年金が減額されない働き方はどうすればいいの?厚生年金に加入せずパートで働く

  こんにちはmiuです。

今月も15日に年金が支給されましたが、とても少なくて驚いております。

私が、65歳になったとたん、主人の加給年金が3万円も減額され、その上、国保や介護保険まで天引きされてなんと手元に残るお金が、5万円も少なくなり非常事態です!

いったい、どういう仕組みになってるのか、疑問に思い調べてみました。

スポンサードリンク

年金が減額されない働き方は?

生活が苦しいから、収入を増やしたくて働いたら、年金がカットされたり、Wワークしたら税金をごっそり取られたり、本当に納得のいかない事ばかりです。

どうしてこんな事になるのでしょうか?


年金は、1年間にもらえる金額が決まっても、老齢厚生年金の権利を持つ人が、
社会保険に加入しながら会社勤めをすると、年金が全額払われないことがあります。

ですので、厚生年金に加入しなければ年金の減額はありません

(加入していても、年金額と給与・賞与の合計が、一定額に満たなければ減額がゼロになります。)

「在職老齢年金」という制度の対象になったためで、会社からもらう給料等と年金額の、兼ね合いで年金がカットされてしまうものです。


たとえば、65歳未満の場合には、「年金の1か月分」「給料の1か月分」「過去1年間にもらったボーナスの月割り額」の3つを足して28万円を超えると、年金のカットが始まります。

65歳以上の場合には、同様に計算した結果が48万円を超えると、年金のカットが行われます。

年金だけでは十分な収入にならないために、働く方も少なくありませんが、「収入を増やしたくて働いたら年金が削られ、思っていたほど増収にならない」という事態も起こってしまいます。

年金が“全額カット”になることさえありますが、削られた年金が後日支払われることはありません。

失業給付をもらうと年金は“全く”もらえない


60歳を過ぎ、退職後ハローワークで手続きを行って、失業給付をもらう方もいるでしょう。

「失業給付と老齢厚生年金の両方がもらえるので、経済的には大丈夫だろう」と考える方が多いようです。

とんでもない、蓋を開けてみると、年金は“全額カット”になります!

65歳未満の場合、「ハローワークから失業給付を1日でももらった月は、その月分の年金は払わない」という仕組みがあるためです。

理由の一つには、「失業給付は“働きたい人”に払うものだが、年金は“もう働かない人”に払うもの。反対の目的を持つ給付を同時に払うのは不合理」という考えがあるようです。

また払われなかった年金が後日もらえることもありません。

60歳以降も働き続ける場合には、給料がそれまでの75%未満になると、ハローワークから「高年齢雇用継続給付」を受け取ることができます。

しかし、この給付を受け取ると、最大で給料の6%分にあたる、老齢厚生年金がカットされてしまいますし、「在職老齢年金」の調整も同時に行われるので、年金がダブルでカットされることになります。

この事を知らなければ、大変な事態になりますよね

スポンサードリンク

長く働いた妻がいると“加給”が払われない

年金には「配偶者加給」という“オマケ”がつくことがあります。

配偶者加給とは扶養手当のようなもので、老齢厚生年金をもらっている夫に妻がいると、年間で最大396,000円が余分に支払われます。

配偶者加給をもらうには、原則として20年以上厚生年金に、加入していることが条件で、妻が65歳になる迄もらい続けることができる制度です。

私の主人もこの条件にあてはまるので、私が65歳になったとたん、配偶者加給がカットされたんですね 


ただし、夫婦共働きなどで妻も、20年以上勤めた老齢厚生年金をもらえる場合には、原則として夫の年金に付くはずだった「配偶者加給」はカットされてしまいます。

「奥様が“一人前の年金(長く勤めたことによる年金)”をもらえるのだから、ご主人に扶養手当はいらないでしょう」という事です。

妻の年金額に関係なくカットされるため、妻のもらう年金が少なくても、その年金が20年以上勤めた結果もらえるものならば、夫に配偶者加給は払われません。


反対に、妻の厚生年金の加入期間が短く、専業主婦の期間が長い場合などには、妻が65歳になるまで夫の年金に配偶者加給が付くことになります。

これに対して、長期間働いた女性からは、「保険料を払わない専業主婦を優遇し過ぎており不公平だ!」という声が多数聞かれます。

生活が苦しいから年金をもらいながら、無理をして働いてるのに、働き過ぎたらバカを見るってことなんですね?

なんだかここまで読んだらため息が出ました。 

早く、国民が豊な暮らしが出来る、世の中になって欲しいものです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です