もやしに栄養は無いは嘘!種類と効能や保存法とやみつき人気レシピ

もやしは家計費ピンチの時に、頼りになる食材ですね。1袋あたり約35kcalと低カロリーで、スーパーで15円~30円と安価です。もやしには、栄養はあまりないと思われがちですが、疲労回復や、リラックス効果のある成分も含まれているとのことなので、今回は安くて栄養価の高い、もやしについてご紹介します。

スポンサードリンク

もやしの栄養素

もやしは豆を発芽させたもので、他の野菜に比べて多くの、タンパク質を含んでいますが、発芽により豆にはない新たな栄養素が生み出されるそうです。

もやしが野菜の王様と呼ばれる理由は、その発芽パワーにあります。

 

大豆もやしの場合、種子の状態ではほとんど、含まれていないビタミンCが、発芽後にはなんと5倍に! 

ビタミンB2も3倍に増加します。

また、近年注目を浴びているアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、発芽に伴って生成されることが科学的に証明されています。

大豆もやしには、アスパラギン酸が、アスパラガスの2倍も含まれていて、さまざまな野菜の中でも、トップクラスの含有量とのことです。

また、発芽することで劇的に増加するGABA(ギャバ)という成分も含まれています。

含有量はそう多くないものの、GABAには精神の安定に働きかける、リラックス効果があり、ストレスを緩和させ血圧を安定させる作用もあります。

ビタミンC

抗酸化作用は、悪玉コレストロールによる、体内のサビを防ぎ、鉄分の吸収を促し、血管を強くして、動脈硬化による心筋梗塞や、脳梗塞の予防に有効です。

お肌のハリをもたらす、美肌効果があり、老化予防にも期待できます。

アミラーゼ

消化を助けてくれる酵素ですから、夏バテや暴飲暴食などで、弱った胃腸を正常な状態に戻して食欲不振を解消してくれます。

食物繊維

便秘解消、糖尿病や大腸ガン、肥満の予防にも役立ちます。

アスパラギン酸

疲労の原因となる乳酸の分解を、促進させる働きがあるので、疲労回復の効果もあります。

カリウム、鉄分、葉酸

血圧を安定し、傷ついた血管を修復します。

また葉酸の持つ造血作用は、貧血に悩む女性には、強い味方と言えますね。

もやしの種類

もやしの種類は3種類あります。

●緑豆もやし

スーパーで大量に置いてあるのが、このタイプで春雨の原料である、緑豆を発芽させたものです。

用途:ラーメンや炒めもの、鍋ものに使用されてます。
特徴:国内では9割ほどを占め、やや太めでくせのない味です。

●ブラックマッペもやし

ブラックマッペ(黒緑豆)を発芽させたもやしです。

緑豆もやしよりやや細く硬め、水分も緑豆もやしよりは少なめです。

用途:ラーメン、焼きそば、お好み焼き、おひたしなどに使用します。
特徴:緑豆もやしよりやや細く、ほのかな甘みがあります。

●大豆もやし

豆がついたまま食べる「大豆もやし」は、大豆よりもヘルシーに、大豆イソフラボンを摂取できます。

100キロカロリーの大豆を、食べた場合よりも、100キロカロリーの大豆もやしを、食べた場合の方が多くの、大豆イソフラボンを摂取できるんですよ

これは女性にとっては嬉しいですね~

用途:炒めもの、ナムル、スープ、鍋ものに使用します。
特徴:豆がついたまま食べます。味が独特。

通常のもやしは、さっとゆでるのに30秒ほどですが、大豆もやしは、豆に火が通るまで3~4分加熱します。

豆が硬いと食べづらいですから… 大豆もやしはナムルによく入ってますね

もやしのゆで時間

もやしに含まれるビタミンCと、カリウムは水溶性の成分ですので、茹でて加熱しすぎると、80%もお湯に流れ出てしまうんです。

そこで、お浸しや和え物に使用する時の、茹で時間は短くして、栄養成分の流出を防ぎましょう。

沸騰してから30秒ほどで、お湯から上げれば栄養成分の流出を防げ、シャキシャキ感が味わえますよ

もやしの保存方法

もやしは、一度水洗いしてから保存する方が、日持ちしますが買ってきて、袋ごと冷蔵庫に入れる時は、ハサミで袋に小さな穴を、開けてから保存して下さい。

こうする事で、もやしが呼吸する通り道が出来て、湿気がこもるのを防いでくれ、日持ちしますので試してみて下さいね

冷凍保存もできますが、使用する時は、解凍するとしなっとなってしまうので、冷凍したまま使います。

もやしのやみつき人気レシピ

※材料

• もやし 1袋(200g)
• ごま油 大さじ1
• 白いりごま 大さじ1/2
• 中華スープの素 小さじ1
• 醤油 小さじ1/2
• にんにくチューブ 2センチ
• 塩 ひとつまみ

 

※作り方

1. もやしを耐熱容器に入れ、塩ひとつまみをふりかけ、ざっくりかきまぜます。

2. 耐熱容器にふんわりラップをかけ600wの電子レンジで2分加熱します。

3. 加熱後、箸でかきまぜ手でさわれる位まで冷まし、手で絞って水気を切ります。

4. 容器に水を切ったもやしを入れ、最初に中華スープの素、小さじ1を入れよくまぜます。

5. 次に、醤油小さじ1/2、にんにくチューブ2センチ、ごま油大さじ1、白いりごま大さじ1/2を入れ、かき混ぜれば完成です。

このレシピは「つくり置き食堂BYまりえごはん」さんのブログより、引用させて頂きました。

画像は大豆もやしですが、本当に一度食べたら、やみつきになる程おいしかったので、あなたも今夜の夕食の一品にいかがでしょうか?

もやしのお陰で、栄養も摂取出来、きっと今夜の夕食は節約でき、ごはんが進むことでしょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「スプラウトとは?発芽野菜の種類と驚きの栄養素・育て方や効果的な食べ方」

「豆苗の再生栽培は何回まで?豊富な栄養素や育て方の3つのポイント」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です