失敗しない転職の仕方は?失敗する原因と成功する為のポイント

新型コロナ感染拡大の影響で、観光・飲食・イベント・外出などが自粛され、経済に影響が出ておりますが、この為、新卒者が内定を取り消されたり、経営が悪化し人員削減を、せざるを得ない状況の企業も増えてます。

そんなコロナの影響で、転職を余儀なくされた方も多いと思いますが、転職はなかなか厳しいですが、仮に転職出来たとしても、新しい職場になじめるかどうかがとても不安ですよね

今回は失敗しない転職の仕方、失敗する原因と成功する為のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

転職に失敗する原因その1

あなたは、転職を考えた事がありますか?

たぶんどなたも一度は、転職を経験した事があると思います。

世の中には、経歴もスキルもコミュニケーション能力も、同レベルなのに転職に失敗する人と、成功する人がいます。

私も長いWワーク生活で、色々な職種を経験しましたが、成功するにはポイントがある事を、学びましたのでそのポイントをご紹介します。

失敗する人は、退職してから転職活動を行ってる

会社を辞めてから転職活動を、スタートした方が落ち着いて、活動ができそうに思えますが、実際は仕事を続けながら転職活動をした方が、有利になることが多い傾向にあります。

それは、仕事を続けていた方が、追い詰められることがないからです。

会社を辞めて無職となった人には、雇用保険の失業給付金が支給されますが、現在の制度では、自己都合で退職した場合、3ヶ月間は失業給付金を受け取れず、収入ゼロの状態が続くことになります。

出典元:https://www.city.kazo.lg.jp

慌てて転職しなくても、退職してしばらくのんびりしてから、又探せばいいという気持ちも、わからない事もないのですが、私の経験上、失業期間が2ヶ月も続くと、働く意欲が無くなってしまうんですよね

でも、のんびりなんかしてられないのは、社会保険が国民健康保険と、国民年金に切り替わることで、毎月の負担が増します。

そうすると、転職活動が長びくほど貯金が減り、その焦りから目先の企業への入社を、決めようとしがちになります。

転職に失敗する原因その2

転職に失敗する人は、必ず叶えたい条件が曖昧

転職活動を始めると、あれもこれも、と色んな希望が出てくるものですが、その中でも叶えなければいけない理由がはっきりしているものが、『必ず叶えたい条件』に該当します。

年収350万円以上(車のローン返済と生活維持のため最低でもこの額が必要)

●残業月40時間以内(前職では残業が多くて体調を崩してしまったため)

●IT業界(スキルアップとキャリア形成のため)

必ず叶えたい条件は、一度決めたら転職活動が終わるまで、絶対にブレさせたり、変えたりしないことです。

叶えなければいけない理由がある以上、妥協しての転職はあとで自分が後悔するだけです。

私も少々きつい仕事でも高給だから、期限を決めて辛抱して働くか、低賃金だけど仕事が楽だから働くかと迷った時もありました。

でも楽な仕事には全く魅力を感じなく、結局忙しくて大変だけど、やりがいのある仕事を選びました。

なんと言っても自分を必要としてくれる職場で働く事が、その人の生きがいとなります。

あきらめてもよい条件を決めていない

失敗する人は、何をあきらめるべきかわかっていません。

転職に成功する人は、求人を探し始める前に、それらの希望を『できれば叶えたい条件』と定義して、転職先を選ぶ際の判断基準の一つにしています。

※できれば叶えたい条件の例

●給料やボーナスが良い

●週休二日制

●通勤は車で30分以内

『できれば叶えたい条件』とは、言い換えると、いざというときには『あきらめてもよい条件』です。

希望する条件すべてが叶う職場が、見つかれば良いですが、そうもいかない場合は何かしら、条件をあきらめる必要が出てきます。

その際は『できれば叶えたい条件』からあきらめるようにし、『必ず叶えたい条件』は絶対に譲らないことがポイントです。

応募企業を一つに絞らない

転職に失敗する人は、応募する企業を1つに絞りがちですが、転職の際、応募する求人は一社に絞るべきではありません。

出典元:https://sigma-jp.co.jp

行きたい会社が明確な人ほど、同時に複数の企業に、興味は持ちにくいものですが、“本命の会社”がはっきりしているほど、応募企業は二社・三社と増やした方が無難です。

理由は、本命の企業の面接を受ける前に、他の会社で面接に慣れるためです。

内定の出る確率が決して高くないことを考慮し、できるだけ複数の企業に応募しておきましょう

転職に成功する為のポイント

働きながら転職活動をしていれば、お金の心配は不要ですので、じっくり時間をかけて、良い求人が出るのを待つこともできます。

働いていると面接に行けないのではないか、と不安になりますが、多くの場合、応募した企業に現代勤めてる事を話せば、面接日時を調整してくれます。

また今の仕事の引継ぎがあるので、入社を待って欲しいと伝えれば、こちらの誠意を汲み取ってくれます。

待ってくれるかどうか不安でしょうが、その方が今の会社での仕事をきちんとしてるのが、先方に伝わるので意外と待ってくれますね

なので遠慮なく、いつ頃でないと入社出来ないと申し伝えましょう

失敗する人は、退職する理由が曖昧

退職理由とは、現職に対する不満の中でも、特に我慢できなかったことで、退職する決意に繋がった事柄です。

転職に成功する人は、自分が何を我慢できないのかが、ハッキリしています。

なぜなら退職理由は、次の職場を選ぶ際の、重要な判断基準になるからです。

残業が多いから、経営者と考え方が合わないから、仕事内容に不満があるから、給料が低いから……

転職の理由は、人それぞれですが、重要なのは自分が前職の何が不満だったのか、曖昧にしたまま転職活動を始めないことです。

職場を変えればつい何でも、解決されるような気になってしまいますが、例えば待遇や環境など他の良い点に気を取られ、気付かず前職と同じ不満を持つような職場を、選んでしまうことも実際には、よくあることなのです。

自分にとって理想的な職場へ、確実に転職するためにも、まずは退職理由を明確にして、『最低でもこんな職場は選ばない』という基準を持っておきましょう。

私の場合は、営業職の時は毎月のノルマが達成できず、毎日出勤するのが苦痛でした。

テレアポの仕事は、時給は高かったのですが、アポが取れるまで帰れず、会話を一字一句そばで上司にチェックされて、神経性胃炎なり辞めました。

また私の友人は、時間に追われる厨房の仕事で、トイレに行く事もできず、食事も満足に食べる時間もない職場でした。

出典元:https://www.lab.toho-u.ac.jp

もう一人の知人は冷凍食品会社のチルド室からの、品出し作業のパートをしてましたが、外での作業とチルド室の温度差に体が付いていけない状況で働いてました。

ここで働くメリットは退社時に、職員冷蔵庫に賞味期限が近い商品が山ほどあって、好きなだけ無料で持ち帰れるるので、家計の足しになると頑張ってましたが、3ヶ月で体調が悪くなり退職しました。

友人達は、こういう仕事を続けてると、いつか身体が悲鳴をあげると思い転職を決断しました。

この様にどうしても我慢が出来なければ、体調を壊す前に思い切って、転職するのが賢明ですね

転職する時はメリット・デメリットは必ず考えるべきですね

又その仕事が、自分に合うか合わないか不安なら、1日だけ体験させてもらうのも手です。

私は現職を辞めずに探してたので、週末に「一日体験を無給でいいのでさせて欲しい」とお願いしましたが、快く承諾して頂けました。

1日だけでもその職場の雰囲気や、人間関係が良く分かるので、転職するかどうか判断出来ました。

無給なら問題ないので、案外すんなり受け入れてくれますので、試してみて下さい。

あなたの転職が成功する事を祈っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「転職を成功させるポイントは?最初の3日を乗り切る為に少しの努力をする」

[定年後の就活を成功させるには?これまでの経験を武器に気長に待つ事]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です