渡哲也・現在病気で在宅酸素使用の生活?過去の病気は直腸がんで人工肛門も使用中

こんにちはmiuです。

日本を代表する俳優の、渡哲也さん(76)が現在は病気で、自宅で酸素吸入器をつけての生活で、外出もままならない状態です。

渡さんは毎年秋に、宝酒造『松竹梅』のCM撮影をしており、そのCMは年末年始に流れる冬の風物詩です。

渡さんは昨年9月のCM撮影から、表舞台に出ていないですし、健康状態がとても心配です。

現在自宅療養中だという事なんで、近況など調べてみました。

スポンサードリンク

渡哲也の過去の病気は?

渡さんは過去に様々な、大病を患っていたそうで、病気の為メディアに一切、出演しなくなってしまいました。

1974年→「胸膜炎」「急性肝機能不全症」と連続して、病気になってしまった過去があります。

このときも、半年以上療養期間を設け、メディアの出演は減っていたようです。

1989年→「腹筋断裂」という病気になり、1991年に直腸がんになり手術しました。

手術を受けてから、ストーマと呼ばれている人工の肛門を付けなければいけなくなりました。

そしてまたしても渡さんは、2015年に急性心筋梗塞で倒れています。

この時も本当に、危ない状況だったそうです!

他にも、喘息、肺気腫の持病も持っていたようです。

これだけ大病を患えば、本当に生きていることさえしんどいですよね

健康のありがたみがわかります。

渡哲也の最近の様子は?

「ドラマ出演は、2013年9月放送の『十津川警部』シリーズ(TBS系)にゲスト出演したのが最後です。

その作品はシリーズの、第50作記念作品で、主演する弟・渡瀬恒彦さん(享年72)たっての頼みで、出演に応じました。

しかし、それ以来、俳優としては休業状態です。

それでも『松竹梅』のCM出演は欠かさず、昨年秋には吉永小百合(73才)と撮影に臨みました。

その時、渡さんは、自身のリハビリについてこう語っていました。

食欲はあります。週に2~3回、理学療法士に来ていただいています。

ストレッチやスクワットをしたり、エアロバイクに乗ったり、あとは自宅周辺を歩いたりしています。

しかし、実際には外出時も酸素吸入器を外せない状態です。

今年も壮絶な闘病の中での、CM撮影だったそうです。

このCMからはとてもそんなに、重症の様には見受けられませんが、かなり重症で苦しい中での撮影だったんですね?

渡哲也の現在の病状は?

渡さんは、今はおそらく肺気腫が原因で、動くこともままならないのでしょう。

肺気腫は常に息が苦しい状態なので、本当につらい病気です。

しかも渡さんは過去に、心筋梗塞を患っていますから、さらに酸素濃度が不足するので、日常生活の中でも、息切れしてしまって、仕事どころではありません。

常人であれば、動けない状態です。

でも宝酒造さんからの、CM出演を励みに頑張ってる様子でした。

そして現在でも渡さんは仕事への、意欲を失っていないという事です。

コメントでは「食欲はあります。週に2~3回、理学療法士に来ていただいています。ストレッチやスクワットをしたりエアロバイクに乗ったり、あとは自宅周辺を歩いたりしています」とかたっていますが、実際には外出時も酸素吸入器を外せない状態ですし、昨年も壮絶な闘病の中でのCM撮影だったそうです。

最近は近所を歩くこともままならず、自宅療養が続いている様です。

この写真はかなり激やせしてますので、とても心配ですね

渡哲也さんの現状が明らかになり、吸入器も使用しているとのことで、身体が心配ですが、本人も今後の仕事に向けて、リハビリ治療を頑張っておられるということで、今後、渡哲也さんが回復され、メディアに登場してくれる日がくる事を願っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です