paypayのお得なチャージ方法は?銀行口座を登録する4つのメリット

新型コロナ感染拡大の影響で、仕事もテレワークを余儀なくされ、買い物も外出自粛要請が出て、自由に出来なくなり、今後はネットスーパーやネットショッピングが主流になりそうですね

その為には高齢者も、ネットスーパーやネットショッピングの知識が必要となってきます。

今回はpaypayの、銀行口座の登録の手順やチャージ方法、さらには登録時の注意点を調べてみました。

スポンサードリンク

paypayの特徴と利点

あなたはスマホ決済ペイペイを、利用した事がありますか?

2018年6月にソフトバンク株式会社と、ヤフー株式会社の共同出資により、同年10月5日にスマホ決済サービス「PayPay」の提供が始まりました。 

PayPayに銀行口座を登録すると、現金をチャージしてお得に決済できたり、チャージ金額が即時引き落とせたり、オートチャージが利用できたりと、さまざまなメリットを得ることができます。

PayPayを利用するにはYahoo! JAPAN IDが必要なため、アカウント登録をしておかなければなりません。

登録は無料で、数分程度で完了します。

スマホでもパソコンでも、アカウント登録はできるため、事前に行うとスムーズにPayPayの利用開始が可能です。

Yahoo! JAPANの、アカウント登録をしなければならない理由は、PayPayがYahoo! JAPAN IDと連携したサービスだからです。

アカウントとアプリを連携させ、決済情報を登録することで利用が可能となります。

また、必ずしもPayPay用に新規アカウントを作成しなければならないわけではありません。

すでにYahoo! JAPAN IDと持っているなら、それを登録して使うことも可能です。

PayPayを賢くお得に利用する

PayPayを賢くお得に利用するなら、PayPayに残高をチャージして、決済利用する方法をおすすめします。

その為に銀行口座の登録が必要になります。

PayPayに銀行口座を登録しておけば、以下の4つのメリットが得られます。

銀行口座を登録する4つのメリット

①PayPayに現金をチャージできる

②チャージ金額の支払いにタイムラグがない

登録した銀行口座からチャージをおこなえば、チャージされた時点で口座から、即時引き落としされます。

これはクレジットカード決済のように、後から請求されないので、家計管理がしやすいです。

③オートチャージができる

オートチャージは、設定した金額を下回るごとに、自動的にチャージをしてくれる機能で、頻繁にPayPayを使うような方にはとても利便性の高い機能です。 

銀行口座からチャージされたお金は「PayPayマネー」に統一され、このマネーは唯一出金できるようになります。

PayPayに銀行口座の登録をする

PayPayに銀行口座の登録をするには、銀行に登録した暗証番号・パスワードなどが必要になります。

銀行によっては、お金の引き出しに使う暗証番号とは別の、パスワードが必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

銀行口座の登録をする手順

PayPayを起動すると、画面左下にホームというタブがあります。

①PayPayアプリ上で「銀行口座登録」をタップ
②登録する銀行を選択
③支店名、口座番号、口座名義などを入力
④登録内容を確認し、登録手続きをする
⑤各銀行ごとで指示に従い連携する

銀行口座からチャージする方法

①PayPayアプリのホーム画面の「チャージ」をタップ
②チャージの方法で銀行口座を選択
③100円以上のチャージ金額を入力
④「チャージする」をタップしてチャージ完了

PayPayに銀行口座を登録しておくと、PayPayの残高に現金をチャージできるようになります。

チャージされたPayPay残高で決済をおこなうと、最大で決済金の1.5%(通常0.5%)がボーナスとして還元されるメリットがあります。

銀行口座の登録や、口座からのチャージに、登録料や手数料は一切発生しません。

PayPayは簡単に利用できる点が特徴であり、新規登録は無料で行えます。

新規登録も電話番号を使ったSMS認証のみのため、スムーズに登録が完了します。

他のスマホ決済アプリでは、本人確認書類の送付や、アップロードなどが必要なことも多く、これらの手間がない点はPayPayならではの魅力です。

スポンサードリンク

PayPayで口座登録できる銀行

ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
イオン銀行
全国版の銀行は以上の通りですが、他にも各種地方銀行の登録が可能です。

対応している銀行数は非常に多いため、地方銀行の口座を登録したいなら、実際にアプリから確認してみるのがおすすめです。

なお三菱UFJ銀行は対象外となっているため注意が必要ですが、チャージできないのは、あくまでPayPay残高への直接チャージです。

Yahoo!マネーにチャージし、そのお金をPayPayで使うといった、間接的な方法なら利用は可能です。

PayPayを起動すると、画面左下にホームというタブがあります。

ホームタブから銀行口座登録をタップし、各種情報を入力すると、設定は完了です。

詳細な登録方法は銀行によって異なるため、画面の指示に従って進めることが大切です。

登録してから数日後に、銀行口座からのチャージが可能となります。

ホーム画面からチャージを選択し、金額を指定して「チャージする」をタップすれば完了です。

これで簡単にチャージが出来ますよ

新規登録の特典

●PayPay決済でいつでも3%の還元
●クレジットチャージで合計4%の還元
●お得なキャンペーンが頻繁に開催
●友だちにPayPay残高を送金できる
●大手企業の安心なセキュリティ対策

paypayは銀行口座からチャージした方が無難です。

PayPayマネーならば出金して銀行口座に戻すことができるからです。

paupayの出金の手順

①PayPayアプリ下部の[残高]をタップ
②あなたの残高画面の[銀行口座に出金]をタップ
③登録済み口座がある場合、希望の口座を選択
④出金したい金額を入力し、出金するをタップ
手続きが完了すると振り込み予定日が記載されます。

出金は100円から可能です。

出金の手数料

ジャパンネット銀行 0円
ジャパンネット銀行以外の金融機関 100円

銀行口座を登録しチャージしておくと、支払いが本当に便利で驚きました。

お財布の中に現金やクレジットカードが無くても、慌てなくて済みますし、ネットで買い物した品の支払いも、わざわざ銀行に振り込みに行かなくても、チャージしてペイペイで決済をタップすれば、瞬時に支払いが完了しました。

世の中がこんなに便利になるなんて、10年前は想像も出来ませんでした!

最初は面倒だとかなんだか、難しそうと敬遠してましたが、これは覚えたもんがちですよ

この便利さに気づいたら、今後の生活が一変しますから…

あなたもpaypayを、まだ利用したことが無ければ、是非一度チャレンジしてみて下さいね

チャージの仕方は色々ありますが、初心者はまずは一番簡単な、銀行口座からチャージする方法から、始めてみて下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「paypayって何?初めてでもスマホ決済での支払い方法は簡単でお得」

「カード決済のポイント還元って何?キャッシュレスで賢く節約する方法」

「カード決済でナナコカードのポイント還元率を上げるお得な方法」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です