獣医が教える犬の口臭の原因は?臭いで隠れた病気を判断する方法

あなたは愛犬の口臭が気になったことはありませんか?

健康な犬には不快な口臭はありません。

飼い犬が老犬になって急に口臭がきつくなり、悩んでる方も多いのではないでしょうか?

犬の口臭は自然なものではなく、健康障害の前兆あるいは、すでに発症している病気の、症状の一つであるという事を、飼い主は知っておかなければなりません。

今回は獣医さんに犬の口臭の原因と、臭いで隠れた病気を判断する方法をお聞きしました。

わんちゃんのお口が気になる方へ【お口げんきこのこのふりかけ】

獣医師による犬の口臭の原因

犬の口臭の原因は、口腔内の環境だけでなく、さまざまな原因があり、時には内臓疾患が潜んでいる場合もあります。

口臭の原因として、犬に与える食べ物が影響している場合があります。

ドッグフードに含まれる脂質は、空気に触れると徐々に酸化し劣化します。

この酸化したドッグフードが、口臭の原因になることもあります。

ドライフードは、日持ちするイメージから、つい大袋で購入してしまいがちですが、開封した瞬間からドッグフードの酸化は始まるので、くれぐれも保存には注意しましょう。

またウェットフード(缶詰やパウチタイプ)は、ドライフードに比べて、歯に残りやすく歯垢や歯石となって、口臭の原因になります。

犬の口臭は歯垢が原因

近年、「3歳以上の犬猫の約8割が歯周病である」と言われています。

歯周病になると、持続的な口臭を出すだけでなく、進行具合によって歯肉や歯周囲組織を破壊し、歯が抜けたり、鼻腔との瘻管を形成し持続的な鼻汁が出たり、目の下が腫れて膿がでてきたりすることもあります。

また、顎骨の病的骨折を起こすこともあります。

歯垢は、歯の表面のネバネバした物で、「プラーク」とも呼ばれています。

歯垢は細菌の塊で、さまざまな代謝物を出し、歯肉に炎症を起こしたり、歯周病を引き起こしたりします。

歯垢は数日たつと、硬くなり歯石となります。

この歯垢や歯石中の細菌、歯周病から生じた膿などからも口臭が発生します。

犬の口臭の原因は歯周病

犬の口臭の原因で圧倒的に多いのが“歯周病”です。

歯垢や歯石が蓄積し、そこでの感染、炎症が元で歯周病になり口臭の原因となります。

歯周病は、心疾患、脳血管疾患、糖尿病など様々な疾患に、関連していることがわかっています。

口腔内に特異的な細菌が、心臓や肺など、その他の臓器から発見されていることから、全身に影響を及ぼすことも懸念されていますので、歯周病は決して放置してはいけない疾患です。

犬の口臭の原因は口腔内腫瘍

口腔内腫瘍によって口の中で炎症、感染、組織破壊が広がり、異常な臭いを発していることもあります。

口の中は普通にしている、見えない位置なので普段からオーラルケアーをしたり、積極的に口の中をチェックしない限り見落としやすい場所です。

口腔内腫瘍は悪性度の高いものが多く、気がついたときには手遅れになっている場合もあるので、早期発見がとても大切な疾患の一つです。

また、腎臓病、肝臓病、糖尿病、胃腸炎など直接口腔内のトラブルとは、関係ない内臓疾患が口臭の原因となっていることもあります。

このように、犬の口臭は実は異常事態なので、もし愛犬の口臭がきつい と思われる方は、愛犬の口腔内環境、全身状態を、一度しっかりと病院で診てもらうことをお勧めします。

犬の口臭の原因の90%以上は、口腔内の異常であると言われています。

具体的に主な原因としては、歯石、歯周病、歯肉炎、乳歯遺残症、虫歯、口内炎などが挙げられ、いずれも歯みがきや家庭用のデンタルケアグッズで改善されるものではなく、専門的な歯科治療を必要とする症状です。

犬の口臭といっても、いろいろな原因が考えられます。

きちんと原因を知り、早期に対策を取ることが重要です。

隠れた病気を臭いで判断する

犬の口臭が糞便臭い場合

食糞行動、または胃腸疾患により、口臭が糞便臭くなることがあります。

食糞とは自分自身の糞便を、食べてしまうことです。

子犬のうちの食糞行動は、「母犬が捕食動物から、わが子を守るために排泄物を食べる」という動作を真似するためとも、言われています。

ですが、食糞行動のほかの原因としては、体内に寄生虫がいる、消化器疾患があるなどの理由も考えられます。

また、胃腸疾患の場合、消化不良や腸内環境の乱れから口臭がする場合、さらに腸閉塞や腸重積など重篤な症状のときにも、口臭が糞便臭くなることがあります。

腸閉塞や腸重積は、異物や腫瘍、重積が原因で腸の内容物が正常に流れず、時には糞便のような嘔吐物を吐くことがあります。

この場合、元気がない、ぐったりしている、腹痛、排便していない、などの症状を伴うこともあり、非常に危険です。

すぐに動物病院を受診しましょう。

口臭がアンモニア臭い場合

腎臓や肝臓に疾患がある場合、口臭がアンモニア臭くなる場合があります。

通常、体外に排泄する老廃物が体の中に溜まってしまうと、独特のアンモニア臭として臭うことがあります。

速やかに動物病院を受診しましょう。

犬の口臭が甘い場合

甘い匂いがする場合、糖尿病の可能性があります。

糖尿病とは体内のインスリンが不足したり、インスリンの働きが悪くなってしまったりして、血糖値が上がってしまう病気です。

悪化すると命の危険を伴います。

糖尿病の場合、多飲多尿で食べているのに、痩せてくるなどの症状が見られ、合併症としては白内障、神経障害、腎不全などがあります。

また、糖尿病の場合、免疫力の低下から歯周病にもかかりやすくなります。

なるべく早く動物病院を受診しましょう。

我が家の愛犬チワワも、今年12歳で老犬ですが最近口臭がきつくて、顔をそむけたくなるので、何か消臭出来る物はないか探してます。

犬の口臭といっても、いろいろな原因が考えられます。

きちんと原因を知り、早期に対策を取ることが重要です。

気になることがあれば、愛犬がいつまでも健康でいられる様に、早目に獣医さんに相談しましょう。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

いつものごはんにかけるだけ!ワンちゃんのお口ケア【お口げんきこのこのふりかけ】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です