長友佑都・平愛梨に男児誕生!妻の出産前の移籍への決断と第一子誕生後のコメント!

こんにちは、miuです。

今年の冬は、寒波到来で厳しい寒さが続いてますが、雪国にお住まいの方達は、毎日大変だと思います。

温暖な地域でも来週から、又大寒波が来る様ですので、車の運転には充分気をつけないといけないですね。

そんな寒い中先日、サッカー選手の長友佑都さんと、平愛梨さんに男児誕生のホットニュースが、飛び込んで来ました。

スポンサードリンク

長友佑都・平愛梨に男児誕生

長友佑都さんと、平愛梨さんは2016年6月に、交際中であることを明かし、12月24日に都内で会見を行い、婚約を発表しました。

二人は17年1月29日に結婚し、同年9月に第1子妊娠を報告していました。

そして2月5日、自身のSNSで、妻でタレントの平愛梨さん(33)が、第1子を出産したことを明かしました。

妻の出産前の移籍への決断

長友選手はイタリアの、インテルミラノからトルコ1部リーグ、ガラタサライに期限付き移籍したばかりで、4日にはアウェーのシワススポル戦で、新天地デビューしました。

出産が間近に迫る中での、夫の移籍となったわけですが、出産は女性にとっての一大事であり、それと同時に夫の移籍も又、夫婦にとっての一大事!

これが二つ度同時にやって来たのですから、本当に決断が難しかったと思います。

ここで選択を誤れば、人生が大きく変わる事も多々ありますが、愛梨さんが甘えや不安を見せず気丈に、夫である長友選手の背中を押してあげた事が、移籍への決断に繋がったのではないでしょうか?

もし愛梨さんが、私の娘であれば、この決断に「よくやった!」と褒めてあげたいです。

自分の甘えや不安を押し殺し、夫の希望を受け入れてあげた愛梨さんは立派であり、素晴らしい奥さんを持って長友選手は幸せ者ですね。

婚約記者会見の時に、さだまさしさん「の関白宣言」の歌詞の様な妻になりたいと話してましたが、まさにその通リの奥さんになりましたね。

スポンサードリンク

長友佑都第一子誕生後のコメント

関係者によると日本時間2月5日に生まれたのは、2600グラムの男の子で、長友選手は試合後、トルコからイタリアへ移動しましたが出産には間に合わず、ミラノ市内の病院で立ち会ったのは、平さんの母親と長友選手の姉でした。

子供を抱く写真とともに「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう。

頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、さまざまな感謝の想いが溢れています。

ありがとう!これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち家族を守っていきたいと思います」

と、妻や母への感謝、そして父親としての覚悟をつづっています。

まだ慣れない手つきで我が子を抱き、優しく微笑むその表情からは、長友選手の幸せが伝わって来ますね。

愛梨さんは初めての出産であり、まして海外での出産で、不安だったと思いますが、お母さんや、お義姉さんが、立ち会ってくれてとても心強かった事でしょう

母子共に無事に出産出来て本当に良かったです。 おめでとうございます。

長友選手のこれからの活躍を期待してます。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です