ブーゲンビリアの花にトゲが多いのは水と肥料の与え過ぎ

ブーゲンビリアと言えば夏の花で、沖縄をイメージする方も多く、人気の高い花です。つる性植物なので、バラの様にアーチ型に、仕立ててるお宅も見かけます。私の姉の家のカーポートにも、毎年きれいなブーゲンビリアが咲き誇ってます。今日はブーゲンビリアの花を、たくさン咲かせるコツを調べてみました。

スポンサードリンク

ブーゲンビリアはどんな花?

ブーゲンビリアは、中南米が原産国の植物です。

出典元:葉っぱの岬

温暖な地域が原産国のため、暑さには強いですが、寒さには弱い植物なんです。

寒さには弱い性質がありますが、日本でも霜が降りなければ、戸外でも越冬できます。

花の色は、赤やピンク・黄色・オレンジ・白・紫などさまざまで、カラフルな花色に反して、香りがほとんどないという特徴があります。

寒い中でも11月中旬まで開花する珍しい花木です。

開花時期は、4月から5月と10月から11月です。

夏場の暑い時期は、いったん花が休みますが、秋になると再び開花します。

ブーゲンビリアの育て方

用土

土作りをする場合は、赤玉土の小粒を主体に、腐葉土:ピートモスを、7:2:1の割合で混ぜ合わせて作ります。

また市販の、草花用培養土でも可能です。

鉢植えにする場合は、根が荒いので主体になる、赤玉土には中玉を使うとよいでしょう。

※置き場所

ブーゲンビリアは、日光がよく当たる場所で、栽培しましょう。

夏の西日にも強く、照り葉なので葉焼けの、被害も少ないようです。

日陰では花が咲かない事が、多いようなので、鉢植えの場合は日の当たる場所で、冬季に室内に取り込みましょう

※植え付け時期

ブーゲンビリアの、植え付けに適している時期は、4月から6月です。

出典元:engey net

夏の暑さに強い特徴がありますが、夏の間に花芽をつけるためには、春の休眠明けにしっかりと、植え付けた方が、花が咲かないといった心配がなくなります。

※植え付け方法

地植えにする場合は、二回り大きな穴を掘って、土壌改良しておきます。

元肥を入れたら、根に直接当たらないようにしてから、ポット苗を取り出し、根鉢を崩さないようにして、植え付けます。

浅めに植え付けても、つるの重みで徐々に奥へと、めり込んでいくため、深植えしないように気をつけます。

つる性植物のため、植え付けた後は支柱を立てて、つるが絡まれるようにしておきましょう。

ブーゲンビリアの水やり

花を開花させるためには、日光と水がとても重要です。

出典元:花時間

ブーゲンビリアは、長期間にわたって夏場から残暑まで、花を咲かせるので、水やりが重要になってきます。

水やり方法は、夏場と冬場では違うので注意しましょう

①春の水やり

花を咲かせるためには、水やりが必要ですが、必要以上に与えてしまうと、葉茎だけが伸びて花が咲かないといった「徒長」が起こります。

冬の休眠期が明けてから、4月中旬までの間はたくさん茎が伸びるように、毎日しっかりと水やりを行いましょう。

4月の後半になって、暖かくなってくると、ブーゲンビリアに花芽をつける時期がやってきます。

②夏・秋の水やり

初夏に入る5月からは、ブーゲンビリアの花芽がつく頃です。

出典元:Breez from Yokosuka

この頃から長期間にわたって、花芽がいくつも付き続けるようになりますが、同じように水を与えてしまうと、徒長をおこして、花芽が成長しなくなってしまいます。

花が咲かないといったことがないように、水やりのタイミングで、開花を促進させましょう。

だいたい10月までが、花芽をつける時期なので、この期間はやや乾燥気味に、水やりを行います。

夏場は乾燥と熱さで、土壌が乾燥しやすいため、水やりはつるの先端の、葉のしおれ具合で様子を見ます。

土壌が乾いたころに、水やりを行うことで、根が下へ下へと成長し、花芽がつきやすくなります。

水やりが多すぎると、花芽ではなくとげに変わって、扱いにくくなるので注意して下さいね。

また、になってくると次第に、休眠期を迎えさせるために、水やりの頻度をさらに、極端に減らしていきます。

③冬の水やり

花の開花が終わった12月から、翌年の3月までは、ブーゲンビリアも、休眠期を迎えています。

秋の休眠期の前に、徐々に水やりの回数を減らし、耐寒性を少しでも高めるようにしておきましょう。

室内に取り込む場合も、同じように水やりを減らします。

水やりをし過ぎてしまうと、吸い込めなくなった根が、腐って枯れる原因にもなります。

冬の時期は、1週間に1回の水やりを、行えば大丈夫です。

朝晩はそのまま水が、霜になってしまうことがあるので、暖かい日中に水やりをしましょう。

スポンサードリンク

ブーゲンビリアの肥料

長期間花を咲かせてくれる、ブーゲンビリアに追肥は必ず施しましょう

肥料は、開花時期の4月~11月まで行います。

特に夏場は、夏バテをおこしがちなので、肥料が途切れないように注意しましょう。

※与える肥料

夏バテ気味になってきた場合は、即効性のある液体肥料を、水で薄めて施すと効果的です。

出典元:楽天

元肥として一握りの、化成肥料を与えていますが、追肥も同じで緩効性化成肥料を、株もとに置き肥するとよいでしょう。

鉢植えでの栽培の場合は、肥料切れの心配があるので、置き肥ではなく油粕などを株もとの土に埋め込みます。

窒素多過になりすぎると、花が咲かないこともあるので、肥料の成分をカリウムメインにするとより効果的です。

また水と肥料の与えすぎで、枝や葉が伸びる際、咲かなかった花芽が変化して、とげになってしまいます。

液肥は使わず、乾燥気味に育てると、とげも少なくなるでしょう。

こうしてみると、ブーゲンビリアは、水やりと肥料の与え方が重要なんですね

初心者はまずは鉢植えから始めてみましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です