高年齢求職者給付金は年金受給者でも離職時に一時金として支給される

新型コロナ拡大の影響で、世界中で失業者が増加して、経済にも影響が出始めておりますね

そんな状況の中でも、高齢でも働く場所がある事は、本当にありがたい事だと感謝しています。

高齢でも生活維持の為には、定年しても年金暮らしではやっていけないので、仕事を続ける人達が増えているのが現状です。

幸い雇用保険の適用が拡大され、65歳以降に雇用された人についても、雇用保険が適用されます。

今回はこの制度改正について、調べてみましたので参考になさって下さい。

スポンサードリンク

高齢者は雇用保険に加入するか否か?

私は主人が脳出血で倒れてから、18年間Wワークをしてますが、16時~20時まで老人ホームの、調理補助の仕事をしておりますが、週20時間以上だと雇用保険に加入できます。

昨日、会社の総務部から、少しだけ時間数が足らない週があった様で、4月に更新した雇用契約書と実労の時間に、誤差が生じてるので休日を減らして、雇用保険を継続するのか、もしくは休日は月に8日のままで、雇用保険を止めるのか聞かれました。

これには判断に困ったのですが、私の他にももう一人4時間勤務の該当者がいて、その人は勤続年数は2年で67歳ですが、これ以上休みが減るときついので、雇用保険は止めると言ってます。

私も同年齢ですが勤続年数が15年と長く、6月には若い社員が2人移動で人数が減り、必然的に勤務時間が増え、休日も減るのが解ってるので、雇用保険は継続する事になります。

これまで年金受給者は失業保険と、年金はダブルでは支給されず、失業保険の給付を受ける場合は、その期間年金は停止になり、失業給付が終わればすぐに、年金受給再開の手続きをしないと、年金はずっと停止したままになる様でした。

どちらをもらうかは選べばいいので、年金が失業給付より多い場合は、年金をもらい続ければいいのですが、これまで掛けてきた雇用保険は無駄になりますね

また、これまでは雇用保険の天引きはなかったのですが、2020年4月からは天引きで徴収されます。

雇用保険の徴収免除が廃止され、雇用保険料の徴収が始まります。

現在免除されている64歳以上も、雇用保険の徴収が始まります。

ただし、経過措置として、2020年3月までは保険料は免除されます。

雇用保険改正の要点は3つ

2017年1月1日に、雇用保険が改正されました。

今回の改正では、高齢者が雇用保険に入れる機会が増えるため、65歳以上で働く人に大きな影響があります。

65歳以降に雇用された人についても、雇用保険が適用されます。

これまでも、65歳以下から雇用されていた人が、65歳になったときは「高齢者継続被保険者」という名前で雇用保険の対象となっていました。

でも65歳を過ぎてから雇用された場合は、雇用保険に入れませんでした。

今回の改正によって、「1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込み」があれば、「高年齢被保険者」として雇用保険の適用の対象となります。

また65歳以上でも「介護休業給付」「教育訓練給付」の対象となります。

これまで65歳以上は、「介護休業給付」や「教育訓練給付」などの対象から外れていました。

今回の改正によって、65歳以上であっても給付の対象となります。

「介護休業給付」は、介護を必要とする家族がいる場合に有効です。

一定の条件に合えば、配偶者や父母らを介護するために休業した場合賃金の67%を最大93日分受給できます。

また、「教育訓練給付」の対象となることで、資格の取得などが援助されます。

スポンサードリンク

高年齢求職者給付金とは?

雇用保険の対象となることで、受給要件を満たして離職したときに、「高年齢求職者給付金」が支給されます。

もちろん、「離職していること」「就職する意思があること」「離職前の1年間に6カ月以上加入していること」などの条件があります。

高年齢求職者給付金は、毎月の給付ではなく「離職時の賃金の30日分~50日分の一時金」ですが、職を失ったときに給付金が入るのはありがたいこと

これまでの雇用保険は、65歳以上については、雇用の対象と考えていない印象でしたが、今回の改正によって、65歳以上でも普通に働くことが想定されるようになりました。

将来的な年金の金額が、減額される可能性が高くなりつつある現在、生涯現役で働き続ける可能性は高くなっています。

年金や健康保険に加えて、雇用保険の知識も身につけて、賢く利用しましょう。

いかがでしたか?

今回改正されたこの制度は、私達高齢者にとっては非常に、ありがたい制度改正だと感じます。

元気でいつまでも働きたいと考えてる方は、雇用保険に加入される事をお勧めします。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です