卓球・水谷隼はなぜサングラスなのか?全日本選手権優勝後の記者会見で引退表明

日本のエースとして卓球界を牽引し続ける水谷隼

前人未到の全日本選手権V10を達成し、優勝直後の優勝インタビューで「今回の優勝で全日本選手権は最後にします」と衝撃の発言をし周囲を驚かせました。

記者会見でもその本当の、理由を語りませんでしたが、優勝から2日目の卓球王国のインタビューで、その全てを語りました。

最近は試合中にサングラスを、つけてのプレー姿を見かけますが、ライトで球が見えないとか、視力が極端に落ちて球が見えないとか、引退するのではと囁かれてました。

水谷選手に今いったい何が起きてるのでしょうか?

スポンサードリンク

水谷の視力が落ち球が見えない

日本のエースとして卓球界を牽引し続ける水谷隼、1月には10回目の全日本選手権優勝という、偉業を成し遂げたばかりです。

優勝から2日目の卓球王国の、インタビューでそのすべてを語りました。

「見えないんです。この1年間、かなりキツかった」

自分の目の症状について「日常生活に支障はない。でも “特定の条件”になった時に、球がまったく見えない。つまり、卓球台の周囲が暗くて、台にだけ白い光が当たっている。

そして周囲が電光掲示板で、囲われている場合、ほとんど球は見えていません」と明かしました。

Tリーグにしろ、ワールドツアーにしろ、大抵の場合、大きな試合であれば客席が暗く、卓球台はライトアップされ、周囲はLED掲示板の、スポンサー表示が並んでいます。

もしこの言葉が本当なら、大舞台の試合はほとんど球が、見えていなかったということになります。

これが事実なら今までの試合は感覚だけで、プレーしていたと言えますが、それはとても信じがたいですね

水谷の視界はどうなってるのか?

水谷選手の視界に、相手はどんな風に写っているのでしょうか?

「まず相手がボールを構える。その時に(掲示板と)かぶって、フッっと球が消えるんです。その後、打球の音だけが聞こえる。

ボールはネットを、越えたあたりから突然現れる。

この1年の僕のプレーを見てもらってもいい。

まったく逆をつかれて驚いていたり、ラケットの角に当たって、返球してる場面が本当に多いんです」。

普段冷静な水谷選手が、悔しさをにじませる。

「正直現役引退も考えていました。卓球やっていても悲しいんですよ」。

卓球は目が物を言うスポーツです。

相手のフォームを“観察”し、球の回転を瞬時に“見切り”瞬時にコース“目がけて”打ち返す。

文字通り眼は卓球選手の、命綱といっても過言ではないでしょう

しかし見えてないのに、感覚だけであれだけのプレーをし、優勝までしてしまうって凄すぎますよね

でも目が見えないってのは、やはり致命傷ですし、精神的にもかなりきついですね

水谷の視力が落ち始めたのはいつ?

水谷選手が視力に、悩み始めたのは5年前のことです。

もともと水谷選手の視力は、両目ともに1.5ほどあったにもかかわらず「当時、なぜか左目だけ急に0.3くらいまで落ちて、近視と乱視のような状態になった。

ちょうどその頃から電光掲示板が、卓球の試合に導入され始めて、なんか気になるなぁ…って思い始めました。

水谷はレーシック手術をした

水谷選手はその頃、左だけレーシック手術をしました。

そして視力を元に戻してからの、5年間は“黄金期”を迎えました。

ロシアリーグの活躍に、リオ五輪で初のメダルを獲得し、2017年には世界ランキング4位と過去最高でした。

しかし2018年1月頃、水谷選手の視界に再び異変が訪れます。

ボールが見えにくくなっていたため、検査をしたところ、右目の視力が落ちていました。

「ほんの少し右目に乱視と近視がありました。本来は手術する必要性は、全くなかったのですが、少しでも良くなればと思い、レーシックをしたけど改善できなかった」と語ってます。

近視を改善しても、なお解決されない視界不良、その原因は水谷の両目に施した、レーシックとは関係ないのでしょうか?

水谷選手はその可能性について、はっきりと否定し「アメリカに行って専門医にも、見てもらったのですが、レーシック自体の経過はまったく問題ないんです」

それなら球が見えなくなる原因は何なんでしょうか?

スポンサードリンク

水谷の目が見えない理由はメンタル?

この1年の調子について水谷選手は「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」とまで言い切るが、悩んでばかりもいられないので、苦肉の策として選んだのが、サングラスの着用でした。

「サングラスをつけると少しマシですね。5割くらいの力はなんとか出せるようになった」

しかし水谷選手の「全盛期の3割」という発言と、最近の成績がまったく、比例していないのが不思議ですね

Tリーグでもチームを優勝に導き、全日本選手権では前人未到のV10を達成、3月のトップ12では準優勝という、輝かしい成績を残しているのです。

「全日本の決勝は相手が、大島(祐哉)だったから自分が主導権握って、フォアでゆっくりラリーを展開できた。こういう試合だと、コースも回転も予測できる。それでもだいぶ“勘”でしたけどね(笑)。優勝できて自分が一番驚いたともコメントしてました。

照明が原因であれば、他の選手も同様の悩みを抱えているはずですね

今年の全日本選手権で、2年連続3冠を達成した、伊藤美誠選手に聞いてみたら「確かに台の真上にライトがあったり、正面に照明があると、見えにくくなることがあって、その場合はITTF(国際卓球連盟)に指摘します。

あと、目線の先にライトが来ないようにお願いしています。

コートの後ろのLED広告は、ラリー中に変わらなければ大丈夫。ただ白はやめて欲しい」と語るが「球が消える」ほどではなさそうです。

水谷が引退を決めた瞬間とは?

全日本は、ワールドツアーや、Tリーグとボールが違うために、大会3日前まで用具を、決められなかった。

そして、大会が近づくと「つらくて逃げだしたくなった」とも話してました。

そのピークは、丹羽孝希との準々決勝を、控えた土曜日の朝でした。

その時に、「今回を最後の全日本にしよう」と決めたと言うことです。

そして五輪レースで争う丹羽選手に対しては、「周りのみんなは世界ランキングが高い丹羽選手が、自分より強いと思っている。ここで実力を示したい」という強いプライドがありました。

その弱気な水谷選手の根底には、彼の「目の問題」がありました。

「ボールが見えない」と言う事を、彼は会見でも語らなかったのでしょうか?

視力の問題ではなく、緊張状態にある時にボールが、見づらくなるというので、本人しかわからない、やっかいな問題を抱えていました。

水谷にプレッシャーを掛けるのは何?

試合中に球が見えなくなるのは、照明や視力の問題だけではなく、何か精神的な問題が要因ではないでしょうか?

「張本の力じゃないですか。試合をしてないのに、圧をかけてくる存在感ですかね」

前年度、決勝で敗れた張本智和選手と戦うことなく、全日本の舞台から去る水谷選手ですが、「それは勝ち逃げでしょ?」と言うと、「なんと言われても構わない。ぼくは待っていた。張本が来なかっただけ」と言った。

水谷選手自身、追い詰められ、苦しみ抜いた全日本選手権でした。

なぜ今まで何度も、優勝している王者がそこまでの、状態になったのでしょうか?

「全日本は重みがあるんです。全日本で優勝することは、そこを乗り越えなければならない。

乗り越えられたのは、身を投げる覚悟を持ったからで、その時に、来年はこの苦しみは、乗り越えられないと思った。

だから、ここで優勝したら、これで全日本は終わりにしようと、最後に決めたのは土曜日です。

そこで吹っ切れました」と水谷は語っていました。

「去年、張本に負けたことで,自分が何かを変えたいと思ったことはない。

でも、周りが変えようとしたから、それを振り払っていた。

前陣で戦えないと勝てないと、たくさん言われたけど、そこで自分を見失わないようにすることを意識していた。自分は自分らしくやるだけだと」

ここでは張本選手に対する、水谷自身の特別な感情を、吐露しているインタビューでした。

チャンピオンになりながらも、張本の存在を認め、日本のエースの座を15歳の若者に、託そうとする水谷選手でした。

なんだか、ここまで書いて切なくなってしまいましたね

水谷選手の心の葛藤や苦しみが、手に取る様にわかり、胸が痛くなりました。

今はゆっくり休養し、早く本来の自分を取り戻してくれる事を望みます。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です