今年もやります沢田研二2019コンサートツアー!若きジュリーの魅力を動画で視聴した

  こんにちはmiuです。

昨年はコンサートのドタキャン騒ぎで、話題になった沢田研二さんですが、なんと今年もまたコンサートツアーを開催し、全国を回る予定です。

今年70歳になるのに、凄い勢いだと驚きますね 容姿はすっかり老人になってますが…

デビュー50周年にちなんで、50曲を歌うそうですが、あの年でこれだけ歌いこなすには、相当体力がないとできないので、ファンとしてはとても心配です。

今日はそんなバイタリティー溢れる、ジュリーのライブでの様子を、喉いてみましたので、あなたも若かりし頃に思いをはせながら、懐かしい曲を動画で視聴してみて下さいね

スポンサードリンク

沢田研二コンサートツアー2019

沢田研二さんは、今年の5月から11月まで、全国ツアーを開催する予定です。

これだけ多くの会場で、あのお歳でライブをしようという、気力が凄すぎますね

私は、スケジュールを見ただけで卒倒しました!

沢田研二2018年のライブの様子

2018年のライブの、様子は行かれた方のブログを抜粋させて頂きました。

コンサート会場は、50代~60代の女性がほとんどで、男性はまばらでした。

最初に大きなスクリーンに、若いころのジュリーがどんどん出てきて、それがものすごくかっこいいんです。

ハンサムで、スタイルがよくてその上、なんとも言えないセクシーさがあり、その当時は世の女性たちを魅了してましたね

これでもかこれでもかと、若きころのジュリーが出た後で、年取ってからのジュリーのコンサートの様子(何年か前)がでて、最後にバン!と今の太ってひげ生やした、爺さんになってしまったジュリーの、大写しの顔が出て場内は笑いの渦でした。

観客の感想は

「ジュリーは太っていて、白髪で目の下がたるんでいて、格好悪いはずなのに、すごく恰好良かった。声は甘く、張りがあって、昔のままだった。すごいよね。」

 

舞台のセットは何もなく、バックバンドがいるだけでした。

ジュリーの衣裳も派手さはなし。最初ジャケットを着ていたのを脱ぎ捨てて、アスコットタイをぶん投げて、白いシャツの袖をまくっただけで、豪華な衣装も何もなく、舞台装置もなく照明のみでした。

1曲終わると、「ありがとう」と三方をむいて感謝して、深くお辞儀しておりました。

そして心のこもった、お辞儀が終われば、すぐ次の歌が始まります。

立ちっぱなしで、踊るしジャンプするし(見ている方はちょっとハラハラしました)走るしステップ踏むし、ペットボトルの水を、口に含んで噴射してはまた歌う

25曲終わったところで、「半分ですよ。50曲歌うの大変なんで、ワンコーラスで終わっちゃったり、極端に短くしたものもありますが、何かご不満な点でもありますか?」

「ありませーん!」と会場から声。

そりゃこのお歳ですから、それは観客も大目に見てあげないと、ライブ中にぶっ倒れてしまいますよね

そして後半も引き続きガンガン歌い、まったく衰えませんでした。

後半にはジュリーが作詞した、東日本に寄り添う歌、原発にNOを言う歌も歌いとても共感しました。

スポンサードリンク

沢田研二ライブ後のトーク

ライブの後は、舞台衣装からジャケットに着替えて登場し、デビューから今までの経緯を、時折笑いも織り交ぜて話されました。とてもいい話でした。

デビューの頃、人気絶頂となったが、解散となって悲しかったこと。

ソロになるのではないかと言われたが、世間的には人気に実力が、追い付いていないと言われていたことや、6人で過ごした時間は楽しく貴重だったこと。

そして、ソロになったものの80年代にはいると、病気になって1カ月入院したことや、レコードからCDの時代となり、売れなくなったことや、地方回りをしながら悩んでいたこと。

ジュリーはきらびやかな、世界が似合うから地方の、どさ回りは似合わないという意見もあったが、それはおかしいと思った。

地方回りをする中で、全国を回ってしっかりと、歌い続けている人はたくさんいたからだ。

映画、舞台といろいろとやった中で、振り返ってみれば一番好きなのは歌であり、生のステージであるということに思い至り、悩まずライブを続けようと思ったこと。

売れるとか、変な期待をせず淡々と新曲を作り続けよう、一生懸命歌おうと思ったこと。

10年かかったけれど、全国どこに行っても、満員の会場で歌えるようになった。

 

なぜ、そうなったのか、わかりません。分析するのも意味はありません。これからの足しにもなりません。ただ、一生懸命やってきたと思えることが何よりの救いです。

歌い手として、こうやって歌えることはこの上もない幸せです」

時々笑いも、はさみながらとてもサラリと話していて、ああ苦労したんだなあと感じました。

そして、最後の50曲目を歌い上げて幕。本当にジュリーは凄いです!  ジュリーありがとう。

今日の観客だって、前のほうは総立ちでした。

周りに惑わされず、淡々とやろう。言い訳を考えず、一生懸命やろう。

そう考えさせられた1日でした。  本当に素晴らしいコンサートでした。お疲れさまでした。

沢田研二2019年ライブの日程

沢田研二LIVE2019

沢田研二さんは、今年の5月~11月まで約半年間、これだけの場所を移動してライブをされます。

私はライブには行きません。ずっと魅力的だった若かりし日の、ジュリーを心に留めていたいから…

そして、どうか体調をくずす事なく、全国ツアーが終わります様にと願うばかりです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です