シャンプー変えたら髪が変わる?つや髪で若々しさをキープする

あなたは髪のパサつきに悩んでませんか?

おしゃれをしても、髪の毛に艶がなくパサパサだと、老けた印象を与え清潔感もなくなってしまいますね

若くても間違ったケアで、髪に艶のない方もいますが、肌のケアが年齢に応じて変わっていくように、ヘアケアも年齢に合ったものにシフトさせていく必要があります。

お肌と同じで髪の毛も、日頃の正しいお手入れが大切です。

今回はパサつく髪にお悩みのあなたに、私が行きつけの美容室で教えて貰った、今すぐ髪の毛にツヤを取り戻す方法をご紹介します。

アミノ酸系シャンプーで頭皮ケア

髪のパサつきの原因は?

艶のある黒髪は若々しい印象を与えますが、お手入れをしないと髪がパサついてきます。

パサつきの原因は、髪のダメージが原因となっていることが多いです。

長年受けてきた紫外線や、ヘアカラー、パーマなどのダメージが重なり、髪内部の水分や油分を守ってくれるキューティクルが、機能しなくなり髪がパサつく原因となります。

また定期的に白髪染めを行うことも、髪へのダメージになります。

髪のパサつきは加齢が原因

エストロゲンは女性の美容や、健康を支えている大切なホルモンですが、閉経を迎える50代では、エストロゲンの分泌がほぼ終了してしまいます。

その為、髪にも影響を及ぼし潤いやハリが減少し、髪のツヤがなくなってしまいます。

お肌にもサイクルがある様に、人の髪には毛周期があり、年齢とともにサイクルが崩れてしまいます。

加齢と共に、髪の毛1本1本も痩せて細くなり、髪のボリュームも減ってきます。

お肌や身体と同じように、悲しい事に髪も元気がなくなってしまうんですね。

髪のパサつきはパーマが原因

毎月パーマをかけていると、髪のケラチンを破壊し枝毛や切れ毛になります。

50代になると内側から、髪の美容を支えるホルモンが、なくなるので回復力が弱まります。

そのままにしておくと、ツヤのない状態になり、抜け毛や髪のボリュームもダウンの原因にもなります。

その為には50代になって、髪のダメージで悩まない様に、今から正しいケアをする事が大事です。

髪のパサつきはシャンプーの泡たて不足

シャンプー液を直接髪につけて洗うと、髪に負担をかけ乾燥させてしまいます。

保湿力のあるシャンプーで洗っても、ツヤツヤにならなかったりパサつくときは、泡立て不足が一つの要因です。

シャンプーをするときは、ボディ用の泡立てネットを使用すれば、簡単に泡立てることができます。

また、少しずつシャンプーを手に取り、泡を作りながら洗うのもお勧めです。

髪のパサつきはシャンプー時の温度が高い

シャンプーをするときは、38度のぬるめのお湯で洗いましょう。

熱いお湯でシャンプーをすると、キューティクルが剥がれてしまい、髪を乾燥させてしまいます。

せっかく良い品質のシャンプーで洗っても、キューティクルにダメージを与えてしまっては、効果を発揮できません。

冬には物足りない温度なので、先にボディウォッシュをしたり、バスルームを高温のシャワーで温めてから、シャンプーをすると良いです。

髪のパサつきは自然乾燥だった

シャンプーを行った後、乾かすのが面倒で濡れた髪をそのまま自然乾燥すると、髪のダメージにつながることがあります。

濡れた髪はキューティクルが開いている状態になりますので、とても傷つきやすくなっています。

この状態の髪はブラッシングなどで、摩擦が起こると簡単に傷ついてしまうため、できるだけ速やかに髪を乾かすことが重要です。

若々しい印象を与えるへアケアのポイント

髪のエイジングケアは、頭皮の健康が大事なんです。

頭皮の健康の為に、シャンプーを変えてみるのもいいですね

市販の安いシャンプーに多く含まれる「界面活性剤」も、髪の毛のパサパサの原因です。

シャンプーをアミノ酸に変える

頭皮を健やかに育むのに、お勧めなのが「アミノ酸シャンプー」です。

アミノ酸シャンプーは洗浄力も優しく、頭皮のうるおいを守ってくれるだけでなく、弱酸性で髪と頭皮に優しいので、フケやかゆみの予防に加え、ヘアケアの点から見ても優秀なシャンプーです。

タオルドライだけで自然乾燥しない

シャンプーを行った後、乾かすのが面倒で濡れた髪を、そのまま自然乾燥すると、髪のダメージにつながることがあります。

濡れた髪はキューティクルが、開いている状態になりますので、とても傷つきやすくなっています。

この状態の髪はブラッシングなどで、摩擦が起こると簡単に傷ついてしまうため、できるだけ速やかに髪を乾かすことが重要です。

シャンプー後に髪を乾かすときには、ドライヤーの温風と冷風を、交互に当てるようにすると、髪につやがでやすくなります。

全体がほとんど乾いてきたなと感じたら、温風と冷風を交互に当てて乾かし、最後に冷風を全体に当てて完了させてみて下さい。

いつもよりもつやのある髪に仕上がるはずですよ。

髪の毛を下に向けて洗わない

シャンプーをするときは、顔を正面に向けて洗います。

セミロング以上の髪の長さの場合、髪を下向きにして洗いがちですが、髪を逆さまに向けて洗うと、キューティクルを剥ぐようになってしまいます。

ロングヘアでも顔を正面に向けて、頭皮から毛先へと下に向かいながら丁寧に洗いましょう。

髪にツヤを与えるには、シャンプー以外でも小まめな、保湿ケアをすることが大切です。

50代になると頭皮や髪が乾きやすくなるので、少しでもパサついたら潤いを与えて、ツヤをキープしましょう。

また洗髪後に面倒だからと、乾かしっぱなしでそのまま寝てしまうと、翌朝は髪の毛が爆発してて、どうしても収まらなくて困るので、ヘアエッセンスかヘアオイルを塗っておくと、艶も出て広がりもおさまりますよ

髪のツヤは顔に、若々しさを与えるので、髪の毛もぜひツヤを取り戻したいですね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「髪の毛の寄付は何センチから?ヘアドネーションは白髪交じりでもOK」

「白髪染めシャンプーとヘヤカラーの違い・1度では白髪は染まらない?」

「育毛シャンプーの選び方・ストレスが原因で薄毛になるって本当?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です