パンジー・ビオラの花を夏まで長く楽しむ方法は?切り戻しや摘心のポイント

昨年の冬に植えた、鉢植えのビオラが満開ですが、そろそろ株も疲れてき、花姿も乱れてきます。

来月には思い切って抜いてしまい、夏の花に植え替える方もいらっしゃいますが、せっかくなので、もう少しビオラの花を、咲かせ楽しみたいと言う方もいるでしょう

今回はそんな方に、ビオラの花を7月まで咲かせる為にする、切り戻しの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

パンジー・ビオラを夏まで咲かせる

パンジー・ビオラは、徒長をさせず切り戻しを繰り返し、花は1週間楽しんだら、また切り戻しのような、サイクルで管理すれば、最長7月まで花を楽しむことが可能です。

そのためどこまで、パンジー・ビオラを咲かせられるかに、挑戦したい人は徒長させず、頻繁な切り戻し作業を6月くらいまで、繰り返して7月に咲かせてみましょう。

ビオラはパンジーと共に、秋から翌年の春までと、開花時期が長いため万が一、育てはじめに間違えて、花芽ごと切ってしまったとしてもまた花芽が付きます。

我が家のビオラも元肥をしっかりやって、植え付けたので、追肥をしなくても、ほったらかし状態ですが、花をたくさん咲かせてくれてます。

せっかく奇麗に咲いてるのに、切り戻すと花がなくなるので、淋しいのですが長く楽しむ為に、思い切って切り戻し作業を始めようと思います。

ビオラの切り戻しの方法

ビオラの株を切る方法には【摘芯】【切り戻し】の2種類の作業があります。

両者はどちらも、株を切ることによって花付きを、良くすることには変わりないのですが、厳密にいうと違います。

簡単に説明すると【切り戻し】とは成長して伸びた株を、切り詰め株を再生させて、新しい花芽を付けさせるために行う作業のことです。

【切り戻し】をする位置は、草丈の1/2~1/3を残し、その位置にある花芽の上で切ることです。

※切り戻しを失敗した場合

花芽の下で切ったことにより、花芽ごと切ってしまった為、咲かないということになります。

これは明らかに切り過ぎですよね~

花芽はよ~く見ればわかります。

葉の付け根部分が少し膨らんでいます。

よく4月の中旬以降になって、切り戻しをしたんだけど、花が咲かないので失敗した?と思う人がいますが、この時期の切り戻しに、成功と失敗はあまり関係がありません。

というのは、まずビオラの株は去年の、秋ごろから栽培しているため、いいかげん株が疲れてきています。

なので、再びたくさん花芽を付けるには、相当なエネルギーがいりますので、冬に2週間に1回きっちり追肥を、行い丈夫な株に育てなければ、春に切り戻したところで、再生しにくいケースがあります。

またビオラの生育適温は、4~15℃で20℃を超えると、株が急速に衰弱してきます。

そのため4月のはじめと後半では、気温もかなり違いますから、4月以降の切り戻しは、冬に行う切り戻した結果ほど期待しない方がいいです。

追肥は株を丈夫にする為に、重要な作業なんですね

スポンサードリンク

ビオラの摘心の方法

ビオラは頑張れば、7月くらいまで花を咲かせることができます。

摘芯とは、苗が若いうちに元から出ている茎を、カットすることにより、脇から枝を出させ枝分かれさせることです。

枝分かれしてまた茎が伸びてきたら、茎の節の上でカットすると、また脇から枝が出てきます。

そうやって枝分かれさせていくことにより、株が間延びせずにギュッと締まった、こんもりとした株を作ることができます。

結果そのように、枝数を増やすことにより、花芽を多くつけさせることが出来るのです。

近所のお宅で、鉢花をあふれんばかりに、こんもり咲かせてるのを見て、どうしたらあんな風になるのか不思議でしたが、この様な摘心作業をこまめにされてるんですね

「摘芯作業」今度、苗を購入したら、私もさっそくやってみます。

切り戻しと摘心の違い

両者の違いはまず行う時期が違います。

摘芯は幼苗の時のおこなう作業です。

切り戻しは株が成長した後に行う作業です。

どちらも目的の花を数多く、咲かす株を丈夫にする、という点では同じです。

切り戻しや摘芯してはいけないのはどっち?

摘芯に関してはビオラはOKです。

それはなぜかというと、ビオラはパンジーに比べて、花も小さく花数も多く咲くからです。

したがって秋の早いうちであれば、摘芯してもまたすぐに、成長でき花芽も付けられます。

しかしパンジーの場合は、花も大きくビオラに比べれば、咲かせる花数も少ないです。

そのため摘芯をしてしまうと、次に花芽をつけるまで時間がかかるため、パンジーの場合は切り戻しだけでなく、摘芯もするのもやめましょう。

何でもかんでも切り戻しや、摘心をすればいいものではないんですね~

野菜も花もそれぞれに合った、切り戻しや摘心があるので、くれぐれも間違っても花芽は切らない様にしましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です