免疫力をあげる納豆の効果的な食べ方はアツアツご飯に乗せるのはNG

こんばんはmiuです。

昨日は免疫力を上げる食べ物の中でも、納豆が優れている事をお伝えしましたが、今回は納豆の効果的な食べ方や納豆が苦手な方でも、食べやすい納豆をご紹介します。

スポンサードリンク

納豆の健康効果

納豆には、美肌、整腸作用、高血圧予防、免疫力アップなどたくさんの、健康効果があると言われています。

でも食べ方によっては、その大事な栄養成分が、損なわれてしまうこともあります。

せっかくの納豆の栄養成分を、無駄にしないためにも、納豆の正しい食べ方を知っておきましょう。

混ぜて食べるのはなぜ?

混ぜる回数によって栄養価に変化はなく、健康効果は変わりませんが、うまみ成分のグルタミン酸と、甘み成分が増加するため、混ぜるほど旨味は増します。

おいしい納豆の混ぜ方は、大きめの器に納豆を入れて30回くらい混ぜ、ネギなどの薬味を入れてさらに、50回くらい粘りがでるまで混ぜタレは最後に入れましょう。

先に納豆だけ混ぜることで、ねばりをより引き出すことが出来ます。

1日に食べる量は?

納豆は1パック(50g)で100㎉と、意外と高カロリーです。

また、プリン体や、体内で女性ホルモンの、エストロゲンと同様の働きをする、イソフラボンが含まれているため、食べ過ぎると痛風や、ホルモンバランスの乱れにつながりますので、1日2パックまでに抑えましょう。

また、ワーファリンという、血が固まらないようにする薬を飲んでいる方は、薬の作用の妨げになるので、納豆は食べないようにしましょう。

賞味期限が切れても平気?

納豆は発酵食品なので、少々賞味期限が過ぎても、食べられる場合が多いですが、アンモニア臭が発生してくるようになります。

そのため、やはり賞味期限内に、食べることがベストです。

また、納豆の表面に白いブツブツが、出てくることがありますが、これはアミノ酸の結晶なので、食べても問題はありまん。

アツアツご飯で食べない

血液サラサラ効果などで知られる、ナットウキナーゼは、熱に弱い性質があります。

そのため熱いご飯にのせて食べると、成分が壊れる可能性があります。

出典元:https://bbmarche.jp

他にも、栄養素の代謝などに関わる、ビタミンB群も熱に弱いため、アツアツご飯は禁物です。

これらの成分をしっかり摂りたい場合は、少し冷ましたご飯で食べると良いでしょう

卵を加えるなら卵黄だけ

納豆と卵の組み合わせは定番ですが、実は卵の卵白に含まれる、アビジンという成分は納豆に含まれる、ビオチンと結合して、吸収を阻害してしまいます。

そのため、納豆に卵をトッピングするときは、卵黄だけにすると良いでしょう。

朝食ではなく夕食に食べよう

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにする血栓融解効果があり、その効果は食後10~12時間と言われています。

そのため、朝食の定番と思いがちの納豆ですが、夕食にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ひきわり納豆がいいのはなぜ?

納豆は発酵によって、大豆の栄養価を引き出します。

この為、大豆を砕いて作られるひきわり納豆は、砕いていない粒納豆よりも、表面積が大きくなるため、納豆菌による分解が進み、栄養価がより高まります。

出典元:http://www2.enekoshop.jp

例えばビタミンKなら1.6倍、パントテン酸なら1.2倍など、より高い栄養素を摂取したいなら、ひきわり納豆がおすすめです。

食べ過ぎに注意

納豆には尿酸値を上げる原因となる、プリン体が多く含まれているため、痛風のリスクが高くなります。

納豆が健康に良いと言っても、食べ過ぎるとよくないので、1日1パックがいいでしょう

食べやすい納豆はどれ?

納豆の健康効果はわかったけれど、あの臭いやネバネバがどうも嫌という方もいますね

私もそうでした。

最初は小粒納豆を食べてみたんですが、やはり臭いがする。

最近は臭いのしない納豆もありますが、食べた後の口の周りがベタベタして気持ち悪くて、洗わずにいられないので、結局食べる事をやめてしまいました。

でもある日スーパーで「超細かい刻み納豆」という、離乳食にも使える納豆を見つけ食べてみましたが、これがいけるので、すっかりはまってしまいました!

出典元:https://www.amazon.co.jp

臭いも無く混ぜると粘りは出ますが、あの嫌なネバネバが口の周りにつかないんです。

糸を引くことも少ないので、とても食べやすくて気にいってます。

でもあまり流通してないみたいで、他のスーパーではみかけないし、店頭に並んでる数も少ないので、すぐに売り切れてますね

なので見つけたら、一度買って食べてみて下さい。

これなら納豆嫌いの方でも毎日食べられますから…

納豆の種類も色々あるので、食べ比べて自分好みの納豆を探してみて下さいね

あなたも免疫力を上げる納豆を、毎日食べて健康を維持しましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「万能薬の納豆の栄養と効果は?新型コロナウイルス予防は免疫力を上げる事」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です