しぶんぎ座流星群・見ごろは?見逃すな3日23時・1時間に30個の流れ星観測!

   おはようございますmiuです。

三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が、今夜見頃を迎えます。

しぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。

活動のピークは1月4日(金)の11時頃と予想されているため観測には今日3日(木)夜から明日4日(金)の明け方にかけてがおすすめで、遅い時間ほど多くの流れ星を見ることができそうです。

スポンサードリンク

しぶんぎ座流星群とは?

8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群は聞いた事がありますが、しぶんぎ座流星群はあまり馴染みがないですが、1年の最初を飾る流星群です。

三大流星群のひとつとして数えられますが、流星の出現数は年によってかなりムラがあり、どのくらい流れるか予想するのが難しい流星群でもあります。

このため、熟練した観察者によって1時間あたり100個程度の流星が見られた年もありますが、通常は1時間あたり20個から50個程度の出現です。

これだけの数の流れ星が見れるって珍しいですよね

活動のピークは1月4日(金)の11時頃と予想されているため、観測には今日3日(木)夜から明日4日(金)の明け方にかけてがおすすめで、遅い時間ほど多くの流れ星を見ることができそうです。

日本海側では雲が多い夜空となりそうですが、西日本から東日本の太平洋側では、澄んだ星空が見られる可能性が高くなっています。

お天気もまずまずの様ですね

★活動期間  12月28日(金)~1月12日(土)
★ピーク予想 1月4日(金) 11時頃

この時間は絶対忘れず、外に出て、夜空を見上げてみましょう

スポンサードリンク

しぶんぎ座流星群の観測時間

「しぶんぎ座流星群」は、4日の夜明け前に最も多くの流れ星が見られる見込みで、街明かりがなく空の開けたところでは、1時間に30個程度の流れ星を期待できそうです。

当日は月明かりの影響も無いため、観測にはまずまずの条件といえそうです。

しぶんぎ座流星群の活動は、ふたご座流星群やペルセウス座流星群など、他の流星群に比べて、活動が活発な期間(流れ星を多く観測できる期間)が短いという特徴があります。

多くの流れ星をみたいという方は、極大の時間に近く放射点が高く昇る、4日の未明〜明け方にかけての時間に観測するようにしましょう。

明るい屋内から暗い屋外に出たばかりの時は、夜空を見上げてもあまり星は見えません。

しばらく夜空を見上げていると段々と暗さに、目が慣れて星が見えるようになるため、観測の際は最低でも15分ぐらいは夜空を見上げるようにしましょう。

私も今夜は何十年振りかで、観測する予定ですが、なんだか今からワクワクしますね~

流星に願いを込めて、今年はきっといい年になりますね

みなさんも是非今夜、しぶんぎ座流星群を観測して下さいね

きっと願いが叶いますから…

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です