新型コロナ肺炎で重症化しない為には?禁煙と肺活量を上げる腹式呼吸

新型コロナ感染者の数も、だんだん減ってきてますが、秋にはまた第2波が来るとも言われていますね

新型コロナに感染し重症化するのは、高齢者ばかりではありません。

先日は高田川部屋に所属する力士、三段目の勝武士さんが、28歳の若さで亡くなりましたね

発熱時は、コロナのPCR検査が陽性か陰性かよりも、重症化するかしないかの方が重要です。

今回は重症化にならない為には、どうすればいいのか調べてみました。

スポンサードリンク

新型コロナ肺炎の重症化の兆候とは?

重症化の徴候の1つとして、酸素飽和度低下が挙げられます。

パルスオキシメーターを購入すれば、誰でも簡単に自宅で測定できます。

正常な人の場合、酸素飽和度は96-99%ほどを推移しています。

肺炎や心不全などにより、酸素の取り込みが悪くなると、酸素飽和度が低下して一般的には9、3%以下になると明らかに異常と考えます。

発熱して自宅で経過を見ているときに、時々酸素飽和度を測定し、93%以下になったらかかりつけ医に電話で報告し、相談することをお勧めします。

呼吸とは?

呼吸とは、体に必要な酸素を体内にとり込み、不要な二酸化炭素を体外へ放出する働きのことです。

肺は自ら広がったり縮んだりすることはできません。

肺の周りの筋肉が動くことで、肺が広がったり縮んだりします。これが呼吸です。

呼吸に関わる筋肉を総称して呼吸筋といいます。

ろっ骨の間にあるろっ間筋、背中の僧帽筋や脊柱起立筋、そしてお腹の中にある横隔膜は最大の呼吸筋です。

こうした呼吸筋が年齢と共に衰えると、呼吸が浅くなったり、少し動いただけで息苦しくなったりします。

呼吸筋を鍛えることで、深い呼吸ができるようになると、全身に酸素が十分に行き渡り、「集中力が高まる」「疲れにくくなる」「病気を抱えている人は急変が起こりにくくなる」といった効果があります。

呼吸の病気・肺炎

細菌やウイルスなどの病原体の感染によって、肺が炎症を起こす病気で、かぜやインフルエンザなどが、こじれて起こる場合や、高齢者などでは食べ物や、飲み物が誤って気道に入ったり、胃の内容物が逆流して起こる場合もあります。

肺炎が重症化しない為にするべき事は?

肺活量とは?

肺活量とは、息を思い切り吸って、思い切り吐き出したときの、息(空気)の量のことです。

肺活量は年齢や性別の影響を受けるので、通常はこれらから予測された値と、実際の測定値とを比較して判定します。

肺機能検査は肺が固くなったり、呼吸で使う筋が弱くなったりして、肺が十分に拡がらなくて、肺の空気を入れる容量が少なくなっているか、空気の通り道である気道が、狭くなっている事などがないかを調べています。

喫煙者や高齢者は肺機能が、だんだん衰えてくるので日頃から肺を鍛え、肺活量を上げておくことで、肺炎になっても重症化せず、回復しやすいので毎日肺活量を上げる訓練をしましょう

肺活量を上げる方法は?

腹式呼吸のやり方

①お腹に意識を集中するため、体全体の力を抜き仰向けに寝そべって、お腹の上に手を置きましょう

②4秒かけて鼻から大きく息を吸い込むとお腹が膨らみます。その状態で数秒(2秒〜5秒)息を止めます。

③吸い込んだ息を8秒かけて、ゆっくり全て吐ききり、再び数秒息を止めましょう。

出典元:https://www.yakkyoku.co.jp

息を吸い込む・吐く動作は、自分ができる限界まで行うことがコツです。

周囲の空気を全て肺に入れる感覚で吸い込み、肺の中の空気を全て外に出す感覚で吐きましょう。

※決して無理はしないようにしましょう

スポンサードリンク

肺の生活習慣病・慢性閉塞性肺疾患(COPD)

近年、「肺の生活習慣病」として注目されている病気が慢性閉塞性肺疾患(COPD)です。

COPDとは、これまで「慢性気管支炎」や「肺気腫」とよばれていた病気の総称で、たばこの煙などに含まれる有害物質を吸い込むことで、肺や気管支が障害を受ける病気をいいます。

長年、たばこの煙を吸い続けると、気管支や肺胞に慢性的な炎症が起こります。

気管支は炎症のため狭くなり、肺胞は破壊されて酸素を取り込みにくくなります。

COPDの症状は咳や痰で、長い時間をかけて進行するのが特徴です。

進行すると、ひどい息切れによって日常生活にも、支障を来すようになり最悪の場合は、死に至るケースもあります。

呼吸器の病気の原因は?

最大の危険因子は喫煙です。

呼吸器の病気は、感染によるものが多いのですが、COPDは生活習慣と深い関わりのある病気です。

別名「たばこ病」ともいわれているように、多くがたばこの煙が原因で起こります。

たばこの煙以外では粉塵や、大気汚染などが原因となりますが、COPD患者の90%以上が喫煙者であるため、喫煙が最大の危険因子であることは間違いありません。

喫煙者の発症リスクは、喫煙を始めた年齢、喫煙本数、喫煙年数など喫煙量に関係し、喫煙量が多い人ほどリスクが高くなります。

また、喫煙者本人だけでなく、他人の煙を吸ってしまう受動喫煙も、COPDの危険因子となります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防

直ちに禁煙すれば、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症・進行を止められます。

COPDの予防は、「たばこを吸わないこと」に尽きます。

COPDの発症リスクは、喫煙年数などに比例して高くなるので、早く禁煙すればするほど予防効果が大きくなります。

また、すでにCOPDを発症している場合でも、直ちに禁煙すれば治療効果が上がり、進行を止めることができます。

長年たばこを吸っている人のなかには、「今さら禁煙しても遅い」と考える人もいるかもしれませんが、高齢になってからの禁煙でも、COPDのリスクは大きく減少することがわかっています。

喫煙は喫煙者本人だけの問題ではありません。

受動喫煙による被害を起こさないためにも、家族や職場に喫煙者がいる場合は、すぐに禁煙してもらう必要があります。

肺炎になっても重症化しない為には、たばこを吸ってる人は禁煙し、腹式呼吸を毎日行って肺活量を上げ、新型コロナウイルスに負けない身体を作りましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい

「新型肺炎で発熱や咳が激しいのはなぜ?その対処法やメカニズムを解説」

「発熱した時に市販の解熱剤を使用するのは危険!その理由としてはいけない事」

「受動喫煙はたばこを吸わなくても肺炎になるリスクが高くなる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です