地植えの桔梗の育て方と切り戻しや株分けの時期と種での増やし方

先日は「日本3大ききょうの寺」をご紹介しましたが、桔梗は明智光秀の家紋でもあり、戦国時代から愛されてる花だったんですね、きれいな紫の花を咲かせる桔梗は、現在絶滅危惧種になってますが、今回はそんな桔梗の育て方と、返り咲きさせるポイントをご紹介します

スポンサードリンク

桔梗の育て方

桔梗は、東アジアに広く分布する多年草で、日当たりのよい草原に見られます。

 

国内ではそのような場所が、激減したため絶滅危惧種になっています。

茎はまっすぐに伸びて、高さ10~120cm、先端近くに直径5~7cmの花を、~10数輪咲かせ、太い根は漢方薬にも利用されます。

桔梗は、古来より美しい花が人々に愛され、万葉の時代から観賞されていました。

栽培環境・日当たり・置き場

桔梗は日陰では栽培できないので、風通しのよい日なたで育てます。

桔梗の水やり

鉢植えの場合は、表土が乾いたら十分に与えます。

庭植えの場合は、よほど晴天が続いて乾燥しないかぎり、必要ありません。

桔梗の肥料

植え替えの際にリン酸と、カリウムが多めの、緩効性化成肥料を施しますが、根に直接肥料が触れないようにすることが大切です。

3月から5月の間は月に1回油かすと骨粉の等量配合の、親指大のものを5号鉢で3~4個施します。

6月から9月の間は、窒素、リン酸、カリウム液体肥料を、2000倍に薄めたものを、1か月に2~3回施します。

桔梗の病気と害虫

※桔梗の病気

病気は、主に夏に発生し、立枯病、茎腐(くきくされ)病が発生します。

立枯病は茎と根のつけ根あたりが腐り、茎腐病は根元近くの茎が腐る病気です。

水はけと風通しが悪いことで、過湿になるのが原因なので、地植えでは盛り土した上に植えるか、水はけのよい土に改良し、風通しをよくすると防ぐことができます。

※桔梗の害虫

クロウリハムシ、アブラムシ、ヨトウムシがつきます。

害虫は4月から9月に発生し、クロウリハムシは、オレンジ色の頭と身体に黒い羽をもち、つやのある体長1cmほどの虫です。

害虫は、見つけしだい捕殺するか、数が多ければ薬剤で防除します。

桔梗の用土

鉢植えの場合は、水はけのよい土であれば土質を選びません。

赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土のほか、市販の草花用培養土でもよく育ちます。

過湿にやや弱いので、地植えにする場合は、10~20cmほど盛り土した上に植えると、病気や根腐れの心配がありません。

一部の矮性の園芸品種は鹿沼土と赤玉土、軽石の各小粒を、等量配合したもので植えます。

ミニ桔梗もあるんですね、可愛いでしょうね

スポンサードリンク

桔梗の植えつけ、 植え替え

2月から3月の、芽出し直前に植え替えます。

よく増えてすぐに、根詰まりを起こすので、鉢植えの場合は毎年植え替えます。

庭植えの場合は特に植え替えの必要はありませんが、3年に1回は掘り上げて株分けして植え直します。

桔梗のふやし方

市販のタネや、自分で採取したタネを、冷蔵庫に保管して、2月から3月にまきます。

順調に育てば、まいた年に開花します。

桔梗の株分け

2月から3月の、芽出し直前に株を分けます。

自然に株が分かれている部分で分け、根茎を切って分ける場合は、切り口には癒合剤や殺菌剤を塗って、保護しておきます。

桔梗のさし芽

5月から6月に、新芽の先端をさします。

初心者が確実に増やすには、簡単に出来る株分けがいいと思います。

桔梗を返り咲きさせるポイント

切り戻し

最初の花がだいたい終わったら、茎の半分から2/3ほどを、残して切り戻すと、二番花を楽しむことができます。

こちらは「趣味の園芸」の動画ですが、解り易いので参考になさって下さいね

支柱立て

4月から5月に桔梗のそばに、支柱を立てます。

茎に1本ずつ添えるよりも、あんどん支柱を使って、まとめて支えるほうが合理的です。

桔梗の種の採取

8月から9月に桔梗の、熟した果実をとって、タネを集めます。

毎年増やした桔梗が、お庭から玄関まで続いてたらきっと素敵な小径になるでしょうね

最近は品種改良され、従来の紫の品種意外にも、清楚な白や可愛いピンク、2色咲き、八重咲きなどもありますので、お好きな品種を購入し育て、2年目には増やして楽しんでみませんか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「日本3大ききょうの寺ってどこ?それぞれの見どころや開花時期」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です