い

ネットショップ利用時の決済方式として、通常の銀行振込では、購入者は次のような流れで代金を支払います。

①商品を購入する際、支払い方法で「銀行振込」を選択。

②注文確定後、合計金額と振込先情報が記載された「注文確認メール」を受信。

③銀行の窓口もしくはATMへ行き、振込先情報に書かれた指定口座に、合計金額を振り込む。

これに対し、ネットバンキング決済では、ステップ2の注文確認メール受信後に、実際に銀行やATMに行く必要はなく、オンラインで代金を振り込むことができます。

購入者はオンラインで、自分の銀行のサイトにログインし、振込先と金額を入力し、振込手数料を支払い振り込みます。

実際には決済手段はどちらも同じ、銀行振込という扱いにはなりますが、振込方法が異なってくるわけです。

また、銀行窓口での支払いとの違いとして、振込手数料の差が挙げられます。

銀行窓口での対応業務が必要ない分、ネットバンキング決済は、振込手数料が安い傾向にあります。

例えば大手の銀行にてATMで、キャッシュカードを使った場合の振込手数料は、同銀行同一支店あてであれば無料、同銀行他支店あてであれば110円や220円、他銀行あてだと220円や440円といったケースが多いです。

これがインターネットバンキングだと、同銀行他支店あてでも無料の場合があり、他銀行でも100円程度安くなるケースや、条件を満たせば無料といったプランがあります。

ただし銀行により異なりますので、詳しくは各銀行のオフィシャルサイトをご確認ください。

これを知ったら同じ銀行振込でも、窓口ではなくネットバンキング決済を、利用する方が多くなるのは自然な流れでしょう。

ネットバンキングでの振込が可能になったことで、購入者はわざわざ銀行の窓口やATMに足を運ぶ必要がなく、ネットバンキングによるスムーズな決済を行えることで、利便性が格段に向上したと言えますね

セキュリティ面でのデメリットはあるものの、今後はインターネットバンキングの利用が増えていくことでしょう。

余談になりますが、先日ある方から記事執筆の依頼が来て、8記事納品したのですが、その方から夜に「依頼した記事の報酬を振込みました」とメールが来たので、ネットバンキングの事が気になり調べてみました。

わざわざ銀行に行かなくても、自宅のパソコンで振り込みが出来るなんて、こんな便利な事が出来るなら、私も早速始めようと思っております。

今回はネットバンキングについて解説しましたが、少しでもご理解頂けましたでしょうか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
miu
ご訪問頂き有り難うございます。 当サイトを運営してる、倉敷市在住の女性です。 64歳でブログを始めて、ブログ歴3年になります。 脳出血で、左半身不随になってしまった主人を支え、18年間Wワークで、日々奮闘しておりましたが、最近は本業とブログで生計を支えております ブログは初挑戦でしたが、同世代の方がホッと一息つける様な、サイトを目標に、お役立ち情報を発信しております。