新型コロナウイルス感染は日本でも拡大!効果的な手洗いと手指消毒の方法

こんばんはmiuです。

今日から3月ですが、今年になってから、新型コロナウイルスが大流行し現代、新型コロナウイルスによる感染が、世界中に広がっております。

こんな状況では、いつか自分も感染するのではと不安が募りますね

マスクは品切れで、今備蓄してるものを消毒し、使い回すしか方法がありません

一番の予防は手洗いと消毒ですので、今回は効果的な手洗いと手指消毒の方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

新型コロナウイルス感染は日本でも拡大

2019年12月8日に武漢市で、原因不明の肺炎患者が最初に報告され、感染者が市内の華南海鮮市場の、出店者であることなどが、報じられたのが2019年12月31日でした。

流行の起源と考えられている華南海鮮市場が、正式に封鎖されたのは今年の1月1日でした。

1月23日には、人口約1100万人の都市である武漢市から、他の都市に向かう地下鉄やバス、川を渡る客船などの公共交通機関の運行を一時停止し、武漢市は事実上封鎖され24日には1000床の臨時病院の建設が始まりました。

感染は拡大し、すでに武漢市だけでなく、北京や上海、タイや香港、日本、米国、フランスなど中国を含め、15カ国以上で確認されています。

また中国の15名の医療従事者が感染し、対応にあたっていた医師が、死亡した事も衝撃でした!

感染対策を徹底している、医療従事者の感染や死亡は、事態の深刻さを物語っています。

日本でも感染が広まってますが、ダイヤモンドプリンセスの乗客で、16日に陰性で下船した乗客の中の16名が倉敷市の住民であり、私の住んでる近くの町の方だと判明し、ついに来たかと危機感を覚えております。

また3月2日の情報では、西大寺の裸祭りに参加した男性から、陽性反応が出たと聞き、その男性が住んでるのがさらに近い場所で、驚きと恐怖にかられております。

この情報が誤報である事を願っています。

感染症の拡大を防ぐには

新型コロナウイルスは、糖尿病や呼吸器に持病のある人、特に高齢者が重症化する傾向が報告されています。

日本でも、高齢者が集まる福祉施設などで、集団感染が起きないようにする対策が必要です。

高齢者施設ではすでに、家族の面会も禁止にしてる老人ホームもあります。

また納品業者の入室禁止令も出されて、マスク・手袋・着用で外での受け渡しが、実施されている施設もあります。

もし発熱したらどうする?

「まず、感染症にかかったと思われる時は、電話をしてから病院に行って下さい。

出典元:https://chanto.jp.net

受付時に院内で感染が、拡大することを防ぐためです。

また、感染源と思われる外国人と一緒にいた場合は、そのことも正確に伝えて下さい。

そして、症状を感じた人は、人が集まる場所に行くことを控えましょう。

今は健康でも極力、人込みには近づかず、買い物も控える事が賢明ですね

そして消毒液や携帯用の、ウエットティッシュを持ち歩き、こまめに殺菌する事です。

スポンサードリンク

予防する為の正しい手洗い

手洗いは、感染症予防の基本中の基本です。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp

「接触感染」の多くは、人の手を介して起こるからです。

医療機関における感染対策も、手洗い・手指消毒を最も基本的な対策と考え、1つの処置ごとに1回手洗い・手指消毒をする事が、大変重要視されています。

でも正しい手洗いの方法を、知っている人は以外に少ないのです。

1日に11回以上手洗いをする人は、風邪のリスクを50%以下にできることが、複数の研究で示されています。

睡眠時間を除けば、1時間~1時間半に1回、手を洗うくらいの頻度です。

また爪は常に短く切っておきましょう。

爪の間には雑菌が入りやすく、洗いにくいため手洗いの効果が、十分に発揮されない可能性があるからです。

ウイルスを寄せ付けない手洗いの方法は、次の順序が基本です。

1.手を水でぬらして石けんをつける
2.手の平を洗う
3.手の甲を洗う
4.指と指の間を洗う
5.指先、爪の間を洗う
6.指1本づつを片方の手で包みねじりながらに洗う
7.手首を洗う
8.流水ですすぐ
9.ペーパータオルでしっかり拭く

特に、指先や指の間、親指は洗い残しが起きやすいので、意識して洗いましょう。

アルコール消毒液の正しい使い方

手指消毒用のアルコール消毒液が、設置されているのは医療機関のほか、飲食店やショッピングモールなどの商業施設ですが、正しく使用しないと効果が期待できません

出典元:https://diamond.jp

手が濡れたままの状態で、手指消毒用のアルコール製剤を使うと、アルコール濃度が薄まり、殺菌効果が下がるのです。

なので、手洗い後は、できる限りペーパータオルでしっかりと、手の水分を拭き取ってから、手指消毒用のアルコール消毒液を使用して下さい。

アルコール消毒の仕方は、手洗いの仕方と同じです。

爪の間も忘れずに、まんべんなく手に揉み込みましょう。

そして、手を振るなどして、しっかり乾かすことによって、手指消毒用のアルコール製剤の、効果は正しく発揮されます。

アルコール消毒液も品切れ状態ですが、除菌できるウエットティッシュでもいいですが、必ず手指用か確認してから購入して下さいね

新型コロナウイルスの、感染が拡大しても、日本の医療体制であれば十分に対応できますが、今私達に出来る事は、自己防衛を怠らず各個人が感染拡大を食い止めましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です