新型インフルエンザ治療薬アビガンは危険!妊婦への副作用・胎児の奇形

新型コロナウイルス感染症が、世界中で拡大しておりますが、富士フイルム富山化学が開発した、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」が今、注目を浴びています。

治療効果が期待される、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」を、岡山県内の全4指定医療機関が、研究目的で新型コロナの患者に、使用できる態勢を整えたことが14日、医療関係者への取材で分かりました。

既に県内の患者に投与されており、その後の症状改善が確認されています。

今回は新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について調べてみました。

スポンサードリンク

新型インフルエンザ治療薬「アビガン」とは?

アビガンは、富士フイルム傘下の製薬会社「富士フイルム富山化学」(東京)が開発し、新型コロナのようなRNAウイルスの増殖を抑えるとされています。

中国の臨床研究で、患者の症状が改善したとの報告があり、国内でも3月末から承認に向け、臨床試験が始まっています。

岡山県内のある指定医療機関では、人工呼吸器の装着が必要な患者へ投与したところ、数日で呼吸器を取り外せる状態にまで回復し、医師らが投与と症状改善の相関関係を調べています。

岡山県内の指定医療機関は、岡山大病院(岡山市)、岡山市立市民病院(同市)、倉敷中央病院(倉敷市)、津山中央病院(津山市)です。

岡山県もコロナ感染者の数が、毎日少しずつ増えてるので、指定医療機関が満床になれば、受け入れてくれるかどうか心配ですね

新型インフルエンザ治療薬アビガンの副作用とは?

医療関係者によると、いずれも本人の希望や、病院の倫理委員会の了承があれば、患者への投与が可能となります。

アビガンは、抗イフルエンザ薬の「タミフル」よりも強い効果があります。

出典元:https://mainichi.jp/

ただし、アビガンは動物実験で胎児に、奇形が出る恐れが指摘されており、妊婦や妊娠の可能性がある女性には使用できません。

また女性だけではなく、男性の精液にまで移行して、奇形を誘発するような強い催奇性が、確認されてしまいました。

こんな事が判明したので当然、製品化は中止になるかと思われたのですが、当時、発生が懸念されていた新型インフルエンザの、治療薬ということで、国が特例として製造販売を承認しました。

ただし、一般に販売されるような薬品ではなく、国が認めた、あくまでも他の抗インルエンザ薬が効かないという止むを得ない場合にだけ、使う特別な医薬品なのです。

副作用うんぬんより、ひとりでも多くの命を救う為には、きっと背に腹はかえれないという事なんでしょうね

スポンサードリンク

新型インフルエンザ治療薬アビガンの効果は?

「アビガン」投与翌日には速やかな解熱と、低酸素血症の改善を認め、投与3日目にはPCRが陰性化しました。

中国での「アビガン」の成績でも、ウイルス陰性化までの期間は、短縮しており、ウイルスの早期陰性化に「アビガン」が寄与した可能性は高いとされます。

全国では120例を超える投与が行われ、一定の治療効果が確認できました。

安全性と治療効果が認められれば、7月以降にも治療薬として使用できる可能性があり、国はアビガンの備蓄量を現在の3倍、200万人分まで拡大する方針を示しています。

アビガン投与で多くの人の命が救われるのなら、国民の不安も払しょくされますが、新薬なので副作用が心配ですよね

抗インフルエンザ治療薬の副作用

アビガン投与で副作用が心配されますが、他の抗インフルエンザウイルス薬では、一体どんな副作用が起きているのでしょうか?

異常行動

因果関係は不明であるものの、インフルエンザ罹患時には、転落等に至るおそれのある異常行動 (急に走り出す、徘徊する等) が現れることがあります。

この異常行動の事は「タミフル」投与で問題になりましたね

他の抗インフルエンザウイルス薬で、次のような重大な副作用が報告されています。

アナフィラキシー・肺炎・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸・中毒性表皮壊死融解症・皮膚粘膜眼症候・ 急性腎障害・白血球減少・好中球減少・血小板減少・精神神経症状(意識障害、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)出血性大腸炎

アビガン投与でも、これだけの副作用が起きれば怖いですよね

熱が下がれば楽にはなりますが、しばらくしてから何か副作用が出ると怖いので、慎重に考えたいですね

今もし自分がコロナの疑いがあっても、どこの病院も受け入れを拒否しているので、熱が高いと解熱剤を購入される方もいる思いますが、市販の解熱剤は新型コロナの、症状を悪化させることがあるので、自己判断で服用しない様にしましょう

早く副作用のない新薬が、開発されることを願っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「オンライン診療が初診でも受けられるのはいつから?そのメリットと手順」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です