キュウリの収穫時期を延ばし収穫量を増やす3つのポイント

夏野菜のキュウリが、最盛期を迎えてますが、連日の暑さでもう枯れた、という声も聞きますが、我が家のキュウリはまだまだつるが伸び、毎日収穫出来ております。今年は、昨年(2018年)よりちょっと変えた事があり、収穫量が大きく変わり、収穫の時期も長くなったので、今回は、そのポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

キュウリの収穫時期

キュウリの収穫は長く、6月上旬から9月下旬まで長く収穫ができます。

収穫の目安として、黄色い花が開花してから10日ほどで、収穫ができる大きさになります。

出典元:やまむファーム

もう少し大きくなってからと、待っていると味が落ちてしまうので、20㎝ほどになったら収穫するようにしましょう。

畑に行くのが、2日に1回ではこんなに、大きくなってしまってました!

毎日畑に行かないと、葉っぱの裏に隠れてた、小さなキュウリが、1日でこんなに巨大化してしまってました。

我が家は、毎年5月の連休頃に、夏野菜を植えるのですが、今年(2019年)は少し植える時期が遅く、5月末だったんですが、6月11日に初めて収穫できました。

今年初めての収穫でしたので、記念撮影をしました。

今年初めて、収穫したキュウリは、長さも太さも色つやもよく、まっすぐな立派なキュウリで大満足です。

主人が愛嬌だと言って、葉っぱまでつけて、持って帰ってくれました。 「ありがとう」

毎年この時期は園芸店で、一般に売られてる苗を購入するのですが、今年はネットで調べたら、接ぎ木苗が病気に強いとわかったので、少し高いですが「接ぎ木苗」を選びました。

出典元:楽天市場

ホームセンターなどで、販売されているキュウリ苗は、かぼちゃとの接ぎ木です。

キュウリ苗にかぼちゃ苗を、接ぎ木すると病気に強く、収獲量が増える様です。

また管理の仕方により、収穫の時期が30日も違うそうですよ。

順調に育ってたら、後半になるほど勢いが出てくる様で、そうでない場合は後半になると、樹勢が弱くなり、病気になって早くに枯れてしまいます。

我が家のキュウリは、まだこの様に元気ですが、下の葉が数枚黄色くなり始めたので、病気にならない様に、切りました。

毎年5本は植えるのですが、20本位収穫したら、全て梅雨明けまでに枯れてましたが、今年はまだ生き生きしてて、今日まで38本収穫できてます。

キュウリの収穫量を増やすポイント

定植する前は晴天の続いた日に畑を耕す

苗は病気に強い接ぎ木苗を選び、耕作は晴天が続いた日に行いましょう

雨が続いて土壌に水分を、多く含む時に耕作すると、水分を多く含んで練った土が、下に入ることになります。

これが大きなダメージになり、この状態で肥料を入れると酸素不足で腐敗し、腐敗すると病気になります。

この状態では、時間がたてば修復するということはなく、重い水分を含んだまま作物を育てるという事になります。

これは後半に大きなダメージになります。

このままでは、根が健全に発育できない、土壌状態にあるからです。

苗を定植する2週間前には堆肥や、元肥、石灰を入れておきます。

土づくりについては、こちらの動画が解りやすいのでご覧下さい。

出典元:サントリーフラワーズ

定植は高温になる日中をはずし、午前10時ぐらいまでに終了しましょう。

この時間に定植すると根つきもよく、植物生理が順調に育ってくれるんです。

きゅうりも熱いと呼吸量が増大し、たくさんの酸素を必要とします。

根も呼吸すると二酸化炭素を吐き出します。

この根圏に酸素が、どれだけあるかというのが、後半の収穫量に大きく影響します。

畑の土が、練られた土で水分が多く、酸素が少ないと狭い場所が、更に狭くなり自分の吐き出す、二酸化炭素で自家中毒になってしまうので、早く枯れてしまうんです。

これは本日2019年7月17日に、収穫した我が家のキュウリです。

まっすぐではありませんが、曲がり方も少なく、丁度いい大きさでとてもおいしかったです。

摘芯と適葉をする

キュウリを支柱を立てて栽培する場合は、摘芯をし親づると子づるに、果実をつけるように整枝します。

出典元:荒地から始める家庭菜園日記

1.本葉が10枚以上に育ってきたら、下から5節以下の子づると、雌花は全て取り除きます。

2.親づるの6節より上のわき芽は、1~2節で摘芯し、主枝を伸ばすようにします。

3.わき芽が出にくい場合は、摘芯をしないまま、放任して伸ばす枝を、2、3本残して草勢を保ちます。

4.主枝が支柱の高さまで、伸びてきたら摘心をします。

また葉が茂りすぎたときには、内側の葉にも日光がよく当たるように、重なる葉を間引き=摘葉していきます。

摘葉をするときに、一度に葉を摘み取り過ぎてしまうと、株が弱るので、少しずつ摘むようにします。
一回に2~3枚ずつが良いようです。

キュウリのつるを放任したままですと、葉が茂りすぎて木全体に、日光が当たらなかったり、風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなるので注意します。

キュウリは野菜の中でも生育が特に早く、最盛期にはつる先が1日で5、6cmも、伸びる上に葉も大きいため、適葉も必要ですし、整枝、誘引作業が重要です。

また、キュウリは親づるだけでなく子づる、孫づるの節にも雌花(果実)を付けるため、適切な整枝を行わないと雌花が付かず、収穫できる果実が少なくなってしまいます。

こまめに整枝、誘引を行うことで、より多く果実を収穫することができます。

キュウリを病害虫から守る

キュウリに発生しやすい病気は、6~7月にうどんこ病、べと病、7~8月に褐斑病、炭疽病がよく発生します。

病気の対策として、薬剤を予防散布するか、病気が発生したら7~10日おきに、該当する薬剤を散布します。

出典元:楽天

キュウリにつく害虫で、特に被害に遭いやすいのは「ウリハムシ」で放置しておくと、次々と数が増えて葉をボロボロに、食い荒らしてしまいます。

梅雨明け直後は、多湿な状態で急に地温が上がると、病気や害虫の発生が多くなるので、その前に薬剤を散布しておきましょう。

スポンサードリンク

水やりは野菜の様子を見てから

水やりは、「タネまき後に発芽するまで」と「植えつけ直後」を除き、たとえ夏でも野菜には、水をやらないほうが、根が水を求めてしっかり伸びます。

毎日のように水やりをすると、根が酸素を求めて地表近くに張り、軟弱な株になってしまいます。

こう暑いとついつい心配で、水をやってしまうんですよね

でもそれが野菜を軟弱にしてしまうので、ここはぐっと我慢なんですね

露地栽培での水やりは、ほとんど不要だと思いますが、場合によっては必要です。

その見極め方は、野菜の様子を観察することです。

キュウリやトマトなどの葉が、夏の昼間にしおれるのは、葉から水を逃がして体温調整をしているのです。

昼間ではなく、15時にしおれていても、18時に回復に向かっているかを見て下さい。

そして日の出ごろには、葉がぴんと戻っているなら、水やりの必要はありません。

朝もまだしおれていたら、水が足りないサインです。

朝、光合成を始めようという時には、水が必要で水やりは一般的に朝に行います。

大事なのは土の中の水分量が、大きく変わらないようにすることです。

朝の水やり直後は土が湿っているのに、夕方はカラカラというような状況は、野菜にとってストレスです。

夕方に土が乾いて野菜がしおれていたら、もう一度少し水をやりましょう。

ただ夜に水をやりすぎると、徒長の原因になります。

野菜や花を育てるのは、本当に簡単ではないですが、自分がして欲しい事をしてあげれば、必ずいい結果が出ますので、難しく考えずまずは愛情を持って、ひと手間掛けてみて下さい。

そうすればキュウリは、生き生きと育ち、たくさん収穫できますよ

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「はじめての家庭菜園・キュウリが曲がったり苦いのは水不足・肥料過多が原因だった」

「ベランダ菜園キュウリの育て方・収穫量を多くする為にするべき摘芯と摘葉の方法」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です