はじめてのベランダ菜園・プランターにキュウリを植える時期や上手な植え方

これからの季節に、ベランダ菜園をするなら、夏野菜の定番のトマトやキュウリを植えてみたいですね

キュウリは初心者には難しそうですが、病気に強い接ぎ木苗なら、プランターでも美味しく立派に育てられます。

地植えにするスペースがない、ベランダしかないという場合でも、プランターで見事なキュウリを育てることができます。

自分で栽培した、もぎたての新鮮キュウリを、味わうのは最高ですね

今日は失敗しない為の、キュウリの管理の仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

キュウリを植える場所

キュウリは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。
乾燥は苦手な上、過度に乾燥すると病害虫が発生する可能性があります。

室外機の風が当たるような場所には、プランターを置かないようにしましょう。
また、壁などに挟まれて風通しが悪い場所も、キュウリは苦手です。

ですので、ベランダではプランターの置き場所に気をつけましょう

プランターと土選び

キュウリは水切れに弱く、実をつけ始めると多くの水を欲しがります。
そのため、キュウリを育てるプランターは、土がある程度たくさん入るものを選ぶようにします。

1株あたり20リットルくらいの土が入るのが理想です。
市販されている大型の深型プランターで、45リットルほど土が入るのがお勧めです。

複数の株を植える場合は、株間を30cm~40cmほどあけるため、2株植え付けるのであれば、最低でも60cmの幅が必要となります。

キュウリのプランター栽培で使う土は、市販されている野菜用培養土で十分です。

 

鉢底石は玉ねぎや、ミカンが入ってたネットに入れると、用土を入れ替えるときに楽です。

鉢底石を入れることで水はけが良くなり、生育が良くなるとともに、病気の予防にもなります。

鉢底石の上から、用土を入れます。

用土はプランターの縁から2cm~3cmくらい下まで入れ、土を入れたら、表面を平らにならしておきましょう。

キュウリ苗の植え付け時期

キュウリ苗の植え付けは、気温が十分上がってからにします。

だいたい5月上旬~5月中旬が適期です。

5月に入ってから植え付けても、寒さが心配な場合は、株がある程度育つまで、ホットキャップなどの防寒具をかぶせておきます。

こうして愛情をかけて枯らさない様にするんですね

キュウリ苗の植え方

キュウリ苗は、植え付ける前、まずはポット苗に水を、たっぷりと与えておきます。
次に植え付ける予定の場所に、ポットのまま苗を仮置きして場所を確認します。

植え付ける場所が決定したら、植穴を開け植え穴にも水を入れ、十分に水を染み込ませておきます。

ポットから苗をはずし、少しだけ浅植えになるように植え付けます。
植え付け後は、プランターの底から水が出るまで、十分水を与えておきます。

スポンサードリンク

キュウリの支柱

キュウリ苗は植え付け後、すぐに仮支柱を立てます。
仮支柱を立てることで、まだ弱い苗が強い風を受け、ツルが折れたり葉がちぎれたりするのを防げます。

株が少し大きくなったら、本支柱を立てます。
支柱のみを立てたり、支柱とネットを組み合わせたりして、ツルを誘引する場所を作ってあげましょう。

キュウリの水やり

キュウリは水切れに弱い野菜ですので、植え付けてすぐは、まだ根が活着していないため、水切れを起こしやすい状態なので、乾かしすぎないようにします。

10~14日後、キュウリの苗が根付いてからは、プランターの表土が乾いたら、底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

実がつき始めると、水分を吸いあげる力がとても強くなるため、毎日、プランターの土の乾き具合を点検します。

朝に水を与えても、夕方には乾いていることがありますので、その場合は、夕方にも水を与えるようにします。

水やりが少ないとまっすぐ育たず、曲がってしまう様です。

キュウリの追肥

キュウリは、植え付け2週間後くらいから、追肥を開始します。
2週間に1回のペースで、化成肥料を1株につき10gほど与えます。

あるいは、1週間に1回のペースで、規定通りに薄めた液体肥料を水代わりに与えるようにします。

キュウリは次々と花をつけて実を多くつけるため、肥料切れを起こすと実付きが悪くなったり、奇形果が実ることがあります。
定期的な追肥を忘れないようにしましょう。

ここまでは初心者でも、なんとか出来ますが、この後次々と収穫する為には、摘心や病気対策・害虫駆除など少し手間の掛る作業がありますが、それをすることにより、収穫量が随分違ってきます。

たいていの初心者はこの後の、管理が解らず枯らしてしまいます。

私もそうでしたので、今年はたくさん収穫したいので、頑張ってみようと思いますので、次回は摘心と病気対策や害虫駆除の事をご紹介します。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「失敗しない初めてのベランダ菜園・病気に強いキュウリの苗の選び方や育て方」

「ベランダ菜園キュウリの育て方・収穫量を多くする為にするべき摘芯と摘葉の方法」

「はじめての家庭菜園・キュウリが曲がったり苦いのは水不足・肥料過多が原因だった」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です