ポーチェラカの切り戻しの時期や挿し芽の方法と冬越しの仕方

夏の花壇を彩るポーチェラカの花が、近所の公園で咲き始めました。夏の暑さにも強く育てやすいので、初心者向きの花です。花色がカラフルなんで満開になると見事です。今日はポーチェラカの切り戻しや、挿し芽で簡単に増やす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ポーチェラカの特徴

ポーチェラカは、夏の暑さに強く寒さには弱いです。

天候の悪い日には咲かず、夕方には萎んでしまう一日花ですが、長い間次々と花を咲かせます。

咲く期間も長く、初夏から晩秋までじっくり楽しむことができます。

花色は黄色、赤、オレンジ、ピンク、白といったところですが、二色が混ざったものもあります。

出典元:楽天

ポーチュラカは枝変わりと言って、一つの株から二色くらいの色が咲くことがよくあります。

ピンクや赤やオレンジから、黄色が咲くことが多いですが、ピンクから赤が出たり、オレンジから赤が出たりすることもあります。

花の大きいものや、八重咲きのものもあります。

日が当たらないと極端に花つきが悪くなるので、日当たりのいい場所に植え付けましょう

日当たりさえよければ、ほとんど土を選ばず育ちます。

ポーチェラカの水やり

ポーチェラカは多肉質なので、常に水を蓄えておいてくれます。

水やりはやりすぎると根ぐされが起きるので、控えめくらいでいいと思います。

ポーチェラカの切り戻しの時期

  ポーチェラカの 切り戻しの時期は、6月中旬から8月ごろが適しています。

8月頃には株が弱くなってしまいます。

この時期に、たくさん花を咲かせている状態でも、切り戻しを行います。

出典元:シミズナーセリー

花がたくさん咲いてる時の切り戻しは、もったいないですが、切り戻しをすることで株への負担が軽減され、これから出てくる新芽を元気に伸ばしてくれ、秋には再び綺麗に花を咲かせてくれるのです。

ポーチェラカの切り戻しの位置

ポーチェラカは 放っておくと枝だけが、伸びていき花数が、減っていくので月に1回ほど、株の1/2まで切り戻しするとよいでしょう。

そうすることでわき芽が増えて、たくさんの色とりどりの花を咲かせることができます。

切り戻しの位置は、枝の長さのだいたい半分ぐらいのところで、新芽が出ているすぐ上あたりで切ると、よく育ち、葉の枝数も増えて花も増えていくことでしょう。

ただ、一度に全部切り戻しをすると、少々殺風景になるので、まずは枝数の半分ぐらいを切り戻し、2週間ぐらいたってから残り半分を切るとこんもりと咲き、見栄えもよくなるでしょう

また切り戻しを行った時は、液体肥料を少し与えます。

スポンサードリンク

ポーチェラカの花がら摘み

ポーチュラカは種をつけないので、花柄摘みは必要ありません。

花後の花柄摘みは結構面倒なんですが、ポーチュラカはしなくていいのです。

これはひと手間省けていいですよね

ポーチェラカの挿し芽の時期

ポーチュラカの挿し芽の適期は6月~9月です。

挿し芽は大変土に定着しやすく、20℃以上あれば、ほぼ90%の割合で簡単に発根します。

茎を10㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。

一番下の節の葉を取り除いたら、その節が埋まるように土に挿して下さい。

水挿しでも発根するので、切り取った挿し穂を水に挿しておいて、発根したら植え付けて下さい。

冬越しする場合は、秋口に挿し木苗を作り、室内に取り込んで管理すればいいです。

ポーチェラカの冬越し

耐寒性がないので、冬になると戸外では枯れてしまう一年草なのですが、秋に掘り上げて鉢に移植したり、挿し芽した苗を冬越えさせる事もできます。

出典元:趣味の園芸

晩秋の頃5度以上の、日当たりのよい室内で、水やりを控えめにして越冬させます。

冬を超して5月頃になったら植え替えて、葉が伸びたらまた挿し芽して増やせばよいと思います。

この様にして簡単にどんどん、増やせるのが嬉しいですね

挿し芽で増やせれば費用も掛からないので、お庭をポーチェラカの花畑にしてみて下さいね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です