発泡スチロールのビオトープの作り方とメダカを入れる時のコツ

水辺ですいすい泳いでるメダカは、可愛くて癒されますね、庭に池がなくても、ビオトープを作れば、ベランダや玄関先で、メダカを飼育する事ができます。今回は初めてのベランダビオトープの作り方と、メダカを入れる時のコツをご紹介します。

スポンサードリンク

メダカのビオトープに必要なもの

ビオトープでの飼育は簡単ですが、最低限のものを揃えておかないと、水の維持が困難になります。

※必要なもの
• 容器
• 土
• 水草
• あみ
• スコップ
• 園芸用はさみ

ビオトープの容器

※発泡スチロール

発砲スチロールなら、廃物のリサイクルになり、費用も掛からず、ベランダなど狭い場所に便利です。

ビオトープで最もおすすめする容器です。

耐熱性と保温性に優れており、夏場や冬場の水温対策が楽になります。

欠点は耐久性が低いので、容器を移動させることが難しいことと、5年ほどすると新しい容器に、移し変えなければならないことです。

5年も持てば新品に変えればいいでしょう

※スイレン鉢

 

スイレン鉢は屋外で、メダカを飼育するときに使う代表的な容器です。

スイレン鉢のビオトープが、玄関のそばにあれば、おしゃれですね~

スイレン鉢は、横幅が狭いですが、高さがあるので、冬の全凍結を防ぐことができます。

水量も比較的多いので、水質の維持が簡単です。

欠点は水草を入れると、観察するスペースが、少なくなってしまうことです。

※ガラス容器

水槽でなくとも金魚鉢でも代用できます。

これを上手に使って、室内飼育のミニビオトープを、作ることができます。

涼しげでいいですね、手軽に涼を感じたいときにお勧めです。

ガラス越しにメダカが、泳いでいるのを見るのも癒されますね~

ただ水量が少ないので、寒くなる秋や冬は通常の水槽に、移動させてあげて下さいね。

ビオトープの作り方

ビオトープの作り方はとても簡単で、一般的な水槽と同じ要領です。

準備したばかりの水槽には、フンや餌の食べ残しなどの有害物質を、無害な物質へ分解するバクテリアがいません。

最初はメダカの数を1〜2匹に抑えて、週に1回は換水します。

2週間経過したら徐々に、飼育数を増やしていきます。

1. 容器を水洗いし、熱湯をかけて殺菌する
2. 容器に底床材を均一に敷き詰める
3. ポット苗の植物は、石やレンガで高さを調節してセットします。
4. 植物の根元から水面まで、5cm程度を目安に水を入れます。
5. 濁りが沈殿したら、他の植物をセットします。
6. 2週間以上置いてからメダカを投入します。

水道水をためるときは、バケツに汲んで1~2日ほど直射日光に当て、十分にカルキ抜きをしたものを使います。

急ぐときは、塩素中和剤(カルキ抜き剤)を使って下さい。

底床材は植物の植え込み材であり、バクテリアや微生物の、すみかにもなります。

通常、荒木田土、赤玉土、睡蓮用の土などを使いますが、ビオトープ専用の土もあります。

ビオトープ水槽の置き場所は?

ビオトープ水槽の置き場所は、水温差と水の蒸発を避けるために、直射日光が当たらない日陰に置いてください。

暗い環境だとビオトープに、大切な水草が成長しないので、適度な光も必要です。

置き場所はベランダや庭、窓際などどこでも置くことができます。

水槽に入れるメダカの種類は?

水槽に入れるメダカは、日本の野生種である黒メダカがお勧めです。

またオレンジ色のヒメダカでも、十分に飼育が可能です。

他の種類はビオトープでの、飼育に向いていないので、避けておきましょう。

スポンサードリンク

メダカを入れる時のコツ

メダカの数は5リットルに、1匹を目安に入れてあげましょう。

自然に繁殖していくので、最初は多くても5匹程度に、おさえておくといですよ。

メダカを、入れる時のコツは、ビオトープの水に慣らしてあげることです。

買ってきた袋に、ビオトープの水を少しづつ入れて、1時間ほどかけてゆっくりと、慣らしていきましょう。

メダカのビオトープでの餌のあげ方

メダカのビオトープを作ったばかりの時は、餌になるプランクトンが、発生していないので、1日1回は市販のメダカの餌をあげます。

その内、1ヶ月も飼育していると、容器に苔が増えてきて、プランクトンが発生するので、餌の頻度を落としてかまいません。

だいたい週に2回、1〜2分で食べきれる量を、あげるといいでしょう。

メダカの数が、少なければ餌なしでも大丈夫です。

メダカのビオトープの掃除方法

メダカのビオトープには、ほとんど掃除は必要なく、1年は水足しだけで問題ありません。

水草や苔が生えすぎると、水草に光が届かなくなるので、たまにコケを掃除したり、増えすぎた水草を間引いてあげましょう。

底砂に溜まった糞は、水草が栄養として吸収してくれるので、取り除く必要はありません。

ビオトープを作ってから、2年ほど経過したら全換水を行いましょう。

水替えが2年に1回なんて信じられませんが、ほったらかしでいいなんて、無精者の私はとても嬉しいですね。

全換水の方法は簡単

1. メダカ飼育水ごとバケツに移動させる
2. 水草を取り除く
3. 砂利を水道水で洗う
4. 水草や石を水道水で洗う
5. バケツの飼育水を1/3ほど戻す
6. カルキ抜きした水道水を容器に入れる

これは金魚を飼った事があれば、金魚の水替えと同じ要領です。

金魚は定期的に水替えしないとだめですが、メダカの糞は、水草が栄養として吸収してくれるので、取り除く必要がないなんて最高ですね

餌やりの回数も少なくて済みますし、何より水槽の掃除をしなくてもいいのが、嬉しいですね

ベランダにビオトープを作り、スイレンが咲いてるそばを、可愛いメダカがすいすい泳いでるのを、想像しただけでなんだかワクワクしますね

今年の夏も猛暑になりそうですが、ビオトープで爽やかな気分になり、暑い夏を乗り切りましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「ベランダでビオトープとは?メダカが喜ぶお勧めの水生植物の種類」

「屋外でのメダカの飼い方・ビオトープでの暑さ対策と産卵はいつ?」

「屋外のビオトープでのメダカの飼い方・購入時の選び方や越冬のコツ」

3 Comments

留ちゃん

こんにちは。
九州在住の留ちゃんです。
今年の8月から、ヒメダカを鉢で買っていて、当初は室内で。でも、かなり死なせてしまいました。暑かったのかもです。
2週間前から、ちょっと遅いですけど、太陽光が良いのかと屋外に置いたら、死ななくなりました。
ビオトープで飼いたいのですが、アドバイスお願いします。

返信する
miu

コメントありがとうございます。
今年は猛暑だったので、水温がかなり上がったせいだと思います。   
草花も朝に水やりしても、数時間もすればぐったりして、しおれてたので、メダカも多分暑さに耐えれなかったのでしょうね
残ったメダカを育てるには、これからの管理が大切なので、こちらの記事を参考になさって下さいね
「屋外のビオトープでのメダカの飼い方・購入時の選び方や越冬のコツ」

返信する
留ちゃん

ありがとうございます。
色んな部材等を準備すればそれなりに育つのでしょうが、貧血投資して試行錯誤やってみるつもりです。先ずは、越冬の為に発泡スチロールと赤玉土を準備する予定です。メダカとはいえ、動物を飼うのは大変ですねー

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です