加湿器選びのポイント!貴女はスチーム式?それともハイブリッド式?

こんにちは、miuです。

だんだん朝晩の冷え込みが、厳しくなってくると、お部屋で暖房をつけますが、あまりに部屋が乾燥すると、お肌が乾燥して、かさかさになったり、菌が繁殖して、風邪を引いたり、しますよね

そんな時の必須アイテムが加湿器です。

でも色々あって、どれを選んだらいいのか、わかりませんね

今日は、私の失敗談も交えて、加湿器の賢い選び方を、書いてみましたので、参考になさって下さい。

スポンサードリンク

スチーム式とハイブリッド式の違い

①スチーム式  ヒーターで水を温めて蒸気を放出する

※メリット   水を沸騰させるので、カビや雑菌が、空気中に放出されず、衛生的です。

       比較的値段も安く、加湿もスピーディーです。

       温かい湯気が出るので、部屋が暖かく感じられます。

※デメリット  消費電力が多め、湯気が広がりにくいので、やけどの可能性があります。

②気化式   水を含ませたフィルターに、風をあてる事で、湿った空気を放出し、加湿します。

※メリット   やけどの心配がなく電気代も少ないfです。

※デメリット  加湿器の水を、沸騰させないので、手入れを怠ると、カビ菌をまき散らす事になります。

       加湿のスピードは、スチームに比べて緩やかですが、動作音が比較的大きめです。

③ハイブリッド式  気化式にヒーターをプラスした物

       (気化式のメリットを生かしつつ、ヒーターによる加熱で、加湿のスピードをアップする)

※メリット    湿度が十分に高くなると、ヒーターの電源を切り、低消費電力で、湿度を維持する為

        加湿スピードと消費電力の、バランスに優れています。

        スチームが出ないので、やけどの心配はありません。

        (小さなお子様のいるご家庭用です)

※デメリット  本体が大きく、価格も高価で、お手入れの必要性は、気化式と同じです。

        温かい湯気が出なく、霧が放出されるので、部屋は暖かく感じられない

加湿器選びのチェックポイント

①部屋の広さで選ぶ(広い部屋では、適正な加湿効果を得るには、加湿能力の高い製品を選ぶ

②水タンクの容量(夜通し使用するなら、8時間以上連続使用出来る物を選ぶ)

③デザインや用途で選ぶ(掃除のしやすい物、雑菌やカビを抑える機能のある物)

スポンサードリンク

私の加湿器失敗談

最初に買ったのが、スチーム式加湿器でした。

スチームが出るので、暖房しなくても部屋が暖かく、気に入って毎日使用してたのですが、スチームが箪笥に当たり、木目の色が抜けてしまいました。

そこで今度は、置き場所を変えようと、箪笥の上に置いて使用してたのですが、今度は、天井に近すぎて、天井にカビが発生し、壁紙が熱ではがれてしまいました。

スチームの温度が高いので、くれぐれも置く場所に、ご注意ください。

スチームで失敗したので、2台目は少し高いけど、ハイブリッド式にしようと思い、オークションで、新品を落札して、届いたので、こたつの上に置き、早速使ってみたのですが、、夜中に目をさましたら、こたつの上が、水びたしになってて慌てました。

翌日購入した、ショップに電話して、同じ型の商品を送って貰ったのですが、なんと今度は、スイッチが、入らないトラブルです。

再度電話したら、海外の物で、大量に仕入れしたのが倉庫にあり、検品せずに出荷したと、謝罪されて、結局返品して、返金してもらう結果になりました。

これに懲りて、あれ以来オークションで、落札するのは、辞めました。

その後、家電店で、ハイブリッド式加湿器を購入したのですが、吹き出し口から出て来る風が、冷たいので、部屋が暖かくならず、物足りない感じがして、昼間しか使用していません。

という事で、我が家は、今年は、最初に購入したスチーム式加湿器が、フル回転しております。

皆さんも、購入される前に、用途に応じて、選ばれてはいかがでしょうか?

今年もまだ、まだ寒さが厳しくなりそうです。

疲れがたまると、風邪を引き易いので、くれぐれもお気をつけ下さい。

今日も最後まで、読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です