入学式の服40代・従来と現在の礼装の違いや注意するべき点とは?

こんにちは、miuです。

やっとパソコンの修理が完了し、又こうしてブログを更新出来て、ほっとしております。

ここ数日暖かい日が続き、春の気配を感じますね

春は、卒業式や入学式で、級友との別れがあったり、新しい場所で又出会いがありますね

子供たちは、新しいスタートで胸を膨らませていることでしょう

入学式と言えば、母親は卒業式と同じスタイルじゃ嫌なので、今度は何を着て行くか迷ってる事でしょう

子供が中学を卒業し、高校入学となれば、大体母親の年齢は40代ですね

30代に比べるとこの頃から、少し体型が崩れ始めますので、フォーマルウェアは何年も前に着たきりなら、ワンピースのファスナーが上がらないとか、お腹の贅肉が邪魔して、スカートがはけないという事態になりかねないので、当日慌てない様に、出来るだけ早目に一度試着する事をお勧めします。

スポンサードリンク

入学式の装い

お子さんの入学式は、もちろん主役は子供たちですが、子供にとって自慢のママでいるためにも、服装には気をつけたいですよね。

TPOをわきまえて、かつ40代の母らしい上品な服装を、選ぶことがポイントとなってきます。

入学式に着用するスーツは、ビジネススーツではありません。

セレモニースーツ、フォーマルスーツと呼ばれるものを選びましょう。

従来の装いと現代の装いの違いとは?

以前は、卒業式の母親の服装というと、ジャケットにスカートを合わせるのが定番でした。

しかし最近では、パンツスーツを選ぶ人も多く、カッコいい着こなしをしているママも多いです。

普段パンツが多く、スカートを履かないという方は、この日の為だけにスカートのスーツを購入するのは、勿体ないので、それ以降も着回しのきくパンツスーツを選んでも良いでしょう。

いつもパンツスタイルのママは、スカートをはくと不自然さが出てぎこちなくなりますし、本人も落ち着かないと思うので、自分らしさが出せるパンツスタイルでいいと思います。

ただし、この時、パンツの丈には気をつけてください。

ヒールの高い靴に合わせたパンツ丈は、体育館の中のスリッパに履き替えた時に、裾を踏んで汚したりする可能性もあります。

卒業式と入学式の礼装の違い

卒業式も入学式も同じでいいと思われがちですが、入学式は、ピンクやベージュ、ライトグレーなどのスーツを着て華やかに春らしい服装をするのが鉄則です。

それに比べ、卒業式は黒やダークグレー、ネイビーなどのダークカラーの、スーツを選ぶのが一般的です。

デザインもシンプルなものを選びましょう。

スポンサードリンク

間違いやすい礼装の注意点

※コサージュ      淡い上品な色目のものを選びましょう(赤や金や原色はNG )

※真珠のネックレス  (黒真珠は、喪服用でNG)

※ストッキング     肌色(黒は葬儀の時に履くものです)

※バッグ        淡い色目のものを選びましょう(黒は喪服用でNG)

※靴          高すぎず、低すぎず5センチ位がいいでしょう

花冷えするこの季節、まだ肌寒い日もありますので、ベージュの薄手のトレンチコートを、持参するのもいいかもしれません。

また、もし雨天の場合は傘も、服との調和の取れた色や柄を選びましょう

これを書きながら、若かりし頃の自分が幼ない娘の手を取り、幼稚園の門をくぐったときの事や、大きく育った高校の卒業式の後で、着物姿の私と娘が、桜の木の下で笑顔で写真を撮った事が、昨日の事の様に思い出され、胸が熱くなりました。

きっと多くのお母さんがたも、卒業式には同じ思いで、大切に育てたお子さんを送り出す事でしょう

親の願いはただ一つ! 両親に心配をかける事だけはしないで欲しいものです。

今日も最後まで、読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です