学生の引っ越しを安くする方法とは?繁忙期を避け引っ越し業者を競わせるのがコツ

  こんにちはmiuです。

卒業式も済み、お子さんが進学されるご家庭では、そろそろ引っ越しの準備に忙しいですね

学生の引っ越しは、一般的な単身者と比べると、荷物が少ないのが特徴ですので、荷物の量に合ったプランを、選択しないと損してしまう可能性があります。

また引越しのシーズンと言われる、3月~4月は引越し費用が高くなります。
今日は引っ越し業者の選び方や、費用を安く抑えるポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

格安な単身パックとは?

単身の人向けの引越しには、単身パックと呼ばれる人気の高い、便利なサービスがあります。

これは一人暮らし専用サービスの通称です。
通常の引越しの場合、近距離であっても4~5万円の料金になりますが、引越しの単身パックだと1万円台で引越しをする事ができるのです!

このように価格が非常にリーズナブルなのが、単身パックの魅力なのですが、利用するのはちょっとした、コツが必要だったりします。

専用BOXを使って引越しする単身パックは、ケースごとの料金プランを理解せずに、安易に契約をしてしまうと、引越し料金が、高くなる恐れもあるので注意が必要です。

単身パックの利用に向いているのは、あまり荷物を持っていない、引越し作業が手軽な人と言う事です。

単身パックが安い理由

単身パックや単身サービスといった、専用BOXを利用するプランが、安い理由は引越し業者にとって、あまり手間がかからないからです。

荷物を運ぶための、スタッフの数も少なくて済み、専用BOXなどを積み込む運搬トラックも、小型で間に合うので通常の引越しよりも、コストが格段にかからないのです。

引越し業者を選ぶ際の注意点

引っ越しの時に悩むのが、数多くの引越し業者の中から、どの業者を選べばいいのかいう事です。

主なポイントは4点あります。

  • POINT1

費用がどの部分に対しての、経費なのか確かめておく事が大切です。
利用者が自分でしなくてはいけない、作業の有無、無料とされるサービスの範囲などを調べておきましょう。

  • POINT2

次は万が一の備えについてですが、荷物を破損してしまった場合や、引越しの際の壁や床などについてしまった傷の保障など、どこまで保障してくれるのか、万が一の場合の保障の内容についても、十分に確認しておきましょう!

  • POINT3

引越し業者さんの、サービスについても確認しましょう。
電話対応、訪問見積もり時の営業マンの、態度も要チェックです。
引越し全体のサービスが、きちんと実行されるかどうかを、見極めるための大事な指標になります。

  • POINT4

次は引越しに必要となる、ダンボールの種類や枚数、梱包などに使うテープなどの、提供があるかどうかを確認しておきましょう。

自分で用意する事で、引越し料金が格段に安くなるケースもあります。

[the_ad id=’42

引越し業界の繁忙期を避ける

引越し業界も繁忙期は引越し価格が高騰します。
引越しが集中しがちな、3月・4月と重ならないように、依頼すれば引越し料金も安くなります。

また、土日は引越し件数がどうしても多いので、可能な限り平日引越しが望ましいです。
特に月曜~木曜の引越しなら、引越し料金が安くなる可能性が高いです。

引越し業者同士を競わせる

単身の引越しで重要なポイントとなるのが、引越し業者に値段競争させるという事です。
見積もりは1社ではなく、複数の引越し業者に依頼しましょう。

引越し業者は1件でも多くの、仕事を獲得したいと考えています。
その為、他社からの見積もりを取って、価格交渉する事でより安い価格、より良いサービスを引き出す事ができるかもしれません。

でも、複数の引越し業者に連絡をとって、見積もりを取るのはかなり手間がかかります。

そんな時に便利なのが一括見積もりサービス。
わずか3分程で簡単に入力ができて、各社の見積もり金額がわかるというものです。

更に、引越し料金が最大で55%OFFになる可能性もあります!

通常でも安い単身パックですが、複数の見積もりを取って引越し業者を、競合させる事で更に安く、更に良いサービスで引越しする事が可能になります。
一括見積もりサービスを利用して賢く引越しましょう

一括見積もりも、業者によって「50%オフのサービス」や、「10万円キャッシュバック」があったり「引っ越し祝い金6万円差し上げます」とかがあり、場合によっては引っ越し費用がタダになる事もあります。

「単身パック一括見積もり」で検索してみて下さいね

お勧めは「引っ越しお得ネット」で10万円キャッシュバックが魅力ですね

という事で私の孫も岡山~大阪と、遠方への引っ越しなので、出来るだけ安く抑えたいので、一括見積もりを取るつもりです。

どこを使いいくらで済んだかは、また後日ご報告致しますね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です