速水もこみちオリーブオイル掛け過ぎで苦情殺到?MOCOsキッチンが放送休止!

  こんにちはmiuです。

朝の番組「ZIP!」(日本テレビ系)内の名物料理コーナー「MOCO’sキッチン」(もてなしMOCO)が4月の番組改編で終了します。

「MOCO’sキッチン」といえば俳優・速水もこみち(34)がレギュラー出演で、大量のオリーブオイルを使用した手料理を、ゲストに振る舞うのが定番で、2011年から続いている人気コーナーでした。

もこみちさんが、レギュラーを外され芸能界から、干されてしまうのか心配されてますが、真相はどうなんでしょうか?

スポンサードリンク

「MOCO’sキッチン」が突然休止になった

「MOCO’sキッチン」は、主婦層に人気の番組でしたが、昨年の年末に突然、何の知らせもなく放送が休止され、代わりに『生田家の朝』というミニドラマが放送されました。

私もこの番組を、楽しみに視聴してたので、正直「MOCO’sキッチン」の代わりに、このドラマを見るほどの価値があるのかと思い、チャンネルを変えましたね

番組の突然の変更には本当に驚き、視聴者からのSNSが苦情や怒りで炎上しました。

「生田家の朝」はなぜ始まったのか?

「生田家の朝」は、日テレの開局65周年を記念して、立ち上げられたプロジェクトの一環で、12月10日にスタートしたミニドラマ(月曜~金曜・朝8時前の7分間)です。

企画と主題歌に福山雅治(49)、脚本にバカリズム(43)、メインキャストには、ユースケ・サンタマリア(47)や尾野真千子(37)を起用して、話題とはなっていますが、日本テレビもこんな騒ぎになるとは想像していなかったようです。

朝の情報番組「ZIP!」の中で、このドラマを始めるにあたり、犠牲となったのが速水もこみちの「MOCO’Sキッチン」でした。

速水もこみちさんは、この番組でオリーブオイルを毎回、掛け過ぎだと番組に苦情が、殺到した様なんですが、それが原因とは考えられませんが…

でも予告もなく放送休止されたために、“MOCOが終わったのか!?”とネット上では大騒ぎになり、慌てて、日テレが「MOCO’Sキッチン」が、来年1月7日に再開されることを、発表したにもかかわらず4月改編で正式に終了が決まったようです。

『生田家の朝』は毎分最高視聴率が、10%を超えたこともあり、4月からレギュラー化される可能性が高いので、より視聴率が取れる企画を選択したのでしょう

とは言え、日テレはとんだ誤算で、主婦層を敵に回してしまいました

これに反発して「生田家の朝は見ない」という人が増えて、視聴率は下がるはずです。

NHKの朝ドラの真似で、視聴者をこちらに取り込もうとしてるのがバレバレですね

速水もこみちはどうなるの?

もし「MOCO’sキッチン」が終了し、新番組の出演がなければ、もこみちはレギュラー番組はゼロになってしまいます。

仮に“打ち切り”となれば、周囲が思っている以上に、芸能生活のピンチです。

もこみちは演技が得意とはいえませんが、イケメン料理人枠ではトップなので、今後もドラマなどにちょい役で、出演するかもしれませんが、同年代の台頭もあるので、本格的に俳優に復帰するのは厳しいでしょう

スポンサードリンク

もこみちブランドとは?

関係者はそう言ってますが、もこみちの人気は、もこみちの料理本やキッチン用品の、品揃えを見ればよくわかります。

「MOCO’Sキッチン」のレシピ集だけでも13冊、そのほかの料理本もあわせると、すでに20冊を超えております。

“MOKOMICHI HAYAMI”ブランドのキッチン用品ともなれば、公式オンラインショップには、一流ブランドとのコラボ商品が52アイテムも並んでいます。

いずれも、もこみちが普段から愛用しているものや、機能性の高いものをセレクト!というのが売りです。

フッ素コーティングのフライパンなら、ホームセンターで1000円程度で買えるものだが、もこみちブランドだと8100円もします。

もちろんビタクラフト製で全面3層構造+ニューダイヤモンドコーティング(高密度4層フッ素樹脂コーティング)というもので、全く同じ商品は同社にもないようです。

富士ホーローの深型鍋(22センチ)は、同社にもほぼ同じものがあって、5832円で売っていますが、もこみちブランドになると、“MOKOMICHI HAYAMI”の名を入れ、鍋蓋の取っ手を高級感ある木製に代えて、7560円です。

同様にヘンケルスの三徳包丁(14㎝)も。、オリジナルの3780円(Amazonだと2350円)に“MOKOMICHI HAYAMI”の名を入れ、ハンドルの色を変えると4320円ですから凄いですよね

もこみちの通信教育とは?

もこみちブランドは、さらに通信教育にまで発展していて、出版社のプレジデント社が監修する「速水もこみちのクッキングマイスター講座」が“TVやレシピ本では語られなかった「もこみち流」料理の真髄を初公開!”というもので、こちらは2017年4月から開講されています。

テキスト(3冊)と副教材(1冊)、そしてDVD(3枚)による講座で、お値段4万7000円(ネット申込みなら3万7000円)です。

もこみちが生出演のランチ

「もこみちに会いたい」という奥様には、今年3月に神戸ポートピアホテルで、開催される「トークライブ&ランチ2019」があります。

こちらの参加料金は1万7000円で、これからは料理の腕前を生かして、店を経営したり、全国の中高年の女性人気にあやかって、ディナーショーなどの地方営業を、行う道も悪くないでしょう。

ただ、TV出演が減ると忘れられるのも早いので、これから半年が勝負でしょう

「MOCO’sキッチン」がテレビで、見られなくなるのは非常に残念ですが、新たな道を探し頑張って欲しいですね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です