インフルエンザの予防対策とは?手洗い・うがい・消毒・マスク・加湿・換気だった!

こんばんは、miuです。

今インフルエンザの流行が拡大してますが、みなさんは大丈夫ですか?

私は、予防接種を受けてますが、その年に流行するインフルエンザの型により、100%予防は出来ないですね

ただ、感染しても予防接種をしていれば、軽く済むのと、職場で強制的にさせられるので、注射は嫌いですが、毎年受けております。

孫達にも、予防接種を受ける様に言ってたのに、今年は受けてなくて、昨日からインフルエンザに、感染して高熱を出している様です。

心配で、様子を見に行きたいのですが「感染するから、来ない様に」と娘から、ラインが来たので、行きたいのを我慢してます。

感染しない様には、どうすればいいか調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防対策とは

インフルエンザウイルスの感染は、「飛沫感染」と「接触感染」によるものなので、こういった理由のために、手洗いやうがい、消毒、そしてマスクをすることが、インフルエンザ感染の予防に、重要となってきます。

マスクを着用することで、口や鼻から体内へ入っていく、ウイルスの侵入をガードする効果があるのと同時に、マスクを着用するということは、のどが乾燥してしまうことを、防ぐ効果もあるのです。

なぜなら、インフルエンザウイルスは、低温で低湿度の環境を好み、増殖しやすくなります。

つまり、マスクをすることで、のどの乾燥を防ぎ、のどの湿度が上がれば、インフルエンザウイルスが、のどに付着してしまったとしても、増殖を予防する効果が期待できるのです。

又、うがいの効果についても考えてみましょう

まず、うがいをすることで、口腔内に付着している細菌や、ウイルスを体内へ排除することが出来ます。

また、のどを適度に刺激し、粘液の分泌や血行を促進します。

さらに、のどの潤いを保って、こういった線毛運動の衰えを、防ぐという効果があるというふうに考えられています。

「うがいをしていれば大丈夫」というものではありませんが、「少しでもインフルエンザ感染の確率を下げる」という意味では有効といえるうがいは、通常の風邪予防の効果も含めて、習慣化しておくことが大切です。

換気や加湿も予防対策になる

お部屋の汚れた空気の中は、インフルエンザウイルスが、増殖し易いので、寒くても時々外の新鮮な空気と、入れ替えをしましょう

又、お部屋が乾燥すると、喉や鼻の粘膜の免疫が低下してしまい、感染しやすくなるので、加湿器を使い湿度を保つのが有効です。

加湿器がない場合は、お部屋に濡れタオルを数枚かけて置き、乾いたら交換しましょう

マスクの効果とお勧めマスクとは

マスクを着用することで、口や鼻から体内へ入っていくウイルスの侵入を、ガードする効果があるのと同時に、マスクを着用するということは、のどが乾燥してしまうことを防ぐ、効果もあるのです。

なぜなら、インフルエンザウイルスは、低温で低湿度の環境を好み、増殖しやすくなります。

マスクをすることで、のどの乾燥を防ぎ、のどの湿度が上がれば、インフルエンザウイルスが、のどに付着してしまったとしても、増殖を予防する効果が期待できるのです。

※不織布(ふしょくふ)マスク

繊維に科学的な処置を施して接着し、薄いシート状にした使い捨てのマスクです。

ガーゼマスクに比べて網目が小さく、インフルエンザウイルスを含んだ、飛沫の侵入をある程度、防ぐことが可能です。

ガーゼマスクほどではないですが保湿性もあります。

また、サージカルマスクと呼ばれるものは、医療用の不織布マスクです。

インフルエンザ予防に使用する場合、家庭用の不織布マスクと同程度の効果があります。

インフルエンザが流行している時は、出来るだけ人ごみに行くのは控え、外出時には必ずマスクを着用し、外から帰ったらうがい、手洗いを忘れず、手指消毒もしてから食事を頂きましょう

おやすみ前のお部屋の換気と、加湿も忘れずに、インフルエンザにかからない様に、この冬を乗り切りましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です