入浴剤・腰痛や肩こりにお勧めはどれ?症状にあった選び方とその効果

こんにちはmiuです。

2019年は、異常気象で大型台風も多く発生し、各地で大きな被害が発生しましたね

11月になっても暑い日が続きましたが、今年はスキー場も雪不足で困ってる様です。

クリスマスの頃には、ようやく冬らしくなりましたが、寒くなると血行不良から、腰痛になる人が多くなります。

そんな時に入浴剤入りのお風呂に入ると、とても温まりリラックス出来ますね

でも店頭には沢山の入浴剤があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますが、今日は腰痛や肩こりに効果的な入浴剤をご紹介します。

スポンサードリンク

入浴剤の効果

最近は仕事でパソコンは欠かせなくなり、長時間の作業で、肩こりや腰痛に悩まされてる方が多いです。

この為、血行不良に陥りますが、栄養や酸素を身体の隅々に、送り届ける血液の巡りが悪いと、疲労物質が溜まりやすくなり、筋肉が硬直、これが身体の“凝り固まり”や“痛み”に繋がるのです。

肩こりや腰痛は血液の循環が、大きく関わってきます。

炭酸ガスの入浴剤は、ブクブク泡に含まれる二酸化炭素が、血管を広げ血流を良くしてくれるので、体全体に栄養や酸素が届き、痛みを和らげることができます。

そして痛みのない、健康的な身体を保つには、うまく血液循環させられるように、日頃から身体を冷やさないことがとても大切です。

症状にあった入浴剤の選び方は、それぞれのパッケージに書いてるので、それを見て選べばいいですね

女性は冷え性なのに、おしゃれのために薄着をされる方もいますが、襟ぐりの大きな服は首が冷えるので、大敵ですし、薄いストッキングにミニスカートも、足腰を極端に冷やしますよね

ですので冬場は風邪を引かない様に、少し位かっこは悪くても、パンツスタイルでハイネックのセーターが、冷えを防ぐのでいいですよ

入浴剤の選び方

入浴剤を使って日常的に、温かい身体を維持するには、長期的に続けられるものを、選ばなくてはなりません。

安いものはあまり効果がなく、高いものは効果が抜群に出るということも多くあります。

なので初回の大幅値引きや、継続すればするほど安くなる、などといった特典をうまく利用しながら、長期的に利用することを考えてみましょう

また臭いなども合わない場合があるので、単品買いして試してから決めるのもいいですね

単品だと毎日色んなお風呂に入れて、楽しいですね

スポンサードリンク

腰痛や肩こりにお勧めの入浴剤

腰痛に悩む方は年齢を問わず、数多くいるのではないでしょうか。

病院に行くほどの痛みではないけれど腰痛が気になる、という時に気軽にできる治療法が、入浴剤を使った入浴です。

バブメディケイテッド

花王の「バブ」シリーズの一つです。(6錠入647円)
血行を促進することで疲労・肩こり・腰痛・冷え症に効果がある入浴剤です。

炭酸ガスが発泡するタイプの、入浴剤の代表的なものの一つです。

出典元:https://www.amazon.co.jp

これは高濃度の炭酸が、含まれているタイプで、通常のバブの10倍の泡が発生し、より多くの炭酸ガスを溶けここませます。

大量の泡が発生する所を、見るだけでも楽しい入浴剤です。

これだけ泡が発砲すると、効き目がありそうですね

きき湯マグネシウム炭酸湯

株式会社バスクリンの「きき湯マグネシウム炭酸湯」です。(360g入・約12回分880円)

パッケージでも、腰痛への効果を大きく表示しています。

きき湯は粒状の入浴剤で、お湯に入れると炭酸ガスが発泡します。

出典元:https://www.amazon.co.jp

炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウムなど入浴剤の、基本的な成分で構成されています。

これら無機塩類と発生する炭酸ガスの効果によって血行を促進し筋肉や関節に効果がある、タイプのきき湯です

色は青緑色でアロマはカボスの香りです。

きき湯シリーズは、テレビのCMでもよく見る入浴剤ですね。

色や香りが淡くキツすぎないことが特徴です。

まとめ

お勧めの入浴剤は、体を暖める効果は高く、湯船に使って直ぐに身体が温まり、お風呂から上がった後も身体の芯までぽかぽかと温かさが持続します。

これから寒くなると本当に、手放せなくなるアイテムです!

入浴剤を用いて腰痛を治せば、精神的にもリラックスできて一石二鳥です。

入浴剤には腰痛改善以外にも、美肌効果やリラックス効果など、素敵な効果が多数あります。

出典元:https://my-best.com

この入浴剤は、お肌もつるすべになり、一度使うとやみつきになりますよ

購入方法は、ドラッグストアでも割引してる場合がありますが、通販の最安値で調べて買うと、かなり安く購入出来ますよ!

これから年末年始に向け、仕事が過密になる時期ですので、入浴剤で疲れを取り体を温めて、繁忙期を元気に乗り切りましょう

これまで入浴剤を使う習慣がなかった方は、この機会に入浴剤に親しんでみてください。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です