観葉植物の育て方!ポトスの増やし方と冬の管理は?留守の時の水やりは?

こんにちは、miuです。

みなさんは、観葉植物を育てた事がありますか?

前回の記事で、お部屋に観葉植物を置くと、運気が上がるとお伝えしましたが、今日は初心者でも育てやすい観葉植物を調べてみました。

私も以前は、植物に水をやりすぎ、根腐れしたり、寒さにあててしまい、枯らしてしまう事がよくありましたが、育て方のコツが解ってからは、どんどん成長し、今では株分けしたりして、友人に差し上げて喜ばれています。

植物も愛情掛けて育てれば、ちゃんと答えてくれますので、運気アップに是非育ててみて下さい。

スポンサードリンク

観葉植物ポトス

お店に行くと、色々置いてあって、どれを選んでいいのか迷いますが、初心者はポトスから始めるのが、失敗なく育てられます。

お店で、ポットに入った苗が、200円~300円で売ってますので、それをそのまま飾らず、必ず植木鉢に植えかえてから、お部屋に置いて育てます。

生育がいいので、つるが伸びて来たら、切って簡単に増やせますので、お金を掛けずに楽しめます。

観葉植物の育て方

初心者の失敗の原因は、ついつい枯らしてはいけないと、毎日水を与えてしまい、根腐れして枯らしてしまいます。

※水やり

 土が乾いたら、水を鉢底から出る位たっぷり与えます。

(目で見て判断しにくい場合は、手で土を触ってみて、湿ってたら水やりはしません)

冬場は、休眠してるので、水は控えめにして朝少しぬるめの水を与え、霧吹きの水もぬるめの 水の方がいい様です。

※置き場所 

直射日光は避け、窓際のカーテン越しの、日ざしの差す場所が最適です。

寒さに弱いので、冬場に窓を開けて冷気にあててしまうと、葉が黄色くなり枯れてしまいます。

夜は窓際から離し、暖房の温風のあたらない場所がいいです。

バスルームに置くと、暖かく湿気もあるので、冬でも成育します。

※肥料   

冬場は休眠してるので与えず、春から夏の生育期に、専用の液肥を薄めて与えると、どんどん  大きくなり、葉の色も綺麗になります。

※葉水を与える 

乾燥に弱いので、エアコンや暖房に効いてる部屋では、霧吹きで葉水を与えてやると、生き生きとし、どんどん生育します。

ポトスの増やし方  

つるがだんだん伸びて来たら、1枚目と2枚目の葉の、2枚目の葉の真上の部分を切って コップに水を入れて、水差しして置くと、しばらくしたら根が出て来ますので、これを肥料のない植木鉢に植えて育てます

※水差し用の水は、2日に1回綺麗な水に変えてやります。

※植木鉢に植える時は、肥料負けして枯れてしまうので、最初は肥料のない土に植えて、定着したら肥料を少しずつ与えます。

スポンサードリンク

旅行時の水やりは?

しばらく家を留守にする時は、水やりが出来ないので、枯れてしまうのではと心配になりますが、次の様にして出かけると、留守中でも水やりが出来て、安心して留守に出来ます。

※腰水法 

バケツに水をため、その中に植木鉢をつけて、鉢底から水を吸わせます。

1週間留守にする時は、2㎝位ためておきます。

2週間留守にする時は、4㎝位ためておきます。

普段は、鉢の受け皿に水をためると、根腐れするのでお勧め出来ませんが、留守にする時のみ、この方法を用い、旅行から帰ったら、水を捨ていつも通り、土が乾いたら水を与えます。

※土が乾いた状態で、腰水をすると、数分で全ての水を吸い上げてしまうので、腰水をする前に一度たっぷり水を与えてから行います。

お部屋に観葉植物があると癒されますね、少しずつ増やしてキッチン・バス・洗面所・トイレに置いて植物からパワーを貰って下さい。

きっと運気がアップして、幸運が訪れる事でしょう!

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です