髪の毛の寄付は何センチから?ヘアドネーションは白髪交じりでもOK

あなたはご自分の髪の毛で社会貢献出来る「ヘアドネーション」をご存知ですか?

ヘアドネーションとは、脱毛症や小児がんなどが原因で、頭髪に悩みを抱える人たちのために、切った髪を寄付してウィッグを提供することなんです。

いつも何気なく美容院でカットし、捨ててしまってる自分の髪の毛が、困ってる子供達の支援になります。

医療用ウィッグを求めている子供たちは、小児がんやその他の疾患、先天性および心因性の脱毛症・無毛症、不慮の事故で髪の毛を失った子供たちです。

髪の毛を失うということは、子供にとっても辛いことです。

今回はそんな子供たちへ、女子高生姉妹が立ちあげた「ヘアドネーション同好会」について調べてみました。

シャンプーするだけでしっかり染まる「グローリン・ワンクロス」

髪の毛の寄付「ヘアドネーション」とは?

現在日本国内では、毎年およそ3,000人の子ども達が小児がんになっているそうです。

この割合は、約5千~1万人に1人が発病している計算ですね…

そんな子供たちにとって医療用ウィッグというのは、とても大切な存在であり、医療用ウィッグをつけるというのは、髪を失った子供たちにとって心のケアにもなるのです。

ただ医療用ウィッグは高額です。

ものにもよりますが、30~80万円かかることもありますので、そう簡単には購入できませんね

安い医療用ウィッグも出回っていますが、人毛ではなく化学繊維やアクリルで出来ています。

サイズも固定なので不自然であり、「カツラだ!」と一目で分かってしまうのです。

だから医療用ウィッグを、無償で提供してくれるっていうのは、髪の毛を失ってしまった子供やその家族にとって、とっても嬉しいことなんです。

つな髪プロジェクト

つな髪のプロジェクトを運営するのは、医療用ウィッグの製造販売などを行っている、株式会社グローウィングです。

2016年6月に「髪でつながる社会貢活動」と「医療用ウィッグを幅広く知ってもらう」ことを目的に、企業CSRの一環として開始しました。

ウィッグを受け取るのは脱毛症や、抗がん剤治療による脱毛がある、または抜毛症などを発症した高校生以下の子どもたちです。

美容院でカットされた髪の毛はそのまま捨てられてしまいますが、ヘアドネーションに参加することでウィッグに変わります。

そして必要とする子どもたちの所へ、届けることができるのです!

これまでに3万人を超える方が、つな髪のヘアドネーションに参加しました。

寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを、頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに、完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

株式会社グローウィング

ヘアドネーションの手順

ヘアドネーションの準備が整ったら、つな髪ウェブサイトの登録フォームから名前、住所など必要事項を記入して申請を行います。

そしていよいよヘアドネーションカットです。

ヘアドネーションカットは、通常とは違った切り方をします。

寄付する髪の毛を、3~5本の束にしてゴムで止め、1cm上をカットするのです。

美容院は対応しているヘアサロンへ行くか、事前確認をすれば行きつけの美容院で、カットが可能な場合もあります。

その後ヘアドネーションを、取りまとめる団体へ髪の毛を送ると、その髪を使ってウィッグを作り、髪に悩む子どもたちのもとへ届けてくれます。

ヘアドネーションの条件

乾いている髪であれば、カラーをしていても大丈夫、白髪交じりの髪でも寄付が出来ます。

髪の毛の長さは、これまでほとんどの団体では、ウィッグを作るために31cm以上の髪を、寄付することが必要でした。

髪の毛が伸びるスピードは、一般的に1年で約10~15cmと言われています。

カット後の髪の長さを考えると、31cm以上切るには大人は背中の真ん中あたりまで、数年かけて伸ばさなくてはなりません。

でもつな髪では、15㎝からのヘアドネーションが可能でした。

帽子をかぶって使うウィッグの、制作を行っていることから、短い髪の毛でもウィッグが作れるのです。

31cmまで伸ばすのは難しいけれど、15cmなら頑張れるので、提供者も多かったのですが、残念な事にこの度、

コロナの影響で仕分けや事務作業を、少ない人手でするのが困難なため、本来の「フルウィッグ」の提供に特化するとのことで、月から31cm以下の髪の受け入れは停止となりました!

でもご安心下さい。

もう一つのヘアドネーション活動団体が、短い髪の毛でも参加する事ができます。

ヘアドネーション同好会とは?

群馬県太田市の​、女子高生姉妹2人が立ちあげた団体です。

ヘアドネーション同好会は、全国から頭髪を集め、ウィッグ会社のアートネイチャーと協力し、頭髪に悩む子ども達に無償でウィッグを提供するヘアドネーション活動団体です。

ヘアドネーション同好会の主な活動は、寄付してもらった髪をウィッグの製作会社に送ることです。

それに加えて、髪の毛を寄付してもらったお礼の手紙を書いたり、ウィッグ提供者のサイズ採寸をしたりと、ヘアドネーションに関わる様々なことを行います。

ヘアドネーション同好会

髪の毛を提供するのにパーマ、カラーリング、白髪等であっても問題なく、一番重要なのが長さ31cm以上ある事です。

つな髪は1人が提供した髪の毛のみで1つのウィッグを作成するのではなく、20~30人の髪からやっとウイッグ1つが完成します。

だから多くの髪の毛が必要なんですね

あなたも、もしつな髪に興味があれば、困ってる子供たちの為に是非参加してみて下さいね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「白髪染めシャンプーとヘヤカラーの違い・1度では白髪は染まらない?」

「育毛シャンプーの選び方・ストレスが原因で薄毛になるって本当?」

「シャンプー変えたら髪が変わる?つや髪で若々しさをキープする」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です