滝沢秀明の芸能界引退後の初仕事とは?SixTONESを今年デビューさせる事だった!

     おはようございますmiuです。 

滝沢秀明さんが、年内でタレント活動から身を引き、来年からジャニー喜多川社長(87)の後継者として、プロデューサー業をスタートさせる事になりました。

新年早々にもジャニーズの子会社が設立され、滝沢さんが事実上のトップに、就任する計画が進んでいることが、「週刊文春」の取材でわかりました。

社名は今のところ「ジャニーズ・アイランド」になる予定だそうです。

ジャニーズ・アイランドとは、どんな会社なのか見ていきましょう

スポンサードリンク

ジャニーズ・アイランドはどんな子会社?

ジャニー氏は滝沢さんに対し、芸能界を引退しない、プレイングマネージャーの道を提案しましたが、滝沢さんは「生半可な気持ちで人の命を扱えない、ジャニーさんに人生を捧げる」と、ジャニー氏の提案をを断って、裏方に回る決意をしました。

滝沢さんは、ジャニーさんに「恩返しをするだけ」と言ってましたから、デビュー当時の貧困だった自分の生活を

変えてくれた、ジャニーさんへの恩義が強いのでしょうね

それだけ2人は、固い信頼関係で繋がってるのでしょう  素晴らしいですね

ジャニーズ事務所は、約90名のタレントと、約300名のジュニアを擁する“アイドル帝国”です。

新会社では、Jr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家などを育成する養成所を新設し、ジャニー社長直轄の“Jプロジェクト”と呼ばれているチームが動いているという事です。

独特の感性を持つジャニー氏の、ノウハウを可能な限り、滝沢さんをはじめとした新世代に、伝えていくことが新会社の目的です。

滝沢さんには新会社の役員、あるいは養成所の理事長など、重要なポストが用意されるといいます。

スポンサードリンク

最初に売り出すアイドルグループは誰?

ジャニーズ・アイランドが売り出す第1弾の、アイドルグループは『SixTONES』と言われています。

SixTONES(ストーンズ)とは、ジャニーズ事務所のジャニーズJr.6名から、作られた男性アイドル6人組グループで、ジャニーズ事務所のデビュー間近と噂されているグループです。

SixTONES(ストーンズ)はまだデビュー前ですが、YouTubeにMVをアップした翌日に、YouTube再生回数が100万回を突破しました。

また昨年11月5日には、滝沢秀明(タッキー)が初プロデュースした、MV「JAPONICA STYLE」をYouTubeに公開され、翌日には再生回数100万回を突破しました!

SixTONES(ストーンズ)のグループ名の由来は、ストーン=原石、トーン=音域メンバー6人の「音の6原色」という想いが込められています。

グループ名は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が命名しました。
結成当初は「シックストーンズ」と呼ばれていましたが、のちにSixTONESの大文字だけ読む「ストーンズ」の呼び方になりました。

6人の原石って素敵な名前ですから、きっと人気グループになることでしょう

SixTONESは、今年デビューし人気グループに、なっていくと予想されますが、滝沢さんの会社が最初に売り出すアーティストですので、これからの活躍に期待します。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こちらの関連記事もご覧下さい。

「SixTONENS今年こそデビュー出来るか?デビュー出来なかった理由やメンバー紹介」

「滝沢秀明の生い立ちは両親の離婚で貧困だった?ジャニー喜多川との出会いが運命を変えた」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です