女性の抜け毛の原因・秋に増えるトラブルは夏のケアの仕方で減少する

秋は1年でもっとも抜け毛が増えるシーズンですが、夏の疲れやダメージが秋になって、髪に現れると言われています。

その為、秋の抜け毛は一時的なものですが、頭皮や毛根、毛髪にトラブルを抱えたまま放っておくと、将来の薄毛に繋がってしまうのです。

今回は秋に抜け毛で悩まされない様に、今するべき夏のケアの方法を、育毛サロンのスタッフさんに、教えて頂きました。

220万本突破!リピート率93%の発毛促進剤「薬用グローリン・ギガ」

女性の抜け毛の原因は?

髪は通常1日に50~100本抜けると言われていますが、秋には倍以上の200本以上に増えることがあると言われています。

その原因は、季節性のもの、夏のダメージ、疲れやストレスなど、さまざまです。

秋の抜け毛は一時的なものだと分かりますが、頭皮や毛根、髪のコンディションが悪くなっていることに変わりはありません。

放っておくと、次に生えてくる髪が元気に育たず、将来の薄毛に繋がってしまうかもしれません。

なので、しっかりとケアをすることが大切です。

秋になると抜け毛が起きやすい主な原因が三つあります。

①夏の間に浴びた紫外線の影響で、体内の活性酸素が増加し、毛髪の老化を促進させてしまうことです。

②夏の疲れなどによる新陳代謝の低下です。

夏の間に冷たいものを多く摂取するなど、慢性的に冷えが生じ、血行が悪くなることも抜け毛の原因となります。

③空気の乾燥による頭皮の水分量不足です。

頭皮の水分量が減ると、頭皮が硬くなり抜け毛に繋がります。

このように、頭皮も顔や身体の肌同様、夏の間に受けたダメージが秋になって表面化するのです。

そして、寝不足、栄養不足、ストレスなどが加わると、一時的であるはずの秋の抜け毛が加速し、頭皮を健康な状態に戻してあげないと、薄毛に繋がってしまう恐れがあります。

これって本当に怖いですよね

私はまだ薄毛ではありませんが、髪が抜けだしたら大きなストレスの要因になりますね

女性の抜け毛対策は?

血行を良くする

皮脂汚れや紫外線によるダメージが、原因となっている秋の抜け毛には、頭皮の環境を改善することが重要です。

抜け毛は、血行が悪くなることでも増えます。

頭皮が赤みを帯びているのは、血行不良や老化の始まりのサインです。

1日5分のマッサージで血行を促進し、健康的な青白い地肌に戻してあげましょう。

入浴中や睡眠前のリラックスした状態で、爪を立てないように指の腹で、頭皮を揉むようにマッサージをします。

血行を促進することで、頭皮や髪に栄養が届きやすくなりますよ。

またシャンプーを適切に行うと、汚れを落とすだけでなく血行促進にも繋がりますので、健康な頭皮を取り戻すことができます。

ただ頭皮の状態を良くしても、血行が悪いと髪に栄養が行き渡らず、効果が得られないままとなってしまいます。

適度な運動をすることで血行を良くし、頭皮や髪に栄養を送り込むことができます。

運動は毎日続けることが大切なので、ストレスにならずに続けやすい運動を、身体がポカポカする程度で行うのが良いでしょう。

アミノ酸やミネラルを補給する

健康な髪を育てるには、意外かもしれませんが、アミノ酸やミネラルを補給することが重要なのです。

髪の約95%はタンパク質で出来ていて、ビタミンやミネラルが成長をサポートしています。

 新しく健康な髪を作るには、タンパク質の元であるアミノ酸が重要であり、髪を育てるにはミネラルの中でも、亜鉛が重要な栄養素となります。

夏の間にダメージを受けたら、頭髪にやさしいアミノ酸シャンプーに変えてみましょう。

合成界面活性剤が使用されているシャンプーは、洗浄力が強すぎて頭皮に負担をかけてしまいます。

頭皮が不健康になりがちな秋は特に、肌と同じ弱酸性のアミノ酸系シャンプーで、優しく洗うのがベストです。

そして大切なのは、夏の間に紫外線をなるべく浴びないことです。

頭皮には日焼け止めが塗れないので、帽子や日傘でできるだけ紫外線を、シャットアウトしましょう。

お肌の紫外線対策は皆さんされてますが、髪の毛の紫外線対策は意外としてないですね

でもそれが秋の抜け毛の原因になると思うと、紫外線対策は絶対しないとダメですね

将来薄毛になって悩まない為にも…

栄養と睡眠で健康的な生活を

髪に必要な栄養素を意識的に摂りましょう。

髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。

大豆や卵などの良質なたんぱく質を、毎日の食事に取り入れることが大切です。

また、髪の毛を健康に保つために、海藻類やゴマ、ビタミンやミネラルなどもバランス良く摂取しましょう。

そして、新陳代謝を高めるために、睡眠時間を十分取ることも大切です。

成長ホルモンが出るゴールデンタイムは、22時~2時の間でしたね?

育毛剤を上手に取り入れる

育毛剤には頭皮に良いとされる海藻エキスなどの、栄養素が多く含まれているので、抜け毛が気になる季節には育毛剤で直接頭皮に栄養を与えるのも効果的です。

女性用育毛剤は、頭皮の汚れを落としたり、発毛を促進したりする効果の他、頭皮の保湿を重視した商品も多く見られます。

血流が悪くなりがちな秋冬には、血流促進効果の高い育毛剤を、マッサージの際に使用すれば、マッサージの効果も期待できます。

薄毛にならない為には?

育毛の成功のためには「いつ始めたのか?」が、大きなカギとなります。

薄毛がまだ進行していない最初の数年間は、まだまだ毛根力も強く、育毛剤でしっかりとケアをすれば安心です。

でも3年、5年と長く放置してしまった毛根は、正常なヘアサイクルを失うため、進行してしまった薄毛のケアは困難です。

「血流の活性化」「脱毛ホルモンの抑制」の2つは、誰でも意識的にコントロールすることが可能で、かつ有効度が非常に高いポイントです。

食事などから摂取した栄養は、血流によって体の各部に行き届きますが、頭は心臓より上にあるため、血流でスムーズに栄養が届きにくい場所です。

そのため、頭皮が栄養不足におちいり、抜け毛の大きな原因になるのです。

これが頭頂部から薄毛になる人が多い、大きな理由のひとつです。

心臓からもっとも遠い場所にあるのが頭頂部だからです。

逆にいえば、頭皮に血液を届けてあげることが、非常に有効な対策となります。

そのためには、血流をスムーズにすることが大事です。

育毛剤選びのポイント

育毛剤選びにおいても、血流の活性化が期待できる成分が入っているのか?という点が、もっとも大きなポイントとなります。

具体的には、センブリエキスやショウガエキスなどの、血行促進が期待できる成分が配合された育毛剤を選ぶのがポイントです。

女性の薄毛は、髪の生成に関わる「エストロゲン」という女性ホルモンが、加齢やストレス、生活習慣の乱れによって減少することが大きな原因です。

そのため女性が育毛剤を選ぶ際は、「女性ホルモンと同じ働きをする成分」が入った育毛剤を選びましょう。

女性ホルモンと同じ働きをする成分

  • グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ジカリウム(カンゾウエキス)
  • ヒオウギエキス
  • エチニルエストラジオール 

育毛剤を続けるのに重要な事

育毛剤は使ってすぐに効果が出るものではありません。

個人差はありますが、髪に変化が現れるまでには、平均して3~6カ月かかります

そのため途中で使用を中断しないことが、効果を出すためにはとても大切です。

使用中断を防ぐのに、次の2点をチェックしてみてください。

①アルコールや香料など添加物の少ないもの
敏感肌やアレルギー体質は、添加物がフケやかゆみなどの原因となるため、「無添加」「ノンアルコール」「防腐剤不使用」などの記載がある商品を選びましょう


②最低3カ月は続けられる価格のもの
育毛剤は1本で1~2カ月、2~3本は継続購入できる価格の商品を選びましょう

メーカーの公式サイトで、販売される通販商品を比較して、継続出来そうな商品を選びましょう

  • 全額返金保証制度
  • 定期購入割引
  • 定期購入が休めたり、2回目から解約できるなど

といったサービスもあるので、事前に確認してみて下さいね。

ちなみに、私のお勧めは220万本突破!リピート率93%の発毛促進剤「薬用グローリン・ギガ」 です。         

年齢を重ねていくと、ダメージの回復力が衰えるため、ケアが大切となってきます。

髪は女の命とも言われますので、お肌と同様、頭皮の健康を日ごろから心がけ、いくつになっても美しい髪を維持したいですね。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「白髪染めシャンプーとヘヤカラーの違い・1度では白髪は染まらない?」

「育毛シャンプーの選び方・ストレスが原因で薄毛になるって本当?」

「シャンプー変えたら髪が変わる?つや髪で若々しさをキープする」

「髪の毛の寄付は何センチから?ヘアドネーションは白髪交じりでもOK」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です