携帯電話・格安SIMって何?その特徴やサービスが乗り換えるにはデメリットが多い

   おはようございますmiuです。

あなたは携帯はガラケーですか?それともスマホですか?

最近、ガラケーからスマホに変えてみたけど、ほとんど機能が使いこなせてないのに、料金が高くて、やっぱり元のガラケーに戻すという方が増えております。

私もそうですが、それでもガラケーに戻す気にはなりません、それはスマホの方がパソコンの様に使えるからです。

それは、スマホで書いた記事を編集し、パソコンに転送したり、投稿したり、skypeチャット等が出来るからです。

でもやはり通信費が高いので、安いのを探してたら、格安SIMを見つけたので、早速調べてみましたので、参考になさって下さい。

スポンサードリンク

格安SIMってどんな携帯?

格安SIMは毎月の携帯料金を安く、抑えられる注目の高い携帯です。

最近ではインターネットだけでなく、量販店の携帯コーナー、あるいは街中やショッピングモール内に、出店された店舗なども増えてきており、「格安SIM」という言葉を目にしたり、耳にする機会もかなり多くなりました。

ただ一方で「格安」という言葉につられ、安くなることにばかり目を引かれ「なぜ安くなるのか?」という仕組みを理解しないまま契約し、あとから使い勝手が悪くて困る、といったケースも多く出ています。

また「よし、私も格安SIMへの乗り換えを考えてみよう!」と思ったものの、調べてみると種類がたくさんあってどれを選べばよいのか……と悩んで選びきれないこともあるでしょう。

実は私も、どれを選べばいいのかわからず、まだ変えてません

そこで今回は格安SIMの、仕組みや「格安SIMってなに?」「なぜ安いの?」という基本を調べました。

携帯のSIMカードって何?

スマホもガラケーも含め、携帯電話には通信するために必要な、情報を記録したカード「SIMカード」が入っています。

SIMカードは少し前まで、ドコモやau、ソフトバンクというキャリアと、契約して発行してもらうものでした。

でも最近では、キャリアから借りた設備とネットワークにて、回線サービスを提供する事業者を通じて、発行してもらうことも可能になりました。

こうしたキャリアから設備とネットワークを、借りてサービスを提供する回線事業者を「MVNO」と呼びます。

そしてMVNOで回線を契約すると、キャリアで同じ内容で回線を契約した場合に比べ、毎月の料金を安く抑えられるケースが多いことから、通称として“格安SIM”と呼ばれるようになりました。

ふ~んそうなんだ!  よく理解できました。

格安携帯SIMの特徴

格安SIMのいちばんの特徴は、名前のとおり「格安で通信サービスが利用できる」ことです。

なぜ安くサービスが提供できるのか?という点は、大きく2つの理由が挙げられます。

  • 既存設備を借りて運用するので、設備の新設・保守費用を安く抑えられます。
  • キャリアと比べてサービス内容を厳選しており、人件費などを安く抑えられます。

メンテナンス費用と人件費を、安く抑えることで浮いた費用が、契約者が支払う毎月の料金に、反映されていると言う事です。

格安SIMではキャリアの既存設備を借りて、サービスを提供するため、通信が利用できる“エリア(範囲)”はキャリアとほぼ同じと考えて大丈夫です。

一方で、同時にどのくらいのデータを、流すことができるかという通信の速さは、キャリアと格安SIMで異なります。

一般的に、通信速度は格安SIMより、キャリアのほうが速い傾向にあります。

また通信接続の安定性についても、キャリアと格安SIMでは管理が異なるため、格安SIM事業者だけにネットワーク障害が発生して、一時的に使えなくなる可能性もあります。

逆にキャリアで通信障害が発生した場合は、その設備・ネットワークを借りている格安SIMも、通信障害に巻き込まれます。

格安SIMの中には「ドコモと同じネットワークなので安心」「auの高速なネットワークを利用」といったようにアピールするものもありますよね。

でも通信エリア・速度・安定性といった “すべての通信品質”がキャリアと同じではない、ということをまずは理解しておきましょう。

同じではないんですね、これはとても大切な事ですよね

スポンサードリンク

格安SIMのサービス内容は?

サービス内容についても「内容を厳選している」という点で違いがあります。

例えばキャリアで契約した携帯電話は、設定方法や使い方がわからなければ、その方法をお店で手取り足取り教えてもらうことができますよね?

さらに万が一壊れてしまった場合にも、修理中に出している期間は、代わりとなる機種を貸してもらえます。

でも格安SIMのほとんどでは、こういったサービスは提供していません。

使っていてわからないことが出てきても、基本は格安SIM事業者のサイトにある、Q&Aをチェックして自己解決するしか方法がありません。

これではとても困りますよね  特に私の様なシニア世代の初心者には…

どうしても解決できない場合の、問い合わせ手段もEメールのみ、ということが珍しくないのです。

メールでの回答なんて余計わかりづらいですし、専門用語を使われるので、なおさらチンプンカンプンでお手上げですよ

格安SIMの修理は?

そしてスマホの修理を依頼した際にも、修理中に代わりの携帯電話を、貸し出してくれる格安SIM事業者は、ごく一部に限られます。

格安SIMが毎月の料金を、安くできる理由として、こうした「通信品質」「通信以外のサービス」に違いがある、ということをまずは理解しておいて下さいね。

何日掛かるかわからない修理期間中に、変わりの携帯が借りれないのも困りますね

格安携帯SIMのデメリットは?

格安SIMには料金が、安くなるメリットがある一方、これまでキャリアでの契約になれている場合には、デメリットと感じるポイントも多くあります。

下記の中に該当する「これは困る!」というものがあれば、格安SIMにのりかえない方が賢いです。

  • 完全な通話定額プランがない
  • キャリアメールが使えない(~@docomo.ne.jpなど)
  • 一部を除きLINEの年齢認証・ID検索が利用できない

この中で特に気をつけたいのは1番目にあげた「完全な通話定額プランがない」ということです。

最近では格安SIMでも「1回◯分間の音声通話がかけ放題」といった、オプションサービスが登場していますが、キャリアのような定額払いきりで、ほぼ完全に音声通話が無料といった、プランは存在しません

BIGLOBE SIMで使える通話サービス「BIGLOBEでんわ」には、選べる2つの通話オプションがあります

1つ目は「通話パック」「通話パック60」と「通話パック90」があり「通話パック60」は月額600円で60分(30秒9円として1,080円分)「通話パック90」は月額830円で90分(30秒9円として1,620円分)の通話ができます。

めいっぱい使えば、パック無しに比べて半額近くになる計算です。

2つ目は「かけ放題」月額600円の「3分かけ放題」と、月額830円の「10分かけ放題」がある。既定の時間内の国内通話なら何回でもかけることができます。

なお既定の通話時間を、超えた場合は通話料がかかりますが、それも通常の半分以下(9円/30秒)です。

とくに仕事等で、長時間の通話(発信)をする場合は、キャリアで音声通話定額サービスを契約して、使うほうが、結果的に月々の携帯料金を、安く抑えられる可能性大です。

私もストレス発散の為にたまに、遠方の友人と長電話しますが、掛け放題なら料金を気にせず会話ができますが、これでは通信料が心配で出来なくなりますね。

やはり格安SIMはよく考えて、検討された方がいいのではないでしょうか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です