60歳からの若返り美容とは?間違ったお肌のお手入れがしみ・くすみの原因

だんだん歳を重ねると身体と共にお肌も、くたびれて来ますが皆さんは、どんなお手入れをされていますか?

え? もう諦めて放置してる?

女性は、いつまでも綺麗でいたいのは誰もの願望ですし、まして高齢になると放置してると、ますます汚くなり老けてしまいます。

もう鏡を見るのも嫌になり、まして「写真なんてとんでもない」と言う心境になってしまいますよね

でも諦めないで下さい!

いくつになってもお肌は修復出来て、高価な化粧品を使用しなくても、日々の簡単なお手入れで綺麗なお肌を取り戻せます

今回は美容歴13年の私が、お金をかけずに簡単で即効性のある、お肌修復術をご紹介します。

ホワイトクレイとW酵素で古い角質・黒ずみをオフ【NALC ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォーム】

60歳からの若返り美容とは?

私は美容歴17年で、主にシニア世代の方への、シンプルエステの施術をさせて頂いております。

これまで、沢山の方のお肌をお手入れさせて頂き、お客様とのお付き合いも、長い方はかれこれ10年になります。

お客様は60代~80代で皆さん最初は、お肌がとても硬くて色黒でしたが、2~3ケ月もすると、あか抜けてお肌がもち肌になり、鏡を見るのが楽しみになったと喜ばれています。

外出の機会も多くなり、お手入れが楽しいと言われてます。

私もこの仕事を始める以前は、精神的にも経済的にもゆとりがなく、美容には全く興味がなく、日々の生活に追われて、それこそ自分の顔を、ゆっくり鏡で見る時間もありませんでした。

ところが50代の時に、何十年振りかで同世代の友人と会った時に、友人のお肌がとても綺麗で、それに比べて自分は「随分老けてお肌もくすんでるなあ」と感じたのと、生まれて初めてエステを体験した時に、お肌がワントーン明るくなり、心まで明るくなったのを覚えています。

その後、美に目覚め50歳でエステの資格を取り、60歳からでもお肌修復術で美肌に慣れる事がわかりました!

間違ったお肌のお手入れ

なぜしみが出来たのか?

色々調べた結果ですが、お肌が荒れてる時に保湿をしようと美容液や、栄養クリームをつけますが、それってその時は、しっとりしますが、実際はお肌の真皮まで届かず、上からふさいでるだけなので、お肌自体は変わりません。

(毛穴の汚れが取れてない上に、油分を乗せているだけなんです)

※私のしみが出来た失敗談
アイシャドウや頬紅は、100円ショップのでいいと使用したら、頬にしみ、まぶたが黒ずんでしまった。

秋にお肌がかさかさで化粧のりが悪いので、栄養クリームを塗って外出して、直射日光に当たりしみが出来てしまいました。

私は、色々試行錯誤した結果、高価な化粧品を使用せず、自宅での簡単お手入れで、美肌は取り戻せる事を実感しました。

お肌は美容液や栄養クリームを、上から足して行く足し算でなく、まずは毛穴を開き、お肌の汚れを取ったり、角質を落としてやると、高価な美容液や栄養クリームを使用しなくても、化粧水と乳液だけでもしっとりします。

足し算美容でなく、引き算美容でお肌はどんどん変わる事に着がつきました!

そこから私独自の「10歳若返る美容法」が始まったのです。

美肌になる簡単お手入れ

◎朝の洗顔  ぬるま湯で洗顔フォームを泡立てて洗う

(水では汚れは落ちない、熱い湯だと皮脂が落ち過ぎ、肌の保湿機能が低下し乾燥を招きしわが出来る)

◎洗顔後のお手入れ

化粧水・乳液・下地クリーム(日焼け止め効果のある)メイクをする

以前は基礎化粧品を4~5個使ってましたが、今はオールインワンジェル一つしか、使用してないのでとっても簡単です。

◎粉おしろいでの仕上げはしない

(粉おしろいをつけると、お肌が皮膚呼吸出来なくなり、毛穴に汚れがたまり、くすんだ肌になります)

※パウダーファンデーションは、仕上がりが粉っぽくなり、秋にはお肌がかさかさになります。

粉おしろいをしなければ、毛穴の汚れは汗をかけば皮膚の外に出て来ます。

多少化粧くずれはしますが、すぐにファンデーションを塗れるので、いつも艶肌でいられますよ

◎夜のお肌のお手入れ

①まずは、クレンジングクリームでメイクを落とし、お風呂に入れば、洗顔は一番最後にする。

(一番最初に洗顔すると、放置する時間が長くなり、お肌の保湿機能がなくなり乾燥しやすくなります)

身体を洗ったり洗髪してる間に、汗をかき毛穴が開くので、汚れが浮き出てき毛穴の汚れも取れます。

お風呂から上がったら、3分以内に毛穴が開いてる内に素早く美容液を塗り、なければ保湿機能の高い化粧水を塗り、その後乳液か栄養クリームで保護すればOKです。

休日のお手入れ

①蒸しタオルパック

タオルを濡らしナイロン袋に入れ(口は開けておく)電子レンジで、20秒~30秒加熱した物を顔にあてます。

②蒸しタオルで、毛穴が開いたらぬるま湯で洗顔します。

③ふき取り化粧水で角質を取る(お肌がワントーン明るくなります)

④保湿パック(お手持ちの化粧水を、顔の形のパックシートに浸した物を広げて顔に乗せ、かわかない様にその上から乾いたタオルを乗せて、パックシートが乾く迄待ちます。

パックシートをはずしたら、お顔全体を指でタッピングすると、血行が良くなりお肌の新陳代謝が活発になり、血流がアップするので、早く美肌になれます。
(人差しゆび、中指、薬指の3本でタッピングする)

後は、お風呂上がりの後の手順で、お手入れします。

これをする事により、数か月で硬かったお肌が、柔らかくなりすべすべのもち肌になります

続ける内にしみも薄くなり、透明感も出て来ますので是非お試し下さい。

こうする事で、お金をかけずいつまでも若々しくいられます。

お肌がすごく荒れてる場合は、月1回~2回のエステか小型スチーマーを購入して使用するのが、お勧めですね

お肌が綺麗になると、心までうきうきしますよね

いつまでも元気で、若々しくありたいものですね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です