新型肺炎で発熱や咳が激しいのはなぜ?その対処法やメカニズムを解説

もうすぐゴールデンウイークですが、今年は外出自粛で観光地に行くことが出来ません

でもコロナに感染して、高熱で苦しむことを思えばじっと我慢し、お家でのんびり過ごしましょう

新型肺炎は長引く高熱と、激しい咳に苦しむと言われていますが、高熱や咳はどうして出るのでしょうか?

今回は高熱や咳のメカニズムについて調べてみました。

スポンサードリンク

高熱が出るのはなぜ?

発熱しているのは、身体の中で免疫細胞が、ウイルスと戦っている証拠です。

出典元:https://brand.taisho.co.jp

体温を上げて免疫を活性化させ、ウイルスへの攻撃力を高めているのです。

通常は、私たちの身体は37℃前後に保たれています。

これは、脳にある視床下部が設定した温度です。

ウイルスに感染すると、免疫を活性化させるために、脳の体温を調整する機能が作用して、体温を高い温度に設定します。

そうすると、脳から身体に発熱するように、指令が出されるのです。

熱が出る時に悪寒がして震えるのは、筋肉を震えさせて熱を生み出すためです。

強いウイルスに感染したときほど、体温は高く設定されると考えられています。

だから一般の風邪より、インフルエンザの方が高熱になるのです。

免疫がウイルスを撃退し、免疫vs.ウイルスの戦いが収束すると、体温を調整する機能が、通常の37℃前後に下げます。

熱を下げる指令を受けた身体は、発汗して体温を下げようとするのです。

高熱が出た後に汗をかくのはこの為です。

でも高熱の状態になると、体力を消耗し辛いものです。

本来ウイルスと戦っている免疫細胞を、活性させるための発熱ですが、高温が続くと、その発熱で激しく体力を消耗してしまいます。

風邪の症状を長引かせない為には、上手に体温を上げるのがポイントです。

体温が上昇すると、免疫力が活性化されると言われています。

ですから、風邪の引きはじめの段階で、身体を温めて免疫力をアップすれば、ウイルスが体内深くに侵入して、脳の体温の調整機能が発熱を促す前に、いちはやくウイルスを撃退することができるのです。

悪寒など、身体の異変を感じたら、身体を温かく保つことを心がけましょう。

そう言われてみれば、風邪の引きはじめは寒気がしますが、寒いのを我慢してたら必ず、風邪を引いてしまいますよね

スポンサードリンク

咳が出るのはなぜ?

咳は、ほこりやウィルス、細菌などの異物が、体に入ってこないように働く防御機能です。

気道内に侵入した異物は、気道にある咳受容体を刺激し、その信号が脳にある咳中枢に伝えられ咳が出ます。

異物の他にも、気道に炎症が生じたり、気道に溜まった痰を出す為にも咳がでます。

咳中枢は、大脳皮質によってコントロールされているため、心因性ストレスによっても発生する事もあると言われています。

私の友人も、心因性ストレスによる咳で、長い間苦しんでました。

職場の人間関係で悩み、先輩のパワハラによるストレスで、その女性と一緒に仕事をする日は、朝からたて続けに咳が出るのですが、他の人と一緒に仕事をする日は、全く咳が出ない事がわかり、病院でも調べてもらいましたが、原因はストレスと言われたので、思い切って転職しました。

新しい職場に変わってからは、咳も出なくなり精神的に楽になったと喜んでました。

心因性ストレスは、身体に不調をきたしますので怖いですね

咳の対処方

夜中に咳がひどくて眠れず、翌日は睡眠不足でもうろうとしながら、出社した経験はどなたも、一度はあると思いますが、咳がたて続けに出ると、最後には胸まで苦しくなってきますよね

咳や痰(たん)は、気道内の細菌や異物などを、吐き出す働きがある為、むやみに止めるべきでありませんが、睡眠など日常生活に、支障が出てしまうようなら対処しましょう。

一番の対処法は、乾燥を防ぐことです。

洗濯物を干したり、加湿器を使用して部屋の湿度を保つのもいいです。

乾燥してる部屋は、ウイルスが蔓延してるので、風邪を引きやすいです。

私の経験では、疲れがたまった状態で、乾燥してる部屋で寝ると、翌日には必ず風邪を引いてしまいますね。

ここ10年来、幸い風邪とは無縁になりましたが、以前は年中風邪を引いて困ってました。

私が気をつけている事

●部屋の加湿

●普段から手洗いうがい

●1日1回は日光にあたる

●ビタミンCとビタミンEの摂取

このサプリを10年間飲み続けて、病気知らずで足腰も丈夫です。

ビタミンCは美肌にもなりますし、ビタミンEは体を酸化させず血流もよくなるので飲んでます。

昔から咳を止め、楽になる方法にお湯を飲むと良いとされています。

出典元:https://www.olive-hitomawashi.com

咳はウイルスが原因と考えられます。

ウイルスは熱に弱いので、お湯を飲むことで死滅させ、活動を抑えれば咳は止まるのではないでしょうか?

お湯を飲むのは、健康維持にもいいと言われてますので、60℃~70℃のお湯を飲んで試してみて下さい。

お湯を飲む健康法の記事も参考になさって下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「低体温改善方法の即効は?低体温が引き起こすリスク回避には白湯を飲む]

「冷え症を改善する食べ物と体温を上げる方法は?内臓冷えと低体温が万病を招く」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です