育てやすい夏の花ペチュニア・ガーデニング初心者が失敗する原因

ここ数日、初夏を思わす程、気温の高い日が続いてますが、園芸店にはもう夏の花の苗が出てますね、ビオラは摘心すれば7月ごろまで咲きますが、パンジーはそろそろ抜いて、夏の花に植え替える時期ですね、夏になると鉢からこぼれんばかりに咲き誇る、ペチュニアを園芸店で見かけますが、なんだか難しそうで、ペチュニアは買った事はないのですが、初心者が花を枯らしてしまう原因を、チェックしてみました。

スポンサードリンク

ガーデニング初心者が失敗する原因

初心者が、なるべく手間を掛けずに、ガーデニングを楽しむためには、「花のもちがよく、長い期間花が咲き続けること」というお花を選びたいですね

でもせっかく、そんなお花を買ってきても、なぜか枯らしてしまうのが初心者なんです。

それはどうしてなんでしょうか?

●水と肥料のやり過ぎで枯れてしまう

●日当たりが良すぎたり、逆に日が当たらなくて枯れてしまう

●花がら摘みをしないので、病気になったり、花が咲かない

植物は大事にし過ぎても、ダメですが、ほったらかしでもダメなんです。

人間と同じで少しはかまってあげないと、きれいなお花を咲かせてくれないんですね

花を育てるのに大切な4つの事

鉢いっぱいにこんもりと、お花が咲いたらきれいですが、ほったらかしでは伸びすぎて、鉢の真ん中があいてしまいますし、摘芯をしないと花姿が乱れて、きたなくなるんです。

私も、初心者の頃は「摘心」なんて言葉も意味も、解りませんでしたが、どうしたらあんなに鉢いっぱいの、お花が咲かせられるのか調べたら、次の事がわかりました。

●土選び・水やりのしかた・肥料・摘心この4つの事が植物を育てるのには、大切だとわかりました。

そしてその通りに育てたら、お花が鉢いっぱい咲く様になり、とても嬉しかったです。

これはハンギングにした、ペチュニアですが、きれいですね~

お花をこんもり咲かせるには、摘心が大切です。

育てやすい夏の花ペチュニア

ペチュニアは、開花期が4月から10月と長く、日向を好み夏の寄せ植えの定番とも言えます。

名前は知らなくても、今までに見たことのある花ではないでしょうか。

ペチュニアは鉢を使った、寄せ植えがきれいですね

他の花との組み合わせもいいですが、ペチュニアにはとても、たくさんの花色があって華やかですから、ペチュニアだけで、色の組み合わせを楽しむことも出来ます。

大きく育っても背丈は、30センチから50センチ程度と、大きくなりすぎることもありません。

ペチュニアを長持ちさせるコツは、「花に水を直接かけないこと」です。

水やりは根元にあげ、梅雨時期の長雨時は鉢を、軒下に移動できるとよいです。

また、咲き終わった花がらは、こまめに取り除いてあげると、次の花がつきやすくなります。

水の管理と花がら摘み以外では、ペチュニアを育てるのに、難しい作業はないので初心者向きです。

肥料を定期的に入れてあげるだけで、初心者でも花を咲かせ続けることができますよ。

植物を育てるのは、ちょっとしたコツさえわかれば、見事にお花を咲かせてくれます。

ガーデニング初心者は、最初は失敗しますが、色々やってみて、きれいなお花が咲いた時の、喜びはひとしおですので諦めず、まずは簡単なお花を育てる事から、チャレンジしてみて下さいね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「ペチュニアの育て方・こんもり咲かす為の植え付けの時期と鉢の大きさ」

「ペチュニアの花をたくさん咲かせる為にする摘芯と切り戻しの違い」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です